Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月14日

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

「締めの挨拶」と聞くと苦手意識を持たれる方も多いのではないでしょうか。今回は、さまざなシーンでの締めの挨拶の流れについて例文を交えて紹介していきます。是非、参考にして事前準備をしっかり行い、美しい締めくくり演出しましょう。

宴会での締めの挨拶について

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

皆さんは、締めの挨拶と聞いてどんな場面を想像されるでしょう。場を終わらせるための最後の挨拶はプレッシャーも多く、苦手な方が多いのではないでしょうか。今回は、さまざまな場面での締めの挨拶について紹介していきます。

締めの挨拶は、一般的に上役や幹事が行う事がほとんどで、突然お願いされる事も多々あるため、事前にしっかり準備しておくといいでしょう。

新年会での締めの挨拶

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

新年会とは、新しい年が始まり、職場や仲間内などで新たな一年の始まりを祝う集まりです。ここでは、新年会での締めの挨拶の流れと例文について紹介していきます。

まず新年会での締めの挨拶の流れは、幹事の締めの予告と連絡事項が終わった後に始めます。最初に盛り上がっている場を区切る事へのお詫びや会の終了を宣言し、次に自己紹介をします。そして、今回の新年会の感想や新年度へ向けての意気込みを述べます。その後、手締めなどで締めます。最後に、お礼を述べて終わりにしましょう。

新年会という事で、会の感想や新年度への意気込みの部分は、新しい年の干支を使って気持ちを表現するなど、少し工夫する事で、より印象に残る挨拶になるのではないでしょうか。

例文

上記で挙げた①会の終了を宣言、⓶自己紹介、③感想や意気込み、④手締め、⑤感謝の言葉、という新年会の締めの挨拶の流れを例文にして、紹介していきます。

①宴もたけなわではございますが、一旦締めさせていただきます。
⓶私、○○部の○○課の○○と申します。
③本日は、皆様と有意義な時間が持てた事、心よりお礼を申し上げます。2018年の干支である犬のことわざで、「犬は三日飼えば恩を忘れぬ」といいますが、日頃から皆様への感謝を忘れずに、新たな1年を過ごして参りましょう。
④それでは、皆様のご健康を祈念いたしまして一本締めさせていただきます。ご唱和ください。
⑤(手締めの後)本日はありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

忘年会での締めの挨拶

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

忘年会とは、職場や仲間内などでその年の苦労を労い、忘れるため行う年末の集まりです。ここでは、忘年会での締めの挨拶の流れと例文を紹介していきます。

忘年会の締めの挨拶の流れは、その他の宴会と同様、会の終了を宣言して自己紹介をします。そして、今回の忘年会の感想と今年の振り返り、新年への意気込みを述べた後、手締めなどで締めます。最後に、お礼を述べて終わりにしましょう。

今年の思い出を共有し、苦労を分かち合った後、新年に向けて明るい一言を交えながら締める事で、気持ちよく忘年会と共に、1年を終える事ができるのではないでしょうか。

例文

上記で挙げた①会の終了を宣言、②自己紹介、③感想や意気込み、④手締め、⑤感謝の言葉、という忘年会の締めの挨拶の流れを例文にして、紹介していきます。

①会場の時間が迫っているようなので、一旦締めさせていただきます。
②ご指名に預かりました○○と申します。
③今年1年を振り返り、充実した年になったと感じています。また新たな1年に向けて、ますます努力して参りましょう。
④皆様のご健康と発展を記念致しまして、お手を拝借いたします。
⑤(手締めの後)本日はありがとうございました。皆様よいお年をお迎えください。

懇親会での締めの挨拶

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

懇親会とは、参加者同士で親睦を深めたり、情報交換をしたりする集まりです。ここでは、親睦会においての締めの挨拶の流れと例文を紹介していきます。

懇親会の締めの挨拶の流れは、その他の宴会と同様、会の終了を宣言して自己紹介をします。そして、今回の懇親会の感想と今後の発展を祈念した後、手締めなどで締めます。最後に、お礼を述べて終わりにしましょう。

懇親会は、参加したメンバーが今後も関係を深めたい、発展させていきたい目的から集まっています。今回の懇親会を期に、今後の発展を願う旨を加えて締めると上手くまとまるでしょう。

例文

上記で挙げた①会の終了を宣言、②自己紹介、③感想や今後の発展の祈念、④手締め、⑤感謝の言葉、という懇親会の締めの挨拶の流れを例文にして、紹介していきます。

①盛り上がっているところ、大変恐縮ですが一旦締めさせていただきます。
②ご指名に預かりました○○と申します。
③皆様、今回の席で親交を深める事ができたのではないでしょうか。今後もさまざまな行事がありますので、力を合わせて頑張っていきましょう。
④それでは皆様の前途を祝して、万歳三唱をいたします。
⑤(万歳の後)本日はありがとうございました。お疲れさまでした。

歓迎会での締めの挨拶

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

歓迎会とは、来賓は新しいメンバーを迎え入れるための集まりの会です。ここでは、歓迎会の締めの挨拶の流れと例文を紹介していきます。

歓迎会での締めの挨拶の流れは、その他の宴会と同様、会の終了を宣言して自己紹介をします。そして、新たなメンバーへ向けての歓迎の言葉と今後の発展などを述べた後、手締めを行い、お礼を述べて終わりにしましょう。

歓迎会は、新たな場所に加入する方の不安や期待を考え、温かく迎え入れる気持ちを込めて、締めの挨拶を考えましょう。

例文

上記で挙げた①会の終了を宣言、②自己紹介、③新メンバーへの歓迎の言葉、④手締め、⑤感謝の言葉という歓迎会の締めの挨拶の流れを例文にして、紹介していきます。

①宴もたけなわではございますが、一旦締めの挨拶をさせていただきます。
②私、○○部の○○と申します。
③この度、新たに○○から来られた○○さん。今後も一緒に頑張っていきましょう。
④それでは皆様の健康とご活躍を記念して、一本締めをさせていただきます。
⑤(手締めの後)本日はありがとうございました。○○さんよろしくお願いいたします。

送別会での締めの挨拶

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

送別会とは、組織を離れる人への感謝と別れを述べる会です。ここでは、送別会での締めの挨拶の流れと例文を紹介していきます。

送別会での締めの挨拶の流れは、その他の宴会と同様、会の終了を宣言して自己紹介をします。そして、組織を離れるメンバーへ感謝と活躍の祈念を述べて、手締めを行います。最後に、お礼を述べましょう。

送別会は、組織を離れてしまう方にとっては、最後のお別れの場所になります。その方の活躍やエピソードを交えながら別れを惜しみ、新たな場所での活躍を願う事で、気持ちよく送り出してあげましょう。

例文

上記で挙げた①会の終了を宣言、②自己紹介、③組織を離れるメンバーへの感謝と別れの言葉、④手締め、⑤感謝の言葉、という送別会の締めの挨拶の流れを例文にして、紹介していきます。

①大変名残惜しいですが、ここで締めさせていただきます。
⓶ご指名に預かりました○○です。
③今回○○さんのような行動力のある人材がいなくなってしまうのは、とても残念ですが、新たな場所での活躍を願っています。今までありがとうございました。
④それでは、○○さんのご活躍を願って、お手を拝借いたします。
⑤(手締めの後)本日は、○○さんの送別会にお集まりいただき、ありがとうございました。

メールでの締めの挨拶について

これまで、宴会での口頭の締めの挨拶を紹介してきましたが、メールを送る際にも、最後を結ぶ文章として締めの挨拶が重要になってきます。ビジネスシーンにおいても、大切なマナーなので注意しましょう。

メールでの締めの挨拶は、「基本的な文」「連絡を待つ文」「検討してもらいたい文」「お詫びの文」などメールの本文の内容によって変わってきます。本文に見合った締めの文章で締めくくりましょう。

また、お願いしたい事がある際の本文に対して、よく使われがちな「よろしくお願いいたします」は、二重のお願いの挨拶になってしまうため、注意しましょう。

例文

ここでは、メールの本文に合わせた締めの挨拶の例文を紹介していきます。

「基本的な文」
①今後ともとうぞよろしくお願いいたします。
②今後ともお引き立て下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

「連絡を待つ文」
①早急にご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。
②(本文でお願いした後)ご連絡をお待ちしております。

「検討してもらいたい文」
①ご検討下さいますよう、よろしくお願いいたします。
②(本文でお願いした後)それではメールにて失礼いたします。

「お詫びの文」
①ご期待に沿えず、大変申し訳ございませんでした。
②深くお詫び申し上げます。

英語での締めの挨拶について

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

英語も日本と同様、ビジネスシーンの場合は、特に締めの挨拶は、マナーとして重要になってきます。ここでは、英語を使う際の締めの挨拶について紹介していきます。

英語の締めの挨拶も内容によってさまざまあり、「基本的な締めの挨拶」「公式な場での基本文」「返事を待つ場合」「○○さんによろしく伝えてください」「ご自愛ください」「感謝の意味」などシーン別に使われる言葉があります。

例文

ここでは、上記で挙げた内容別に例文を挙げて締めの挨拶の紹介していきます。

「基本的な締めの挨拶」
Warm regards / Warmest regards
一般的に親しい知り合いや、友人に送る締めの挨拶として使われています。

「公式な場での基本文」
Yours sincerely / Sincerely yours
基本的な締めの挨拶に対して、公式な場で使う際に使います。

「返事を待つ場合」
I am looking forward to hearing from you
返事を待つ場合に、多用されています。

「○○さんによろしく伝えてください」
Please give my best regards to ○○
共通の知り合いや、友人がいる場合に使われています。

「ご自愛ください」
Please take care of yourself
相手への体調を配慮する言葉としての締めの挨拶になります。健康状問題ない方にでも使える事から、日本語でのご自愛くださいの意味になります。

手紙での締めの挨拶について

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

手紙を送る際にも、締めの挨拶を最後に添える事が一般的なマナーとされています。ここでは、手紙での締めの挨拶について紹介していきます。

手紙では、相手に伝えたい意味によって締めの文があります。「相手の体調を配慮する文」「相手の活躍を祈る文」「返事を求める文」など、相手に伝えたい内容によって言葉を選びましょう。

例文

ここでは、上記に挙げた伝えたい内容別に例文を紹介していきます。

「相手の体調を配慮する文」
①季節柄、十分にご自愛ください。
②お風邪など召されませんよう、くれぐれも養生されてください。

「相手の活躍を祈る文」
①ますますのご活躍、ご発展をお祈り申し上げております。
②ますますのご活躍を祈念いたしております。

「返事を求める文」
①お手数ですが、ご返事いただけると幸いです。
②恐れ入りますが、ご返事くださいますようよろしくお願いいたします。

結婚式の二次会での締めの挨拶について

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

ここでは、結婚式の二次会の締めの挨拶について紹介していきます。結婚式の二次会は、幹事を決めて執り行う場合が多いため、締めの挨拶も、幹事や司会が仕切る場合が多いでしょう。

結婚式の二次会の締めの挨拶の流れは、新郎新婦が最後の挨拶をした後で、会の終了を宣言して自己紹介をします。そして、結婚式の二次会の感想と、結婚する二人へお祝いの言葉を述べて、手締めなどで締めます。

結婚する二人のためのお祝いの場なので、二人の幸せな未来を願ったお祝いの言葉を添える事で、華々しい結婚式の二次会の締めになるのではないでしょうか。

例文

上記で挙げた①会の終了を宣言、②自己紹介、③結婚する二人へのお祝いの言葉、④手締め、という結婚式二次会の締めの挨拶の流れを例文にして、紹介していきます。

①本日は、お忙しい中お集まりいただきありがとうございました。ここでお開きにさせていただきます。
②幹事を代表いたしまして、○○がご挨拶させていただきます。
③結婚する二人にとって特別な日になった事でしょう。二人で幸せな家庭を築いてください。
④二人の幸せな門出を祝して万歳三唱いたします。

飲み会の締めの挨拶と手締めについて

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

ここでは、飲み会の締めの挨拶と手締めの種類について紹介していきます。

飲み会の締めの挨拶は、上記で紹介した宴会での締めの挨拶と同様、会の終了を宣言、自己紹介、会の感想、手締めをしてから最後にお礼を述べて締めるのが一般的です。

また手締めについてですが、手締めには一本締めや三本締めなどがあります。一本締めは、一般的な飲み会や宴会の場で、「ぱん」と1回手を叩く事でその場を締めます。三本締めは、特別なお祝いの時などに、「ぱんぱんぱん」と3回手を叩く事でその場を締めます。一本締めは三本締めを簡略化したものです。

美しい締めくくりを演出しよう

締めの挨拶の例文|宴会/メール/手紙/結婚式の二次会/飲み会

いかがだったでしょうか。今回は、さまざまなシーンにおいての、締めの挨拶について紹介してきました。突然お願いされると、戸惑ってしまう締めの挨拶もポイントを抑えて、事前に構成を考えておく事で、上手に仕切る事ができるでしょう。

たかが締めの挨拶と思われる方もいますが、美しく場を締めくくる事ができるというのは、ビジネスシーンにおいても今後の信頼につながってくるといえるでしょう。しっかりと事前準備をして、美しい締めくくりを演出しましょう。

Latests