Search

検索したいワードを入力してください

送迎会での挨拶の仕方・送別会との違い・マナー|乾杯/服装

更新日:2020年08月20日

社会人になれば必ず経験するものが送迎会です。乾杯の仕方や幹事の進め方、送迎会と送別会の違いなど、送迎会に関して気になることをまとめてみました。これさえ読めば社会人としての最低限のマナーを学ぶことができること間違いありません。

これで失敗しない!送迎会でのマナー

社会人になって数年経ち、そろそろ送迎会の幹事を任されるという方もおられることでしょう。送迎会といっても、会社全体のものであったり部署ごとのものであったりと色んな場合があるのではないでしょうか。

今回はどのような状況であっても失敗しない送迎会でのマナーや挨拶の仕方をご紹介していきます。

いざ本番でも緊張しない!送迎会での挨拶の仕方

余程上の立場の方で、挨拶をするのに慣れているという方は別ですが、大体の人は送迎会の挨拶を任されたら緊張してしまいます。とはいっても、その場で突然「挨拶をしてください」などと言われることはほとんどありません。ある程度前もって挨拶の依頼があるのが普通です。

ざっくばらんな飲み会であれば、幹事が挨拶をするということもありますが、基本的には乾杯と締めの挨拶を行う人は決まっています。ですので、前もって準備ができていればいざ本番となっても緊張することなく挨拶を行うことができます。

乾杯

乾杯は会の始まりを告げる大事な挨拶です。何事も初めが肝心ということで、事前の準備をしっかりと行いミスのないように努めましょう。

乾杯の挨拶までの流れ

乾杯の挨拶は、一般的にはその場で2番目にポジションの高い人にしてもらいますので、幹事は前もって挨拶の依頼をしておきましょう。まず、乾杯の場面では、その場の参加者全員にグラスが行き届くよう配慮してください。ホテルなど大きなところであれば係りの人が配ってくれるのを待ち、部署ごとの飲み会であれば近くの人同士で注ぎます。

飲み物が行き届いたらいよいよ乾杯の挨拶ですが、職場によっては座ったまま行うというところもあるので事前に確認しておくといいでしょう。基本的には全員が席を立ち、グラスを胸の辺りに持って挨拶を待ちます。

乾杯の挨拶

乾杯の挨拶の内容は、その会の目的や規模などによって変わってきます。その時々に合わせた挨拶ができるように、事前に内容を考えておきましょう。下に例文を載せておきますので参考にしてください。

挨拶はなるべく短くまとめるようにします。あまり挨拶が長すぎると乾杯まで全員が起立したままになってしまい、会のしまりが悪くなってしまいます。新入社員や途中入職の方には歓迎の意を込め、送迎の方にはこれまでの感謝を込めて、乾杯の際は大きくはっきりとした発声で「乾杯!」と言うようにしましょう。

締め

締めの挨拶は会を気持ちよく終わらせるために必要な要素となります。こちらもあまり長くなりすぎない程度に、かつ会に出席していただいた方々への感謝の意を伝えるようにしましょう。

次のページ:送迎会と送別会の違いって?

初回公開日:2018年05月09日

記載されている内容は2018年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests