Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月04日

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

茶話会を行いたいけど、実際どのようにすれば良いかわからない。小さなお子様を初めて保育園や幼稚園に連れて行った際、考えるようにもなってくるのが茶話会などの「保護者会」です。気軽な会合とはいえ、これからの関係を深める大切な場にもなりますので、確認していきましょう。

茶話会におすすめのお菓子

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

お子さんを持つご家庭では、親御さんのコミュニケーションを深めるための「茶話会」というものが開かれたりするものです。「茶話会」とは一体どういうものなのでしょうか。「謝恩会」という先生にお礼と感謝を伝えるための会とは少し違い、親御さん同士の親睦を深めたり、子供の成長を確認したりする場所が「茶話会」にもなってきます。

読んで字のごとく、茶話会ではお茶やお菓子を囲んでお話をしたり、企画を何かするような場所であったりします。企画をするのも親御さんの間で行われます。PTAと似たような形で企画する人を決めたりもすることでしょう。考えることは面倒でも、大事な親睦会にもなり、お子さんの成長を確認できる場でもあります。

お値段

茶話会において、みなさんに提供するためのお菓子は必要になってくるものです。「飲み物だけでいいではないか」と思う方も少なくないことでしょうが、ゆっくりお話をする場として菓子の1つや2つは用意しておきたいところです。では、どのようなお菓子を選ぶのでしょうか。あまりにも高価なものはゆったりと食べるには気が引けてしまいます。

お子さんと一緒に食べれるものを考えて、リーズナブルなお菓子を選んで提供できるようにしましょう。平均的に1人200円~300円程度のお菓子が学校で会費として徴収される場所が多いです。

選び方

ほかにも、ゆったりとお話をしながらお菓子をつまんでお茶を飲める場としては、お菓子はいくつかの種類を用意することが良いでしょう。人によって好みも分かれますので、1つのお菓子だけで準備をしないように気を付けることも大切です。

相手に押し付けるようなことのないように、心がけることも大人としてのマナーになってきます。あまりにもばらばらにお菓子をチョイスしてしまうと、家でただお菓子を用意しただけなのと変わらなくもなってきます。メインのお菓子を1種類決めて、そのお菓子とは少し系統を変えて準備することもポイントです。

配り方

ただテーブルの真ん中にお菓子を置いていても、あまり親しくない人たちの前で手を伸ばしてまでお菓子をとるのは図々しく感じられてしまうのでは、と躊躇する方は少なくありません。茶話会はそもそも親睦を深めるための会でもありますので、初めから親しいという場ではないはずです。

人数があらかじめ把握できるのであれば、リーズナブルなもので可愛い袋にお菓子を詰めて小分けにして1人ずつ配るというやり方が望ましいです。その際、予定の人数より少し多めに用意することも、急にこれる人に合わせやすくもなりますので、事前に慌てることなく準備をすることができます。

茶話会におすすめの余興

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

茶話会で「では会話をしましょう」という言葉だけでは会話は進むことはないでしょう。あまり親しくない仲でしたらなおさらです。子供同士は仲が良くても親御さん同士では初対面ということが茶話会では珍しくありません。

そういう時に、企画者は会話の内容を決めていた李企画を何か決めておく必要も出てきます。茶話会では話だけでなくお子さんと一緒に踊りを踊って親子ともに協力して、互いの親子同士で親睦を深めるなんてものもあります。

親だけ参加のケース

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

茶話会では一般的に、PTA集会と似たような感じで、親御さんだけで行われるものもあります。子供の前では聞きにくい大人の話を先生方とお話をすることができる機会にもなり、ゆっくりと大人同士で話し合いをすることができる場としても茶話会は開かれたりもします。そんな大人だけの茶話会でも、やはり親睦を深めるための「イベント」は用意しましょう。

企画するのが先生であれば先生方のほうで企画をしてくれることもあることでしょうが、基本茶話会は親同士が親睦を深めたいということで行われますので、幹事と同じように企画者が必要になってきます。固いお話は茶話会ではほどほどにして、クイズやゲームをしたりして楽しむ場にすることができます。

子供も一緒に参加するケース

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

親だけを主体とした茶話会ではなく、お子さんも一緒に参加するケースも茶話会にはあります。その場合はお子さんも一緒に楽しんで盛り上げる場です。企画者はお子さんと親御さんで一緒に楽しめる企画を練っても良いでしょう。

どのような余興をすることができるのかといいますと、定番の歌や学校で耳にする機会のある歌を選んで親子ともに楽しめる場にすることもありです。ほかにも人気の踊りを各自である程度準備をして踊るなど、イベントでもにこやかな場になれることでしょう。

茶話会の挨拶の例文

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

企画者であれば茶話会をしっかりとまとめて良い場にするためにも挨拶はしっかりと行うことは大切になってきます。では、実際にどのように挨拶をすれば良いのでしょうか。例文に挙げていきます。

茶話会を始めるときの挨拶として「本日は寒い中(暑い中など)お集まりいただきありがとうございます。○組○○の母、○○です。本日は進行をとらせていただくことになりました。よろしくお願いします。」と言葉を始めることが基本にはなってきます。

そのあとに茶話会の進行を簡単にわかりやすく説明して「これにて、挨拶とさせていただきます」と伝えることが望ましい挨拶になってきます。

年代別茶話会におすすめの余興

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

茶話会の余興を考える際、「茶話会の余興といえばこれ」というように一概に言えることはできません。どのような名目で集まっているのか、目的をよく考えてイベントを考えることは大切になってきます。

茶話会においての余興を考える際は茶話会を開く目的である集まり、学校などのお子さんの年代に合わせて余興を考えることがポイントです。大人だけの集まりにしても、その年代に合わせたイベントを考えることがお子さんの事も知ることができるのでおすすめです。

幼稚園

茶話会を行う年代が幼稚園での会になるのであれば、お歌や踊りなどでお子さんと一緒に楽しむという余興も行うことができます。幼稚園生ほどであれば体を動かして遊ぶことも覚えますので、体を動かすような余興を考えても良いことでしょう。

年長さんほどになればビンゴゲームで一緒に楽しむこともできるようになってきますので、ビンゴゲームもおすすめな余興になります。幼稚園生にもなってくると会話をお子さんが覚えるようにもなりますので、伝言ゲームで遊ぶこともできます。

保育園

本当に小さいお子さんから預かってくれる保育園での茶話会では、普段やっているような体操などを茶話会でも余興として企画してもお子さんの成長を確認することもできますので、おすすめです。お子さんだけで練習をして発表会みたいなサプライズを先生方の企画でしたら、感動すること間違いなしの余興にもなります。

写真や映像のスライドショーを流すなんてイベントも、保育園の年代であれば面白くもあり感動もすることのできるイベントになることでしょう。成長の過程も変化が激しい年代でもありますから、忙しくて普段あまり見ることのない我が子の思い出なんかも見れたりして、良い1日になること間違いなしです。

小学校

小学校くらいになれば、お子さんも個性が豊かになってきて、やんちゃな子やおとなしい子など、さまざまな子がはっきりとしてくる頃でもあります。だからこそ団結力を大切にしてほしいと思う余興があっても面白いことでしょう。

お歌を歌ったりダンスをしたり、みんなと合わせて楽しむことができるイベントがおすすめです。劇を考えて余興に入れるのもおすすめです。演劇をお子さん達で練習の成果を親御さんが見れるというのもまた、感動できるものになります。

茶話会におすすめの服装

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

茶話会などの保護者会において、着ていく服がわからないなんてこと、出てきてしまうことでしょう。普段着で良いといわれても余計に悩んでしまう、保護者の悩みのひとつにもなってきてしまうことでしょう。このことを解決するのに良い例えがあります。それは、「お友達と大型ショッピングモールに行く際の装い」というものです。

「普段着でも行くよ」という方も多いので具体的に言いますと、丁寧かつ清潔感溢れる普段着を少しおしゃれにしたようなシンプルな服装とも言えます。年代に合わせて雰囲気も変わってくることと思われますが、茶話会は気軽な会合とも言えます。あまり堅苦しいような恰好ではなく、親睦を深め合いやすい恰好で参加することが望ましいです。

茶話会の司会進行の仕方

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

あいさつ文も考えていざ茶話会の進行を、と考えると進行の方法自体をあまり考えられず、当日に上がってしまうことにもなりかねません。気軽な会合とはいえ、全体的にまとまりがなくなってしまったら会合にはならなくなってしまいます。

気持ちの良い茶話会とするために、進行もしっかりと考えて前もって準備しておくことが当日に失敗しないためのコツにもなってきます。参加してくれる皆さんにとってもいい思い出となるように心がけていきましょう。

案内状


進行を考えて前もってみなさんにお知らせをしなければいけなくもなりません。でないと集まってももらえなくなってしまいます。集まらなくても困らないからそこまで伝達はしないとなると人間性を疑われます。誰かが疎外感を感じるようなことにはならないようにすることが大切になってきます。

そのために、案内状にも気を使って適切に伝えられるようにしましょう。日時や場所、会費や持ち物などの基本的な情報はもちろんのこと、摘出期限も決めておくとこちら側の処理もしやすいです。不参加でも連絡してもらうようにしてもらうことも把握をするために大切にもなってきます。

小学校などの茶話会であれば小学校などには通っていない小学生未満の子も来ることもあります。小さいお子様の数も書いてもらうなどの欄を設けても、人数把握に良いといえます。

親睦を深められるように

【年代別】茶話会におすすめのお菓子・余興・挨拶の例文

せっかくの楽しい場で嫌な思い出とならないためにも前もって準備をしておくことは、気軽な会合とはいえ大切になってきます。適切な言葉遣いや行動を心がけて、相手に不快にさせないことも大人としては大切となります。せっかくの茶話会を良い思い出として残せるためにも、これからのいい関係として親睦を深めるためにもしっかりと楽しめるようにしましょう。

Latests