Search

検索したいワードを入力してください

報告と連絡の違いは?意味や使い方から例文や類語まで徹底比較

更新日:2022年03月29日

報告と連絡の意味や使い方の違いを、詳しく解説しています。それぞれの例文や、表現方法の違い、類語の必要性なども詳しく説明します。報告や連絡をしなかった場合のリスクも紹介するため、2つの言葉の使い分けが苦手な人は、ぜひ参考にしてください。

報告と連絡の意味と使い方の違いを解説!

仕事で使用するときに、「報告と連絡の違いは何だろう?」といった疑問を持ったことがある人も多いのではないでしょうか。2つの言葉には、どちらも情報を知らせるという共通点があるため、混在して使ってしまうことが多いです。

この記事では、報告と連絡の違いや使い方、例文や表現方法を紹介します。この記事を読んで、情報を上手に伝えられるようになると、仕事がスムーズに進むようになるでしょう。報告や連絡が上手になりたいという人は、参考にしてください。

報告と連絡の意味と使い方の違い

報告や連絡をしても、相手に上手く情報が伝わらないこともあります。相手に正しく情報を伝えるためには、それぞれの意味と使い方の違いを知ることが必要です。ここからは、報告と連絡の意味と、使い方の違いを紹介します。

報告の意味

報告とは、「仕事を指示されたときに、その経過や結果などを知らせる」という意味です。自分の今の状況や仕事の結果を、経過を含めて相手に伝えます。

報告するときには、失敗やミスをしても隠さず、正確に伝えることが大切です。日報や経過情報などと考えると、意味が分かりやすくなるでしょう。

報告の使い方

多くの場合、報告は部下から上司になど、立場が上の人に伝えるときに使います。報告をするときは、結果だけでなく、途中の経過も整理して伝えましょう。

結果は大切ですが、そこにたどり着くまでのプロセスも大切な情報です。終了した出来事である、過去を振り返って伝えるようにしましょう。

しかし、全ての経過を1つずつ説明していくと、報告が長くなりすぎてしまうことがあります。内容が長すぎると、相手に情報が伝わりづらくなるため、注意してください。

連絡の意味

連絡は、「要件や依頼したい内容を伝える」という意味です。多くの場合は、予定や起きた事実などを、そのまま伝えます。伝えるという意味以外に、「2つ以上の物が関連する」という意味で使用されることもあります。

連絡(れんらく)は、多くの場合「通信手段などを用いて関係者に通知する」という意味で用いられる表現。あるいは「別個の交通網が接続されている」という意味でも用いられる。

出典: https://www.weblio.jp/content/%E9%80%A3%E7%B5%A1 |

連絡の使い方

連絡は、過去の出来事ではなく、未来の予定や現在の状況を伝えます。会議の時間を伝えるときや、今現在の状況を伝え合うときなどに、使われることが多いです。

連絡では、要件や依頼したい内容を伝えるため、過去の経過を整理する必要はありません。必要な情報だけを、必要とする人に伝えましょう。

連絡するときは、自分の感情や考えは混ぜずに、事実だけを簡潔に伝えてください。自分の感情が入ると、必要な情報が相手に伝わりづらくなります。

報告と連絡の例文と表現方法・類語の違い

報告と連絡には、数多くの類語があります。同じような場面で使用される言葉でも、意味や使い方が違うため、注意が必要です。表現方法や類語を知っておくと、情報伝達スキルの向上に役立ちます。ここからは、報告と連絡の例文と、表現方法や類語の違いについて紹介します。

次のページ:報告と連絡の必要性

初回公開日:2022年03月29日

記載されている内容は2022年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests