Search

検索したいワードを入力してください

【就活】OB訪問で聞くべき質問は?質問35選|質問は事前に送る?

初回公開日:2017年07月26日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年07月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

OB訪問はホームページ等では知る事の出来ない企業の情報(雰囲気、給与等)を同じ大学の先輩より得られる絶好のチャンスです。但し、OB訪問にも最低限のルールがあります。お互いに有意義な時間を過ごす為にも良い印象を持ってもらう為に以下の事を心がけましょう。

OB訪問の時期

OB訪問の時期のピークは選考の始まる1〜2ヶ月前です。そのピーク時には他の学生もOB訪問を申しこむ為、なかなかアポイントが取れません。そういった事を見越して、聞くべきことを聞くために早めに企業にOB訪問の申し込みを行いましょう。

ライバルに出遅れてはいけません。また、早いに越した事はありません。(早すぎたとしても企業側から何月から対応すると連絡がもらえます。)ピーク時に申し込みをする事によって発生する不都合について解説します。

OB訪問のピークで会いたい人に会えない。

上記で説明した通り、選考の1〜2ヶ月前ですと、他の学生さんからの申し込みでパンクし、パンフレットに載っているこの人に話が聞きたい、できる限り年齢が近い先輩が良いと言った希望が叶わなくなってしまいます。折角のOB訪問のチャンスにも関わらず、自分が話を聞きたい、聞くべきことを聞けないなんで非常に残念です。

また、最悪の場合、OB訪問の日程の調整がつかず、誰にも会う事ができず、前もって準備した聞くべきことが聞けないといった事がおきます。このような状態に陥らない為にも前もって企業にアポイントをとりましょう。

OB訪問にて丁寧に対応してもらえる。聞くべきことが聞きやすい。

OB訪問を早い時期に申し込む事によるメリットがあります。それは、早い時期ですとOBが学生慣れしておらず、新鮮な為に非常に丁寧に対応してくれる事です。ピーク時に複数の学生から訪問の申し出があり、毎回似たり寄ったりの質問をされ、OBにも飽きが来ます。どれだけ体力のある人でも、最後の方には余裕がなくなり、無愛想な態度に変わってしまうでしょう。

そうなってしまうと、聞くべきことも聞けないし、OBの印象にも残らないですからあまりにも損です。聞くべきことを聞いて好印象をもってもらう為に早めに申し込みましょう。(選考開始の3ヶ月前がベターです。その時期ですと、聞くべきことも聞けるでしょう。)

OB訪問の後について

OB訪問が終わった後、メール又は電話でお礼をするのがマナーです。これを忘れてしまうと印象を悪化させる可能性があります。貴重な時間を使ってOB訪問に対応してもらい、聞くべきことを伺ったのですから、必ず行った方が良いでしょう。

例としては以下のとおりです。
  
先日はご多忙の中、お時間を作って頂きまして有難うございました。○○様のおかげで御社について色々な事を知る事ができました。非常に私にとって有意義な時間でした。又、御社で働きたい意思が更に強まりました。ご指導頂いた事を参考にし、面接に臨みます。本当に有難うございました。

このようにお礼のメール又は電話をすれば、印象も良くなり、人事採用者にもこの話が伝わるかもしれません。印象が良くなる事は積極的に行いましょう。

OB訪問で聞くべきことは事前に送るべき?聞くべきことは質問リストにして渡す?

OB訪問の時間は限られています。有意義な時間を過ごす為にも事前に聞くべきことは送っておいた方が良いでしょう。但し、膨大な質問表を送ると、それだけでOBの方が嫌気をさして目を通さない事があるので、これだけは聞きたいこと(聞くべきこと)を整理して送るようにしましょう。また、貴重な時間を使って読んで頂くのですから、挨拶とお礼の言葉は必ず添えた方が印象は良くなります。例として以下のようなものがあります。

○○大学の○○と申します。この度はご多忙の中、OB訪問の時間を作って頂き、誠に有難うございます。○○様に御社について様々な事についてお聞きしたいと思っております。当日、お伺いさせて頂きたいのは○○と○○についてお話を聞かせて頂ければ幸いに思います。
では、当日のOB訪問、楽しみにしております。

拝啓・敬具・時候等述べても宜しいかと思いますが、企業間のやり取りではないので、堅苦しい文章ではなく、感謝と意欲を示せば十分でしょう。

OB訪問の場所は?

OB訪問は基本的には本社・事業所・工場内で行われる事が多いですが、時にOBより場所を確保して欲しいと頼まれることがあります。このような時に困らないよう準備しておきましょう。どの場所においても優先すべきはOBの意向です。

なるべく意向に沿う形で対応した方がベターです。後は会社から近い、家から近い等を考慮に入れてOB訪問する為の店を探すようにしましょう。(OBの意向を汲んだ場所がセッテイングできれば、それだけで好印象です。聞くべきことを聞く為です。努力しましょう。)

居酒屋

OB訪問は基本的にはカフェ等ですべきですが、OBの意向次第(お酒好きの方)では居酒屋(ご飯を食べながら)を指定される事があります。できる限り、好みを伺って店を探しましょう。できる事なら、下見するのがベターです。騒がしい店では話がしにくいので(聞くべきことも聞けない)、話をしやすいようになるべく個室又は半個室が望ましいです。

お酒が得意でない方にとっては心地よく思えない時間かもしれませんが、もしかするとお酒の力でなかなか聞けないとっておきの情報(聞くべきこと以上の話)を得られるかもしれません。その時だけは頑張りましょう。

カフェ、喫茶店

OB訪問の目的は当然、企業の知りたい事、聞くべきことを聞くわけですから、静かで人があまりいない場所が望ましいです。その為に選びたいのが、スターバックス等の賑わったカフェではなく、落ちたついた雰囲気の喫茶店を選ぶのがOB訪問には良いといえます。また、タバコの有無を確認して喫煙者でなければ禁煙のカフェ、喫煙者であれば喫煙可能なカフェを選択しましょう。

静かな雰囲気でゆっくりと話せるので、聞くべくこと、聞きたい話も引き出せるかもしれません。

聞くべきことの質問リスト35選

OB訪問では聞くべきことが多岐に渡ります。なので、限られたOB訪問の時間の中で聞くべきことを事前に準備して、質問するのが良いかと思われます。準備して臨まないと、当日、聞くべきことを聞けぬままOB訪問が終わってしまいます。

OB訪問で聞くべきことの質問リストとして以下に纏めてみました。参考にして、聞くべきことを絞ってみて下さい。きっとOB訪問で聞くべきことが聞けるでしょう。

OB訪問で聞くべきこと質問リスト35

以下がOB訪問にて聞くべきことの質問リストです。

1.この会社に入社しようと思った理由は何でしょうか?
2.志望動機、自己PRはこれで宜しいでしょうか?どう思われますでしょうか?
3.どうしても御社に入社したいのですが、どうすれば宜しいでしょうか?
4.競合他社との差別化出来ている点はどう言った部分でしょうか?
5.社内、部内の雰囲気はどんな感じでしょうか?
6.若い内から責任のある仕事を担当させて頂けるのでしょうか?
7.社内研修はありますでしょうか?
8.離職される方の主な理由は何でしょうか?
9.昇進制度はどのようになっていますか?
10.留学制度はありますか?
11.家賃補助等の福利厚生について教えて頂けますか?
12.転勤は頻繁にありますか?
13.海外勤務はありますでしょうか?
14.残業は平均してどれくらいありますか?
15.部内で飲み会はありますか?
16.辞めようかと思われた事はありますか?
17.仕事での成功例、失敗例等あれば教えて頂けますでしょうか?
18.業務においてのストレスは何でしょうか?
19.ストレス解消の為に何かなさっていますか?
20.入社前にやっておくべき事はありますか?
21.休日出勤はありますか? 
22.一日のスケジュールを教えて頂けますでしょうか? 
23.一番のやりがいは何でしょうか?
24.一番不満に思っている業務は何でしょうか?
25.会社での行事事はありますか?
26.会社でスポーツ等の活動はありますか?
27.育休をとる人はいますか?
28.今の仕事は楽しいですか?
29.どのように配属は決まるのでしょうか?
30.査定、評価の仕組みはどうなっています?
31.業界の課題、将来性についてどう思われますでしょうか?
32.内定までのプロセスを教えて頂けますか?
33.面接での注意点を教えて下さい
34.ノルマはありますか?
35.忙しい曜日はありますか?

この中から聞くべきことを絞って、質問すればある程度、有用な情報が得られるでしょう。できる限るポジティブな質問をし、この会社に入りたいという意欲をOBに示しましょう。

OB訪問で聞かない方がよいリスト

OB訪問で聞かない方が良いリストです。

1.年収はいくらですか?(給与関連)
2.副職ってできるんですか?(入社前から副職?と不思議がられる)
3.MBA等取らせてもらえるんですか?(海外行って、すぐ辞める気だと思われる。)
4.基本的すぎる情報(本社、従業員数等)(調べていないと思われる。)

極力この手の質問は避けておく方が無難です。むしろやめておいた方が良いです。良い印象を残す為にもポジティブな謙虚な質問を心がけましょう。また、事前調査はできる限りホームページ、パンフレットで入手し、聞くべきことを質問しましょう。

OB訪問時の服装について

なんと言っても、OB訪問では最初の印象(見た目)が重要です。ここで、OB訪問の印象がほぼ決まると言っても過言ではありません。ボサボサの髪・伸びきった爪・シワシワのシャツ等は、言わずもがなOB訪問ではNGですので気をつけましょう。

最低限のマナーは理解している上で、OB訪問で好まれる服装を以下に纏めました。参考にし、好印象を勝ち取りましょう。

企業又はOBより服装指定がない場合

Latests