Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月26日

内定先インターンに行かないことはできる?|インターンに行かないと就活に不利?

就活を終えた学生に与えられる最後の選択『インターンシップ』。「行かなくてはいけないのか」「行かないという選択肢はあるのか」と考えている就活生もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、行かなくてもいいという選択肢について参考にしてほしい情報をまとめてみました。

内定先インターンに行かないことはできる?

内定先インターンに行かないことはできる?|インターンに行かないと就活に不利?

大学生にとって初めての就職活動。約1年間かけてやっともらえた内定通知。ホッと一息ついたのもつかの間、『就職までの期間、インターンシップを行いませんか?』の文字。最後の大学生活は遊びまくろうと思っていたのに、正直、『行かない』と言いたい、そんな時、どのように返答するのが正解なのでしょうか?今回はインターンシップに迷っている方と行かない選択をしたい方に参考になる情報をご紹介します。

インターンシップには2種類ある

インターンシップには内定前に行われるものと内定後に行われるものがあります。内定前に行われるインターンは『そもそも行かない』という選択や、選考通過後に『授業で行けません』と伝えることはできますが、内定後のインターンでは『やっぱり授業があるのでドダキャンします』とは言いにくいものです。ここでは内定後に行われる"内定先インターン"について説明します。

内定先インターンとは?

多くの企業では、内定者インターンとして、資料作成や営業同行、プログラミング教育を行います。インターンでは企業に内定が出る前に働くことによって、その企業の仕事を体験したり、業界のことを知ることができることがメリットととして挙げられます。そして、内定先企業が内定者をインターンシップを勧めるのには理由があります。

入社後すぐに仕事に取り組めるため

インターンで実際に仕事をすることで、入社後にいち早く仕事に取り組むことができます。企業側の意見として、入社後からは給料が発生するため、入社してから仕事を覚えてもらうよりも、インターンである程度仕事内容を覚えた上で、入社後に次のステップに取り組んでくれた方が費用対効果が高いと言えます。

内定者の立場としても、入社後同期よりも仕事ができると、いち早く昇給の可能性を手に入れる可能性が高いです。

入社前に仕事内容を把握したもらうため

働く側としてはどのような仕事をするのか事前に知ることができ、実際に働いてみるのと就活時の想像ではまったく違うことが多い可能性があります。働く側としては、実際に体験することで、納得して就職することができます。採用する側としては事前に内定者の得意不得意を知ることで、本人に適切な配属をすることができます。

裏の目的は・・・

内定者インターンの裏の目的は『内定者フォロー』という内定辞退回避にも繋がります。お世話になった社員の方々を背に内定辞退を防ぐためという一面もあります。インターンシップに行かない学生は就職活動を続けている可能性があり、企業はそれを防ぐためにインターンを設ける場合があります。

しかし、インターンを断ることもできます

なぜ断れるかというと、内定者はまだ、その会社の従業員ではないからです。内定とは法的には「労働契約の成立」ですが、特殊な労働契約であり「始期付解約権留保付労働契約」(しきつき・かいやくけんりゅうほつき・ろうどうけいやく)と呼ばれています。

インターンシップを断る際は迅速に連絡をしましょう。時間が経てば経つほど、信用を失うことに繋がります。また、インターンに行かない理由を明確に伝えることも大切です。理由がしっかりしていれば、企業側もポジティブに受け取ってくれるでしょう。

しかし、インターンに行かない理由が明確でない場合、企業からはやる気がないと評価される可能性もあります。加えて、断る際には社会人としてのマナーがあります。好印象となるための断り方とはどのようなものなのでしょうか。

断る際に気をつけるべき項目

インターン辞退は電話連絡が一番好印象

大学生は、企業や社会人に電話をする事がなかなかありませんが、最も誠意を見せられる連絡手段は電話で辞退連絡をする事です。インターンシップに行かない申し訳なさを口で伝えることで、自分自身の申し訳ない気持ちは高まり、より伝わりやすくなります。メールの文章はどんなに謝罪をしていても気持ちが伝わりにくいため、電話で誠意をもって申し訳なさを伝えましょう。

インターン辞退をメールでする事もひとつの手段

どうしても電話は緊張するという方はメールをするという手段もあります。しっかりとした文章であれば、相手にも誠意が伝わる可能性がありますが、『インターンシップに行かない』という文字は冷たく悲しい印象があります。やはりメールは最終手段で使い、電話で誠意を伝えるのが一番です。

インターン辞退は本来であればメールと電話の両方がベスト

電話で誠意を伝えた後、メールでも断る旨を伝えましょう。インターンに行かないとしても、この2つができていることによって、入社までに嫌なイメージを持たれることなく、『この学生はしっかりしているな』といい印象を与えることができます。

インターンに行かないと就活に不利?

日本労働組合総連合会が2016年4月に行った「内定・入社前後のトラブルに関する調査」によれば、内定者研修や内定者アルバイトなどに参加した者は55.9%と半数強に達しています。調査結果のまとめは以下になります。

◆4人に3人が就職活動の中で対応に苦慮する要求を経験!
◆内定者研修や内定者アルバイト等を就職先の求めに応じて行った人が半数以上!
◆賃金など労働条件を「書面で渡された」のは3人中2人!
◆新卒入社した会社を辞めた理由において、労働条件の書面交付がなかった場合では、
「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」と半数強が回答。

出典: https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20160531.pdf |

インターンに行かない場合に重要なのは?

一般的に、インターンの有無によって就活の結果が左右することはほとんどないと言われています。入社してからの仕事の出来具合はインターンシップによって分かるものではないからです。しかし、最も大切なポイントは、内定先企業にどのように対応するかです。インターンシップに参加しても、やる気のない姿だと悪い印象になってしまいます。反対に、インターンシップに行かないとしても、誠意のある正しい断り方ができればいい印象を与えることができます。

インターンに行かない理由

では、インターンに行かない理由にはどのようなものがあるのでしょうか?人生で4年間しかない大学生活では理由によってインターンに行かない方がいいと言えます。

『インターンは必ず行きましょう』という先生の意見に従ったら留年してしまった、など本末転倒な可能性も。自分自身の置かれている状況によってはインターンシップに行かないという選択の方が適切な場合があります。

授業がたくさん残っている

講義が詰まっている1年生や、下学年のうちに単位が取得できなかった3,4年生などは、単位取得のために必要な授業を受けるために必死というケースがあります。

もし留年が許されない環境下にあるならば、インターンに行くことの優先度を低くして単位の取得を目指すことが大切です。インターンに行かない分、しっかり単位を取得して、少しでも早く自身の将来について考える時間を確保しましょう。

研究で忙しい

単位取得や卒業のために研究が必要な場合には研究を優先的に行い、インターンに行かない選択をすることが必要です。しかし、研究に熱意が入っていても、将来研究者になるほどの熱意がないのであれば、インターンシップの優先順位をあげることが大切です。自分の将来をしっかりと考えた上で選択をすることが必要になります。

部活やサークルで忙しい

大学生活といえば、部活やサークルに精一杯打ち込める最後の期間のため、目一杯楽しむべきだといえます。また、部活やサークルで行っている内容で将来生計を立てることを考えている場合 は、インターンに行かないことを選び、何よりもそちらの活動を優先するべきだといえます。

一方で部活やサークルが自分の将来設計に関係ないものであれば、参加頻度を減らしてインターンに行くことは価値があります。

アルバイトで忙しい

大学生なら誰しもアルバイトを一度は経験したことがあるのではないでしょうか。実際に学費や生活費をアルバイトでまかなっている場合は自身の生活のためにもアルバイトをする必要があります。

また、アルバイトが内定先や将来設計に繋がっているのであれば積極的に参加するべきです。しかし自分の将来設計に関係がないのであれば、インターンで給料をもらえるように交渉するなどして、内定先の勉強をしながら自身に必要なお金を受け取れるようにするのも一つの手です。

お金の面だけが問題なのであれば、インターンに行かないという選択の理由にはなりづらい場合があります。

他の会社でインターンをしている

『他の会社でインターンをしているので、内定先のインターンには行かない。』とはなかなか言いづらいです。しかし、他の会社で学びたいことがある場合はその旨をきちんと伝えましょう。今の仕事が、就職後にどのように繋がるのかをしっかりと説明することで、インターンに行かないという選択がポジティブなものになります。

内定先が県外でインターンに行けない

物理的な距離でインターンに通えない方もいるのではないでしょうか。その場合はインターンに行かないというよりは行けないことを存分にアピールしましょう。

インターンに行った方が交通費や宿泊費で費用がかかったり、大学のゼミに行けなくなっては本末転倒です。インターンシップに行けない時間は内定先の勉強にあてたり、社員さんに課題を出してもらうなど、他のインターン生との差を補完してもらいましょう。

インターンに参加するのが怖い

行かないという選択肢を検討している学生の方自身の性格や個性なども影響していると考えられるのであまり強くは言うことはできませんが、インターンすることは怖いことではないです。

一般的な企業であればインターンに参加しにきている学生に対する接し方はとても優しいもので、一緒に自身の成長について考えてくれることが多いです。社会に出た後も、インターンに行かない学生よりも、勇気を出して行った学生の方が活躍できる可能性は高いです。

『行かない』の選択をする前に

インターンシップに参加する一番のメリットは企業の内情が知れることです。内情を知るとは『ブラック企業かそうでないか』を見極めることができます。インターンシップに行けば、就職活動の時には知りえなかったブラックな一面が垣間見える場合もあり、就職する前にもう一度就職活動を行うこともできます。

インターンシップに行かずにブラック企業を避けるためには

事前に条件を聞いておく

インターンシップに誘われた際、どのような条件なのかを事前に聞いておくことが大切です。インターンシップの拘束時間やアルバイト料、自分の知らない分野を勉強しなければいけない時間を予測することで、就職後の働き方を考えることができます。現在のアルバイトの状況などから推測してみましょう。

他のインターン生と友達になる

実際にインターンシップを行う予定の内定者と友達になるという手もあります。自分自身はインターンに行かない場合に仕事内容や状況、社員さんの対応について質問することができます。また、インターン生に友達がいない場合は人事の方に繋いでもらうことも可能です。

実際にどのような仕事をしているかを知りたいと正直に話すことで、万が一ブラック企業の兆しが見えても、職場環境の改善にも繋がります。

インターン辞退後の対応にも注意

インターンに行かない選択をした後に、社員の方が自分にどのように接するようになったかも重要なポイントです。丁寧に誠意のある断り方をしても、『行かなかった』という情報だけが伝わる会社であれば社内コミュニケーションがうまく取れていない可能性があります。

また、インターンに行かないことにより企業のイメージが変わったという方は、もう一度就職活動や人生設計を見直す必要があります。インターンに行ったから良い学生で、行かなかったから悪い学生と見られる場合は要注意です。

インターンに行かないことをメリットに変える方法

インターンに行かないことはほとんどの場合デメリットとして捉えられますが、メリットに変えることもできます。

大切なのは『インターンに行かない時間を何に使ったか』

アルバイトで生活費を稼いでいる場合は難しいですが、授業や部活・サークルでインターンシップに行かなかった場合、1日に使える時間は何時間あるでしょうか?その残りの時間を利用してインターンに行かなかった事実を覆し、高評価の経験に繋げることができます。

内定先の関係企業に誰よりも強くなる

一般的な企業では取引先が存在します。そして、企業に入ると一から取引先の勉強を始めることになります。万が一自分が就職活動をしていた分野とは全く違う分野の企業が関係先であった場合、企業研究には時間がかかります。忙しくてインターンに行かない方も、隙間時間を利用して企業情報を調べておくと入社後に役に立ちます。

社会課題解決の学生団体を作る

大学生の運営している学生団体は星の数ほどあると言われています。例えば、全国に支部があるけど自分の都道府県には支部がない団体や、大学に著名人を呼んでイベントを開く団体を作ることは難しいことではありません。少し社会に近い活動をすることで、「インターンシップに行かない代わりに、大学生活の中でやれることはやりきりました」と言えるようになります。

自分でお金を稼ぐ経験をしてみる

『自分でお金を生む』という挑戦は誰しもができることではありません。難しくてできないというよりは、やろうとしないというのが現状です。ITの発達した現代だと、ブログを作成したりインターネット販売を行うなどお金を生むチャンスはたくさんあります。

インターンシップで内定先のことを学ぶより、インターンに行かない時間を使って自分で稼げるようになれば副業として収入に繋がることもあれば、就職せずに独立のチャンスを掴むこともできます。

今までやったことのない挑戦をしてみる

『インターンに行くのは怖いから行かない』『今すぐに働きたくはないから行かない』そう決断するのも一つの選択です。その場合はインターンに行かない人にしかできないことをやってみましょう。

例えば、自転車で日本1周や四国遍路を行ったり、留学に行くのもいいです。単位を取り終えて学校に行かなくていい人は、存分に余っている時間をバイトに費やさず、旅や経験に費やしましょう。

Latests