Search

検索したいワードを入力してください

インターンの一般的な募集時期|夏・冬のインターンの時期・時期別の特徴

初回公開日:2017年08月14日

更新日:2017年09月12日

記載されている内容は2017年08月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

そもそも、インターンシップとはどのようなものなのか、就職活動する上で知っておきたい情報者知識について見ていきます。インターンシップの見つけ方や種類、メリットなど、詳しく知ってインターンシップを活用する方法をご紹介します。

インターンシップとは何だろう?

インターンの一般的な募集時期|夏・冬のインターンの時期・時期別の特徴

就活で耳にする「インターンシップ」初めて聞く言葉で、意味が分からない人も多いと思います。インターンシップとは、大学生が一定期間企業で働く職業体験の事を指します。アルバイトと似ているような気がしますが、違いがあります。

インターンシップは、学生の採用を目的とした雇用形態です。インターンシップとはどのようなものなのか、特徴やポイントを押さえてついて詳しくご紹介します。

インターンシップの一般的な募集時期

インターンシップが活発に行われる時期は「夏」です。次に活発になるのが冬の時期多いとされています。一般的には、春や秋の時期はあまり活発ではありませんが、全く行われていない訳でなく一部の企業では学生にアプローチをする場合もあります。就職したい企業がいつ頃から募集を開始するのかをチェックしておくことが大事です。

夏と冬の時期では大きな違いがあるので特徴を押さえましょう。

インターンシップに参加して、将来の目標を見つける

なりたい職業や憧れの職業を見つけても、実際に働いてみたらイメージと違ったとなっては手遅れです。職種は簡単に変えられないので、インターンシップ時期を利用して実際に体験してみることが大切です。

実際に仕事を行い、身をもって経験できる長期的なインターンシップは、今度のスキルや就活にとても有効です。

夏・冬のインターンのシップ時期の特徴

インターンの一般的な募集時期|夏・冬のインターンの時期・時期別の特徴

インターンシップの時期は主に夏と冬だという事がわかりました。ここではそれぞれの時期の特徴を考えていきましょう。

まず、夏の時期のインターンシップ実施期間は、1か月程度~長期になります。メーカーのインターンシップは、2週間程度が一般的です。夏の時期に、製造工場や研究所など、将来的に働きたい会社でのインターンシップに参加できることはとても魅力的と言えるでしょう。

一方、冬のインターンシップの場合は、短期的で1週間程度が一般的です。中には、12月~2月にかけては繁忙期に当たるため、2~3日の短期インターンシップになる企業もあります。夏に比べると非常に短期間になるので、インターンシップ中に企業のイメージをつかむことは難しい点があります。

夏のインターンシップとは

夏時期のインターンシップの場合、優秀な学生の場合次々に内々定を出す場合があります。早めの行動を起こす企業の場合は、少し早い気がしますが2年前から準備することをおすすめします。夏時期のインターンシップに参加するためにしっかり準備をして、5月ごろから情報収集を始めます。

冬のインターンシップとは

冬時期のインターンシップになると、学生と企業どちらも夏を経験しているので、夏とは違うインターンシップになると考えられます。冬時期のインターンシップは、企業側が最後の囲い込みをする事が多く、夏の時よりも学生が就活に取り組む時期に入るため、企業側も具体的な内容を示すケースが多いです。

ですから、冬のインターンシップは内定直結型や選考の一次免除など有利な条件が付く場合が多いです。学生にとって得するオプションが付く為、夏に比べて競争率も高くなります。冬にインターンシップを受ける事は、実際の就活においてプラスになることが多く、もしインターンシップに落ちてしまっても、就活の対策になります。

なぜ落ちたのかを考え、対策を練ることで経験を活かす事ができます。就活本番前にこのような行動ができる事は大きなプラスへと繋がります。

そして、インターンシップの選考に受かった時は、担当者の印象に残るような行動を心がける事がポイントと言えるでしょう。冬のインターンシップは選考までの期間が短いので、学生を覚えている確率や印象が残る率も高くなると言えます。

インターンシップの時期別の特徴を知る

就職活動を有利に進めるためにもインターンシップに参加したいですが、開始時期はいつ頃なのか気になります。ぼんやりしていると時期を逃す事があるので注意が必要です。

一般的にインターンシップの時期は、就活生のほとんどが伝えられています。数多くの企業が導入してるので、年中行われています。その中でも特に活発になる時期があるようなので、その時期を狙うのがコツです。

企業の目的

インターンの一般的な募集時期|夏・冬のインターンの時期・時期別の特徴

夏・冬時期のインターンシップに企業は何を求めているのでしょうか。企業は立場上、就活の選考に関係ありませんと言いますが、これは本音で無い場合が多いです。何も関係なかったら、インターンシップなど行わなくてもいい訳で、実際には大きく関係しています。

例えば、夏時期のインターンシップは、工場や生産ラインなどで働いた場合は、将来的に働く可能性の高い場所で、勤務を通じて入社後の働きをイメージしています。冬の時期ですと、グループワークを中心にして、個人の能力やスキルなど具体的なものを見ています。冬の時期のインターンシップでは、就活に直結する評価がされていると思った方が将来的に活かせます。

また、せっかく採用しても「実際に入社したらイメージと違った」と数か月で辞められるのは企業にとって大きな損失です。このようなミスマッチを防ぐためにもインターンシップは、大切な採用法です。

インターンシップに参加するメリット

インターンの一般的な募集時期|夏・冬のインターンの時期・時期別の特徴

よく聞く「新卒一括採用」と言うように、日本の就活は決まった時期に就活を開始して決まった時期に内定が出ます。しかし、ベンチャーや中小企業は、大手企業と比べると知名度がなく採用に苦しむところが多いです。

そのような企業が率先してインターンシップとして学生を迎え、自社の事を知ってもらい戦力として育てて採用すると考えています。そのため。インターンシップを大学1年や2年の早めに始めて、就活が本格的にスタートする前に内定をもらえる人も少なくありません。

また、長期的なインターンシップの場合は、社会に出て役立つ実践的なスキルが身に付くメリットもあります。多くの学生は社外へ出てから研修を受け徐々にスキルを身に付けますが、インターンシップに参加すれば、社会に出る前から即戦力となるスキルを身に着ける事ができます。この結果、社会人になったばかりでも成果をあげることができます。

インターンシップは、企業のPRにもなる!

世の中には約380万の企業があると言われています。多くの企業の中から自社を見つけてもらうのはとても大変な事です。特に名前も知られていないような企業は苦労をします。それぞれの会社の広報や人事は、工夫を凝らしお金や採用に力を入れています。

そんな中で、一番自社の事をわかってもらえるのがインターンシップです。ウェブサイトや広告、説明会とはまた違ったアピールの仕方ができます。長期的インターンシップならじっくりと時間をかけて学生に対して自社のPRができ、企業にとってメリットとなります。

採用コストの大幅削減

採用活動は多くの時間や人材を使います。面接や説明会だけではなく、求人を掲載するのもお金が必要です。限られた期間の中で、ひとりでも多くの学生と出会い面接をして、自社にあった人材を見つけ出さなければなりません。

しかし、インターンシップを受け入れることで、ある程度学生を絞る事ができ、更にはスキルやポテンシャルをじっくりと見てから採用する事ができます。企業にとっては、採用の負担を減らすことができるメリットがあります。

インターンシップの見つけ方

インターンの一般的な募集時期|夏・冬のインターンの時期・時期別の特徴

インターンシップを見つけるには、学校のキャリアセンターで見つけられます。ここは、就活の情報だけではなく、インターンシップの情報も多くあります。また、キャリアセンターの職員から直接紹介してもらう方法もあります。時期になったら、足を運んで見つけてみましょう。

求人広告に比べると数は多くありません。卒業生が働いていたり、特定の大学にピンポイントで求人を出していたりするので、一から自分で探すより効率的に見つかり、採用される可能性も高いです。3年生になったら早めに見つけて働いてみましょう。

他にもこんな手が!

採用率をグッとアップさせるには、卒業生に直接頼むのも手です。部活やサークル、ゼミなどを利用して紹介をしてもらえば採用率も高まります。率先して連絡をとってみましょう。実際に働いていた先輩の話を聞けば、実話を聞くことができるので実際に働くイメージが現実的に捉えられます。

そして、インターネットを使っても探せます。最近では、インターンシップを専門にした求人サイトもあり都道府県や職種など、細かい内容に絞って検索する事ができます。まだ時期的に早いと感じても、インターンシップに興味を沸いたら使ってみて下さい。

インターンシップの種類

インターンシップにはアルバイトと違ってさまざまな形態があります。選択肢の中から選ぶことができるので、自分のあったインターンシップを見つける事ができます。

1Dayインターンシップ

多くは大企業が学生向けに行う一日だけの期間を設けたインターンシップです。実際に働くと言うよりは、業界のことや業務内容を説明したり働いている社員の紹介があったりと、説明会より詳しく会社の事が知れる内容が多いです。

夏休みや春休みを利用して行う企業が多く、複数のインターンシップに参加して、深く知って企業選択の参考にしてみるといいでしょう。

短期インターンシップ

短期インターンシップの中でも、プロジェクト型のものは企業から課題が出されます。その課題をチームで解決していくようなインターンシップがあります。これは、数日~1週間程度の期間があり、出された課題に取り組みます。

企業によっては、専攻の一環として行うケースもあり、取り組み方やコミュニケーション、発想力、スキル面などさまざまな観点で評価されます。最近では、報酬が出たり交通費を支給してくれる会社もあるので、全国から優秀な学生が集まってきます。

このインターンシップに参加することで、面接では知ってもらえない部分を企業に見てもらえ、普段出会わないような学生と出会い知り合いになれるというメリットがあります。

長期インターンシップ

近頃、ベンチャー企業を中心に増えてきたのが長期実践型インターンシップです。数か月から数年間、企業の一員として働き実際の業務を行います。時給や日給など報酬は企業によってさまざまですが、給料が出る場合がほどんどです。

長期インターンシップは、上記のインターンシップとは違い実際の業務を社員と共に行っていきます。緊張感や責任感がある仕事が任され、実務レベルのスキルが身に付きます。

インターンシップの時期などわかった!

いかがでしたでしょうか?

今回は、インターンシップの時期別の特徴などをご紹介いたしました。
記事を参考にして就職活動を有利に進めましょう。

お肉を食べながら就職活動しよう!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests