Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

内定がもらえない人の特徴と原因・内定なしで卒業するとどうなる?

就活は難しいものであり、適当に取り組めばもちろん、真面目に取り組んでいても内定がもらえないこともあります。内定をもらえない人には共通した特徴があり、それに当てはまる人は要注意です。今回は内定がもらえない人の特徴や原因などをご紹介します。

内定がもらえない人の特徴

内定がもらえない人の特徴と原因・内定なしで卒業するとどうなる?

就活のゴールと言えば内定をもらうことです。しかし中にはなかなか内定がもらえないという人もいるようです。内定がもらえないと就活を終えることが出来ませんし、このまま内定がもらえないままではないだろうかなど不安に思うことも多くなります。内定がもらえない人には様々な特徴があります。自分はそれに当てはまっていないか注意が必要です。

やる気がない

内定がもらえない人はやる気がない人が多いです。何事に対してもやる気がなく、明確な目標がないので就活に対しても真剣になることが出来ず、いつまでも内定がもらえないままになっています。

就活は書類選考や面接など限られた時間の限られた情報で学生を判断し、採用するかどうかを決めるものです。学生も一社だけに絞って受験しているわけではなく、他にも複数の企業を受験しています。そのためやる気がないと志望度も低いということになり、内定を出しても来てくれないだろうと企業は考えます。

そもそもやる気のない人を雇いたいと思うことも少ないですし、内定を出しても来ない可能性が高いのでやる気がない人はなかなか内定がもらえないでいます。

危機感がない

就活に対して危機感を持っていない人も内定がもらえない人です。就活は学生がどこで働くかを決める場でもありますが、同時に企業が学生を選ぶ場でもあります。つまり就活をしたからと言って確実に就職先が決まるというものではありません。危機感を持ち、念入りな準備や対策をしてこそ内定がもらえるものです。

しかし危機感がない人は就活を続けていれば内定がもらえるものだと勝手に思い込んでいます。そのため何の準備や対策もせずに就活に臨んでいます。準備不足はすぐに面接官に伝わりますし、それは志望度が低いと受け取られます。志望度の低い学生に内定を出す企業はなく、危機感のない人は内定をもらえないということになります。

内定がもらえない学生の共通点

内定がもらえない人の特徴と原因・内定なしで卒業するとどうなる?

内定がもらえない学生には実は共通点があります。どのような学生時代を送っていたかというのも就活では大切なことであり、それらの積み重ねによって今の自分が成立しています。しっかりと勉強し、将来に備えていた学生は就活で苦労をすることはありませんが、毎日自堕落な生活を送っていたのであれば就活で苦労することが多いです。

自主休講が多い

大学の授業は教授の都合により休講になる場合があります。しかし内定のもらえない学生はそうでない場合にも自主的に休講にする、つまり授業をサボっていることが多いです。

出席を取らないものであればテストの点数さえ良ければ単位を取得することが出来るので授業への出席は絶対ではないですが、受講している以上その授業に出ないのは勿体ないことでもあります。また出席が必要な授業でも自主休講を繰り返している人は特に注意が必要です。

自分の都合で簡単にサボってしまう人は就活でもどこか手を抜いてサボってしまいます。手抜きはすぐに企業にバレてしまいますので、その結果内定がもらえないということになってしまいます。

提出物の期限を守らない

大学では様々な課題やレポートがあります。その提出期限を守らない学生も内定がもらえない学生の一人です。提出期限を守るというのは目標に向かって逆算して行動していくということです。先のことを考えて行動することが出来なけば社会ではやっていけません。企業で働くには能力が不十分とされ内定がもらえないことも多いです。

また企業においても提出期限や締め切りが決まっている仕事というのも多くあります。自社内だけのものであればまだいいですが、他社にも関係してくるものもあります。その人の都合だけで仕事の期限を延ばし、取引先にも迷惑をかけると企業の信用にも関わります。期限が守れない人は信用できないので、内定がもらえないということになります。

内定がもらえないのによくある原因

内定がもらえない人の特徴と原因・内定なしで卒業するとどうなる?

自堕落な生活をしていた学生だとなかなか内定がもらえないというのも頷けますが、中にはしっかりと勉強もしてきたし、就活の準備もしっかりとやっている。それなのに内定がもらえないという人もいます。

就活は非常に大変なものでしっかりと頑張っている人でも苦戦するものです。内定がもらえない原因はどこにあるのか。その多くは自分自身にあります。

就活の軸が定まっていない

内定がもらえない原因として一番考えられるのは就活の軸が定まっていないということです。ただ闇雲に企業を受験しても内定はもらえません。どんな企業に就職したいのか。どんなことがしたいのかを明確に定めた上で就活に取り組むことが大切です。

就活の軸が定まっていないと発言に一貫性が持てません。1次面接と2次面接で話している内容が違えば面接官も混乱しますし、意見がコロコロ変わる人であれば信用もすることが出来ません。また軸が定まっていないため受験する企業数も多く、それらに対する志望度が低い場合もあります。

自分でも何を目指して就活をしているのか分からなくなっている人も多いので、一度自分と向き合って就活の軸をしっかりと定める必要があります。

受けている企業数が少ない

就活では一社受けてそれがそのまま内定に繋がり、すぐに就活を終えるという例は非常に稀です。基本的には何社も何十社も受けてようやく内定が一つもらえるかどうかというところです。内定がもらえないと悩んでいる人の中には受けている企業数が少なく、内定までの確率が低い人も多いです。

就活は大変なものなので、取り組んでいるだけで頑張っているという錯覚に陥りやすいものです。しかしそれを他の学生と比べてみると自分の頑張りはまだまだで他の学生には遠く及ばないという場合もあります。

自分ひとりの視点だけでは見えないことも多く、自分の頑張りが正しいか分からないことも多いので、随時他人と比べながら就活を進めることが大切になります。

内定をもらえないまま卒業するとどうなる?

内定がもらえない人の特徴と原因・内定なしで卒業するとどうなる?

就活では春採用だけではなく、夏採用や秋採用。多いところだと冬採用まで募集している場合もあります。年中を通して就活は可能ですが、その全てに失敗した。内定が一つももらえないまま卒業してしまったという場合はどうなるのでしょうか。

大卒の肩書は手に入れたもののそこから先は無職のまま過ごさなければなりません。仕事に就こうと思えばそこからもう一度就活を始める必要があります。

既卒の就活は不利

内定がもらえないまま卒業してしまうと既卒扱いになります。就活をしようと思えば既卒で募集しているかという点に注目して探さなければなりません。既卒は募集自体も少ない場合も多く、選考にこぎつけるだけでも一苦労です。

最近では既卒でも卒業後3年以内であれば新卒扱いで募集をしている企業もあります。既卒可としている場合なら新卒の選考に混ざって受験することが出来ます。しかし既卒はそれ自体が不利であり、面接でも就活に失敗した、あるいは既卒で就活をしている理由などネガティブなことばかり聞かれることも多いです。

既卒でも内定をもらい就職した人もいますが、それでもその割合はかなり低いです。新卒のうちにしっかりと就職を決めるようにしましょう。

内定をもらうには就活に真剣になること

内定がもらえない人の特徴と原因・内定なしで卒業するとどうなる?

就活はとても大変なもので真面目に取り組んでいる学生でもなかなか内定がもらえずに悩んでいることも多いです。真面目にやっていても結果がすぐに出るとは限らず難しいものなので、適当に手を抜いて取り組んでいれば内定はもらえません。就活には真面目に、そして真剣に取り組まなければなりません。

就活で陥りやすい失敗は自分の視点だけで進めてしまい、行き詰るというものです。自分ひとりの考えだけだとどうしても偏りが出てしまうので周囲の意見を求めながら就活を進めていくことが大切になります。

内定をもらえないまま卒業してしまうとその後就活を続けるにしても色々と不利になってしまいます。就活には真剣に取組み、卒業までに内定をもらえるように頑張りましょう。

タダでご飯を食べるだけで内定ゲット?!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

掲載企業数も100社以上あり、実績も十分です。
今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests