Search

検索したいワードを入力してください

2017年12月11日

就活で使える時事問題対策・最近の時事ニュースまとめ

就活を行う上で、時事問題につまずいていませんか。時事問題は内定を得る上で欠かせない事柄ですが、いざ就活となると、どう対策を立てれば良いのか悩んでいる方も多いでしょう。そこで、時事問題の対策について取り上げます。ぜひ参考にして下さい。

就活でよく出る業界別時事問題と対策

就活で使える時事問題対策・最近の時事ニュースまとめ

就活でどの企業を受けることになっても、時事問題は絶対に避けられません。ではどう対策を取れば良いのでしょうか?業界別に時事問題傾向と対策について取り上げます。

金融業界は金融よりも人柄重視

金融業界での就活を考える際、金融関係の時事問題は絶対に外せません。

しかし金融関係で重視しているのは、時事問題に詳しい人よりも人柄です。もちろん金融関係の時事問題は把握しておくに越したことはありませんが、重視する必要はありません。

ITは想像力が決め手

就活で使える時事問題対策・最近の時事ニュースまとめ

IT関連企業は発想力重視の所が多く、時事問題については重きを置いていない傾向にあります。時事問題については、世間一般的に常識とされる内容だけで十分です。

医療は小論文形式で出題

医療系企業はテスト形式ではなく、小論文という形で時事問題について聞かれることがあります。時事問題に答えるのではなく、意見を聞くという形になります。

しかし小論文形式で出題されても、テーマになっている時事問題について理解していなければ、答えることはできません。普段から、新聞やニュースをチェックしておきましょう。

経済は政治経済は抑えておくべし

就活先に経済に関係している企業をと視野に入れているのなら、政治経済の時事問題は頭に入れておくべきです。

政治であれば北朝鮮情勢・トランプ大統領の動向、経済であればアメリカ・ヨーロッパ経済や、日本経済についても把握する必要があります。

国際は幅広い視野を持つこと

海外の企業への就活を考えているのならば、国際情勢は抑えておきましょう。

アメリカの政治経済だけでなく、ヨーロッパやアジア情勢についても要チェックです。また途上国の時事問題についても、ニュースなどを見て把握するようにしましょう。

食品は一般常識の範囲内

食品関係の会社では面接に力を入れている所が多く、筆記試験には重きを置いていません。

しかし筆記試験が全くないという訳ではなく、時事問題を出題している企業もあります。

就活に臨む際、時事問題は一般常識の範囲内で十分です。ただ「食品業界についての未来」や「会社の今後のありかた」について聞かれることがあります。経済や食品業界の時事問題を把握して、どんな問題も直ぐに答えられるようにしましょう。

難易度が高い商社の時事問題

就活で、最も人気が高い業界が商社です。総合商社ともなれば超一流大学生であっても内定を得るのは難しく、難易度は高くなっています。

でも難易度が高いからとは言え、商社には絶対に入社できない訳ではありません。時事問題では政治経済や世界情勢など、幅広い分野から出題されます。普段から新聞やニュースをチェックして、時事問題を把握するようにしましょう。

スポーツは世間で話題になっている時事問題中心に

スポーツメーカーで求められているのは、チャレンジ精神旺盛の人材です。

時事問題に関してはそこまで重きを置いていませんが、世間で話題になっている時事問題については把握したい所です。

マスコミへの就活は時事問題が重要な鍵

マスコミ関連企業は学生からの人気も高いためか、時事問題の難易度はかなり高いです。入社してからも時事問題に深く関わるので、絶対に手は抜けません。

対策方法としては、毎日欠かさず新聞をチェックすることです。またニュースをチェックするだけでなく、ニュースについて自分なりの意見を持つようにします。時事問題は毎日の積み重ねが、勝負の鍵を握ります。

旅行は幅広い知識が必要不可欠

旅行会社では、幅広い知識が求められます。

世界情勢は言うに及ばず、政治経済・金融・芸能やスポーツも抑えておきたい所です。新聞やニュースを逐一チェックして、就活の時事問題対策をしっかり立てて下さい。

試験のタイプ別!時事問題対策とポイント

就活の試験と言っても、色んな種類の試験があります。そこで試験のタイプ別に、時事問題の対策とポイントについて取り上げます。

就活への第一関門!ES

就活が成功するかどうかは、ESにかかっています。就活の第一関門であるESにパスしなければ、内定を得ることは絶対にできません。

ESで時事問題が出題されるケースは少ないものの、ESで落とされる就活生は9割近くにおよびます。ESでは志望動機や自己PRを書くことになるので、時事問題よりも自己分析に力を入れましょう。

ふるいをかけるために行われる筆記テスト

就活生が100人いたとしても、100人全員と面接している時間はありません。そこで筆記テストを実施し、ふるいにかけます。

筆記テスト対策としては、時事問題の中で特に苦手とする分野を重点的に勉強します。また何冊も問題集を購入するのではなく、1冊の問題集をボロボロになるまで使いましょう。1冊の問題集が極められれば、筆記テストは怖くありません。

一般常識は復習をしっかりと

就活で出てくる一般常識の範囲は広く、どこから手を付けて良いのか悩んでいる方も多いでしょう。

しかし難易度は中学生~高校生レベルとなっており、社会人として必要最低限に求められる知識がほとんどです。中学~高校生の勉強を復習し、一般常識問題に備えましょう。

「一緒に働いてみたい」と思える作文を

就活の壁はいくつかありますが、中でも作文は最も高い壁と感じている方も多いでしょう。

作文では文章の上手い下手はもちろん、人間性を見るために行われます。もちろん企業にもよるので、全て当てはまる訳ではありません。作文で良い結果を出すには、「一緒に働いてみたい」と感じる内容を心がけて下さい。

小論文は志望企業に関する時事問題を完璧に把握すべし!

就活での時事問題は「小論文」という形で、出題されるケースがあります。テーマとなる時事問題について理解しなければ、小論文を仕上げることはできません。

対策としては、希望する企業に深く関係している時事問題について把握しておくことです。さらに希望する業界についても勉強した上で、自分なりの意見も考えておくようにして下さい。

面接は質問を予想して答えを準備する

面接の場において、「最近気になったニュースはありませんか」や「このニュースについてどう思いますか」と時事問題を聞かれることがあります。

面接で時事問題を聞く理由は、情報感度や就活生の価値観を見るためです。ニュースの内容だけ把握していたとしても、面接官が期待する答えは引き出せません。ニュースについての自分の意見や考えもまとめておき、面接に臨みましょう。

最近の時事ニュースまとめ

ドナルド・トランプ大統領関連の時事問題

最近の時事ニュースとして抑えておきたいのが、アメリカのドナルド・トランプ大統領関連のニュースです。

2017年1月に大統領に就任して以来、アメリカの入国制限・ロシアゲートなど話題が尽きません。また日本が深く関係している対日貿易・対中貿易についても抑えておきましょう。

2018年・2019年の就活で出題される時事問題も、ドナルド・トランプ大統領関連が出題される可能性は極めて高いです。

日本の政治・譲位関連ニュース

過去の就活を振り返っても、日本の政治が時事問題で出てこなかったことは一度もありません。特に与党や野党の動向や外交関連、天皇陛下の譲位についても抑えておくようにしましょう。

平成31年4月30日に譲位が行われ、5月1日に皇太子さまが即位されることが決まりました。同時に年号も変わり、時代の節目となります。就活の時事問題において出題される率はかなり高くなると予想されるので、把握しておいて下さい。

時事問題対策におすすめの就活ノートの作り方

就活においての時事問題対策としては、普段からしっかりとニュースをチェックするに限ります。

手っ取り早い方法といえばネットニュースですが、見られるニュースが限られるのであまりオススメはしません。

就活を考えるのならば、新聞やTV・ラジオのニュースを追いかけるのが1番です。そして大きく扱われているニュースをノートに記し、書き留めておきます。

そしてノートに記したニュースについて、自分なりの意見も書いておきましょう。就活での時事問題では、意見や感想が必要になることもあるからです。

就活の時事問題対策はアンテナを立てること

就活の時事問題対策として、問題集を購入するという方も多いでしょう。しかし時事問題は常に変化しており、問題集だけでは事足りません。

時事問題の対策としては、普段からアンテナを立てて世の中の流れを把握するに限ります。ニュースは逐一チェックし、分からない所があればきっちりと調べるようにして下さい。

Latests