Search

検索したいワードを入力してください

メールでのインターンのお礼の例文・必要・いつ|1day/返信

更新日:2020年08月20日

インターン後にお礼メールは送っていますか?インターンに参加した後に企業にお礼のメールを送っておくことで好印象が与えられる場合もありますし、選考でも有利に働くこともあります。インターン後のお礼メールの書き方を知り、上手にメールを送信していきましょう。

期間別メールでのインターンのお礼の例文は?

就活を攻略するためには、しっかりと対策をしておくことが大切であり、対策の一環としてインターンが挙げられます。インターンに参加することで企業の仕事についての理解を深めることができますし、企業の仕事をするにあたって必要な能力を知り、それを鍛えることができます。

またその企業の仕事に必要なスキルだけではなく、社会人全般として必要なスキルを身に付けることもできますし、インターンに参加することで得られることはたくさんあります。インターンに参加すればそれで終わりにするのではなく、参加後は企業のお礼のメールを送っておく必要があります。インターンに参加した期間によってお礼メールの内容は違っていますので、期間別のお礼メールの例文を参考にしながらメールの文章を考えていきましょう。

1day

インターンは長期や短期など期間はさまざまですが、短期の場合、特に1dayだけの参加の場合のお礼メールの例文は以下のようになります。

「○○株式会社人事部○○様 いつもお世話になっております。○○大学経済学部経済学科の○○と申します。先日はインターンシップへ参加させて頂き、誠にありがとうございました。短い期間ではございましたが、実際に仕事を見学してみることで、仕事への理解も深まり、御社についてより深く知ることができました。

また仕事を知ることで御社へ就職したいという気持ちが強くなりましたので、選考では何卒よろしくお願いいたします。取り急ぎお礼を伝えたくメールを差し上げました。末筆ながら貴社ますますのご活躍をお祈り申し上げます。」

メールでのインターンのお礼の仕方は?

インターンに参加した後はお礼のメールを送ることで好印象を与えることができますが、そのお礼の仕方にも注意が必要です。特に気をつけなければならないのが時間であり、メールを送る時間を間違えてしまうとマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので注意しましょう。

せっかくお礼メールを送っても、マイナスの印象を与えてしまっては意味がありませんし、それでは送らない方がいい場合もあります。お礼メールを送るのであれば好印象を与えなければ意味はありませんし、マイナスの印象を与えてしまうことで選考でも不利になってしまいます。正しいお礼の仕方を知って、上手に感謝の気持ちを伝えていきましょう。

時間

インターン後のお礼メールを送る場合は時間帯に注意が必要であり、深夜などの非常識な時間は避けて送るようにしましょう。お礼メールはインターン後素早く送ることで好印象を与えやすく、採用担当者の記憶にも残りやすくなりますが、早ければいつ送ってもいいわけではありません。

送信時間が深夜や早朝などの非常識な時間になっているとマイナスの印象を与えてしまう可能性が高いですし、それでは送る意味はなくなってしまいます。深夜などに焦って送ったとしても企業の人がメールをチェックするのは翌日になってからですし、無理に焦って早く送る必要はありません。翌日にしか読まれないのであれば、翌日に送っても問題はありませんので、翌日の午前など営業時間内に送ることを心がけましょう。

メールでのインターンのお礼の返信の仕方は?

インターン参加後に企業にお礼メールを送れば、それに対して企業から返信が返ってくる場合もあります。このメールに対しても返信しておくことが大切ではありますが、内容については簡潔なもので問題ありません。

企業への感謝の気持ちを再度記すだけで問題はありませんし、反対に長々書いてしまうとマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので注意しましょう。企業からのメールに返信する場合は、そのメールでやりとりを終える必要がありますので、簡単に感謝の気持ちを記して締めるようにしましょう。

メールでのインターンのお礼は必要なのか?

インターンに参加した後はお礼のメールを送るのが一般的とされていますが、お礼メールは本当に送らなければならないのかと考えている人は多いです。お礼メールはあくまで自身の感謝の気持ちを伝えたものですので、送らないからといって、選考などに支障をきたすわけではありませんし、極端に考えればあってもなくても困りません。

またメールの作成には時間もかかりますし、他のことに忙しくお礼メールの作成に時間を割けない人も多いです。わざわざ時間をかけて作成しても、それが好印象につながらなければ意味はありませんし、送る必要もありません。インターン参加後のお礼メールは本当に必要なものなのでしょうか。

あれば好印象

インターン参加後のお礼メールはあれば好印象を与えることができますし、選考でも有利になる可能性が高いです。企業に対してしっかりと感謝の気持ちを伝えることで丁寧な印象を与えることができますし、それが好印象につながることは多いです。インターンで好印象を与え、評価を高めることができれば、就活本番の選考でも有利に進められる可能性が高いですし、内定を獲得できる確率は高くなります。

インターンに参加するだけでも就活に役立てることができますし、選考でも有利になることも多いですが、お礼メールを送ることで、さらに有利に就活を進めることができます。少しでも有利に就活を進めたい場合は、お礼メールは必ず送るようにしましょう。

必ずしも必要ではない

次のページ:インターンのお礼はメールと手紙どちらがいいのか?

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests