Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月12日

実際にあった!グループディスカッションの面白いテーマと対策

グループディスカッションに関する記事です。主な内容としては、面白いテーマに過去にどんなものがあったか、回答をするならどのようにアプローチしていくか、そしてその際に気をつけるべきことは何か、どういった対策をとって練習していくのが望ましいのか、といったものです。

グループディスカッションの面白テーマと対策法!?

実際にあった!グループディスカッションの面白いテーマと対策

就職活動の際、重要になってくる面接試験の項目が「グループディスカッション」です。就活生が数人のグループとなって、企業から出されたテーマについて討論を行うというもの、です。

「働くことの意味」「社会人とは」といった普遍的なテーマから、環境問題や経済の問題など幅広いテーマがありますが、中にはちょっと変わった面白いテーマを就活生に投げてくる企業もあります。

グループディスカッションの「面白テーマ」

実際にあった!グループディスカッションの面白いテーマと対策

では、面白いテーマにはどんなものがあって、それらにはどんな対策を取っていくのがいいのでしょうか。就活生の皆さん、必見です。自分の希望する企業が過去にどんな面白テーマを挙げているのか確認しながら、面白テーマにも対応できるようになりましょう。

主な対策のコツは?

実際にあった!グループディスカッションの面白いテーマと対策

具体的なテーマ例は後述するとして、対策の仕方の主軸について述べます。基本的に1番大事なことは、面白テーマも普通のテーマも同じです。「全員で受かるつもりで、協調性を持って討論にのぞむ」こと。誰かを蹴落とそうと考えていては始まりません。「受験は団体戦」、同じく「就活も団体戦」と覚えておきましょう。

そんなの嘘だ、と思われる方もいらっしゃるでしょうか。しかし、社会では、相互に協力して仕事を遂行していくことが大切であるため、気の持ちようとして「団体戦」と言う意識を持っておくのが非常に重要です。ここを忘れないようにしていきましょう。

実際のグループディスカッションの例を見てみよう!

ここからは、実際のディスカッションで使用されたテーマを例に見ていきます。参考になるテーマ、自分の目指す企業に沿ったテーマもあるかもしれません。チェックしてみてください。

変わり種テーマ!?「宇宙について」

こちらはとある企業にて、グループディスカッションで出されたテーマです。

・「宇宙で生活するのに必要な以下のものに、優先順位をつけよ」
・「月にうさぎはいるか、いないかを論じなさい」

いかがでしょうか。宇宙系の面白テーマは、なんだか夢やロマンに溢れています。うさぎなんて、思わずクスッと笑ってしまうような可愛らしいテーマです。グループディスカッションの緊張もほぐれてしまいそうです。

これらの回答としては、もちろん正解はありませんが、例えば1つ目の議題なら、1位に「空気」と生活に必要なものをあげるのか、「両親からの手紙」など心理的に働くものをあげるのか、に個性が現れます。面白い回答を考えるのもありです。

未来に羽ばたく若者へ?「ドラえもんについて」

こちらも見出しから面白く、夢に溢れた内容です。

・「今現代に生きるドラえもんが、ひみつ道具を発明するなら?」
・「現実的に商品化が望めるひみつ道具は?」

こちらもなかなかにユニークな議題ですが、グループディスカッションでは科学技術に密接に関わる濃い議論が期待できそうなものでもあります。

回答するなら現代のロボットPepperくんのように愛されるロボットを作るとか、タイムマシンは実現が可能なのかとか、回答次第でさらに夢のある、面白いグループディスカッションに発展させることができそうです。

「ダイエットを継続させるには?」

実際にあった!グループディスカッションの面白いテーマと対策

こちらは、「ダイエットを継続して行っていくには、どうすればいいか」と言う面白テーマです。

あなたはダイエットをしたことがあるでしょうか。したことがあればわかりやすいですが、ダイエット未経験でも容易に想像はつくでしょう。確かに、継続していくのはなかなか難しいもの。この議題に対するアプローチも、グループディスカッションとなればいくつかに分かれていきそうです。

回答としては、「意志が重要」「強い気持ちを持つ」といった根性論的な回答から、「計画性が大事」「記録をこまめに行う」といった戦略的な回答まで、色々なパターンを考えることができます。

特殊な回答、面白い回答でグループディスカッションがしたいなら「恋人を作って応援してもらう」、「楽に行える機械を購入」なども面白いです。

面白テーマを出す採用担当者は何を見ている?

実際にあった!グループディスカッションの面白いテーマと対策

ここまで見てきたユニークなグループディスカッションのテーマですが、もちろん採用担当者が見たいのは、就活生が夢のある会話をして平和に笑いあっているような光景ではありません。面白いテーマでグループディスカッションを行わせることで、採用担当者が就活生に求めていること、ディスカッション中に見ていることは一体なんなのでしょうか。

ここでは、「取り組む姿勢」、「ユニークなアイデア」、「対人スキルと論理的思考力」という3つの項目をあげていきます。就活の戦略として、これらを踏まえて練習してみるとぐっとクオリティをあげることが可能になります。ぜひ目を通してみてください。

まずは取り組む姿勢

面白くて夢のあるテーマは、裏を返せば回答やグループディスカッションの進め方が難しくなるテーマでもあります。当然ながら匙を投げたような態度はNGです。ややこしくなってきた論展開を前にしてどのように自分の意見をプレゼンし、また周りの仲間の意見をまとめて結論まで持っていくのか、そこに採用担当者は就活生の意欲を見ています。

グループディスカッションでは意欲的に、楽しみつつしっかりと意見をし、バランスよく聞きましょう。口で言うのは簡単ですが、いざ実戦となるとなかなか難しいものです。練習を重ねてうまく慣れていけば、特殊なテーマであっても十分な成果が期待できます。

ユニークなアイデア

グループディスカッションを見ている採用担当者は、ユニークなテーマ、面白いテーマに見合った、若者ならではの柔軟な発想を求めています。柔軟な発想力が企業にとっては大きな戦力となるから、あえてこのようなテーマを出すんです。

日頃から多様なものに対し、自分なりに関心を向け、自分の意見や、他人が面白いと思える言葉を持ちましょう。知見を広げれば、その分だけ色々な分野の人物の考え方、言葉や発想を吸収することができます。

また、多くの人とあって話すことで、会話のスキルを磨いておきましょう。グループディスカッションの際にどんなテーマがきても、しっかりと自己アピールができる土台を持っていることが強みになります。

対人スキルや論理的な思考力

グループディスカッションでは、難しいテーマであるがゆえに、順序立てて考え、しっかりと論を組み立てられる力は非常に重要です。発想力に自信がない学生さんは、まとめ役や聞き役を買って出て、適切に論展開の方向性を動かす役割に回るのも賢い手です。

面白いアイデアを無理に搾り出そうとするよりも、自分の能力をわかった上で身の丈に合わせ、できることをしっかりやった方が好印象です。そこには自己分析の能力や、会社でどのような動きが期待できそうか、といった期待値を見ることができます。

採用担当者が、「この人物を採用することで、会社にもたらされるメリットは一体なんなのか」を明確に想像できることが重要です。外からの目を意識して、グループディスカッションの練習と反省を繰り返してみることで多くのことが見えてきます。

面白いグループディスカッションを成功させよう!

実際にあった!グループディスカッションの面白いテーマと対策

いかがでしょうか。

グループディスカッションで面白いテーマ、ユニークなテーマ、普通では考えられないようなテーマが出てきたなら、「チャンスだ」と思えるくらいの練習量を重ねてみましょう。

グループディスカッションで面白いテーマを出してくる企業は、毎年必ず存在します。つまりはその分だけ、過去問も豊富であるということ。練習に使える題材はかなり多いので、頑張ってみてください。

また、使えるものを全て使っておくことをお勧めします。同じくグループディスカッションに臨む就活生の仲間、高校や大学の教授などです。練習相手として、意見を出し合える仲間として、客観的にグループディスカッションを見てくれる協力者としてです。はたまた、面白いテーマを考えてくれそうな面白い教授なんかがいたら、お願いしてみるのもいいです。

「就活は団体戦」という言葉を忘れず、グループディスカッションに前向きに挑戦していきましょう。

Latests