Search

検索したいワードを入力してください

他己分析のやり方・質問・頼まれた場合・シートの作り方|項目

更新日:2020年08月20日

自己分析だけでは、自分自身の事がよくわからない人がいれば、他己分析をしてみましょう。他己分析ならば、他の人の視点の活用しますので、今までとは全く違った視点で自分自身を見る事ができますから、新たに自分の事がわかる可能性が充分にあります。

他己分析とは?

他己分析とは、自己分析の発展形の物で、自分以外の他者に自分自身を分析してもらう物です。自分の見方と相手の見方は少なからず違っています。したがって、自分自身の新たな魅力などを相手が見つけてくれますので、意外にも他己分析は効果のある物になっています。

特に、就職活動などで活用できますから、興味や関心がある人は積極的に取り組んでみると良いでしょう。

他己分析のやり方

他己分析は、特に就職活動をする時に生きてきます。自分自身を己の視点だけで見つめるのではなく、他の人の視点を利用する事で、これまでとは違った自分自身に巡り会えるようになっています。己と他の人から見た自分自身は違っていますので、他己分析を利用して、具体的にどういう所が同じでは無いかを見極めてみると良いでしょう。

他己分析のやり方は、一人だけではする事ができないので、サークルや部活の友達など誰でも良く、まずは相手を見つけましょう。そこからお互いに、相手に対して、質問をして、答える事を繰り返すと良いでしょう。これを何回も行っていけば、自然と他己分析ができてきて、相手の回答が新たな自分自身を映し出す物になっています。

他己分析の質問

他己分析の質問は、自己分析をする時とあまり変わらなくても良いでしょう。例えば、「私の強みはどういう所か」、「どういう所を改善すると良いか」、「私を一言で表すと何か」です。これらの質問も、自己分析をする時にありそうな物ですが、他己分析の場合だと、相手からの答えが全く違う事が多く、面白さがかなりあります。

自分自身が自分に対して感じている事と、相手が自分に対して考えている事などが違っていると、他己分析を通じて、理解できます。特に他己分析は自分だけではなく、相手の事をよく知る機会にもなりえます。そのため、少しでも興味や関心が出てきた人がいるならば、試しに他己分析を行ってみると良いでしょう。

他己分析を頼まれた場合の対処法

他己分析を頼まれた場合の対処法は、ほとんどの場合で受け入れるようにしましょう。もし、友達から他己分析を頼まれたとしたら、その人からある程度信頼されていると言う事で、断る理由がないです。他己分析は特に信頼関係が重要になってきますので、仲良い友達から頼まれれば、快く承諾しましょう。

その一方で、あまり仲良くない人から頼まれた場合は、丁寧に断る方が良いです。他己分析は相手の事をよく知っていなければ、上手くできない物です。あまり仲良くない人だと、中々難しい部分がありますから、そこだけは充分に気を付けましょう。他己分析は、相手を誰にするかで変わってきますので、相手選びは特に大事です。

他己分析のシートの作り方

他己分析のシートを作りたい人がいれば、その作り方をよく見ておく方が良いでしょう。適切なシートがある方が、後で見返した時に分かりやすく、自分自身のためになってきます。他己分析のシートは、特に就職活動をしている最中に使用する回数が増えますので、かなり大切です。

他己分析のシートを自分なりに書いても良いのですが、やはり既存のやり方に倣う方が賢明なやり方です。見やすさを重視する人は、既存のやり方の方が合っていますので、試しに行ってみると良いでしょう。そうすれば、どれだけ使いやすいかがわかり、本当に自分の手で使用する際に、かなり役立ってきます。

項目

他己分析のシートの作り方で、非常に大事になってくる物がどれだけ多くの項目を作れば良いかです。項目に関しては、より多くの自分自身について知りたい際には、意識的に数を増やすようにしましょう。少しでもたくさんの情報がある方が、自分自身を知る手助けになってきますので、なるべく中途半端な数にはしないように気を付ける事が大事です。

項目が増えていくと、質問をする側も大変になってきますが、そこは頑張ってついて来てもらうようにしましょう。自分自身の事を今までよりも知るためには、周りの人からの視点も無ければいけないので、そういう人の協力を仰ぎながら行うと良いでしょう。そうすれば、これまで全く知らなかった自分自身の事がわかるようになり、より理解が深まります。

自己分析と他己分析の内容を区切る

他己分析のシートを作る時に、自己分析と他己分析の内容を区切ってみると良いでしょう。自己分析でしか見つからなかった内容、他己分析により新たに見つかった内容などを一緒な項目に入れるのではなく、異なる項目に分けて、どういう分析をした時に見つかった物かをはっきりとさせておきましょう。

自分自身の○○な特徴は、自己分析か他己分析のどちからで見つかったかを理解していなければ、就職活動の面接などでは上手く言う事ができなくなり、アピールに繋がらなくなります。もし、少しでも自己分析や他己分析で見つけた自分自身の特徴を生かしたいと考えるならば、それぞれの内容で意識的に区切るようにしましょう。

他己分析の結果

次のページ:他己分析の答え方

初回公開日:2018年04月10日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests