Search

検索したいワードを入力してください

インターンに受からない12個の理由とは?受かるためのポイントを紹介

更新日:2022年04月15日

インターンに受からない場合、自分が否定されているように感じる場合もあります。しかし、そうではなく、ただインターン対策ができていないだけではないでしょうか。今回の記事は、インターン選考の対策や落ちる理由、インターンに受かるポイントを解説していきます。

インターンの選考の実態とは?

インターン選考は基本的に倍率も高いため、受からないこともあるでしょう。

本記事を参考に、インターン選考の対策法やインターンに受かるポイントを把握し、インターン選考に臨むようにしていきましょう。

インターンに受からない12個の理由

インターンに受からないのは、理由があります。ダメなパターンとして、インターンに受からなかった後も、同じような形でインターンを受けまくることです。

インターンに落ちると不安になったり「自分に価値がない」と考えがちですが、インターンに受からない理由を分析して改善すれば、インターンに受かることは可能です。ここでは、インターンに受からない12個の理由を解説していきます。

1:身だしなみやマナーで第一印象が悪く見える

インターン選考では「身だしなみやマナー」も重要です。ビジネスでは第一印象が重要ですので、インターン面接でも第一印象は重要視されます。

寝ぐせがついていたり、よれよれでサイズの合わないスーツを着ていたり、靴が汚れていたりなど、見た目の印象が悪ければインターンに受かる可能性は低いです。まずは外見チェックをしっかり行うことも重要です。

2:企業側が求めている人物像と合っていない

インターンに受からない場合には、そもそも企業側が求めている人物像ではないという場合があります。インターンといっても、企業側は真剣に優秀な学生を探しています。求める人物像も定まっているため、適さない人は受からないでしょう。

面接の際は、その企業に合った受け答えを準備するなど、企業の特性や求める人物像を自分なりに分析して面接に臨みましょう。

3:企業や業界に対する研究が足りない

インターンに受からない人の特徴に「企業や業界に対する研究が足りない」ということがあります。「とりあえず」や「なんとなく名前を知っている」程度の知識でインターンに応募しても、選考では受からない可能性が高いです。

インターンとはいえ、企業としても優秀で熱意のある人材を選考したいでしょう。「なんとなく」より「絶対この企業で働きたい」という意思を持っている人材が好まれます。

インターン選考に受からない場合には、まずは企業や業界に対する知識をつけていきましょう。

4:志望動機の内容が薄く企業側に響かない

インターンに受からない人は、インターン志望先への志望動機が薄く、企業側に響いていない可能性があります。採用担当者としては、インターンであっても本気で会社と向き合って貢献してくれる人材を欲しがっています。

表面上の志望動機は見透かされてしまうため、熱意の伝わる志望動機を考え、面接では精一杯伝えるようにすることが重要です。インターンに受からない場合には、熱意を持って志望動機を伝えきれているのかを考えてみましょう。

5:コミュニケーション力が足りず質問へ答えられない

インターン選考で書類選考を通過しても、面接で受からない人も多いです。面接で受からない場合、コミュニケーション不足の可能性もあります。

面接では、採用担当者から多くの質問を受けます。その際に適切な受け答えができないと、通過は難しいでしょう。

面接は採用担当者との対話の場です。最低限のコミュニケーション能力を身につけなければ、インターンの選考突破は難しくなります。

6:エネルギッシュさがなく印象が悪い

次のページ:インターンに受からない場合はどうすればいい?

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests