Search

検索したいワードを入力してください

インターンシップの4つの種類とは?長期の方が就活に有利なのかも解説!

更新日:2022年04月15日

インターンシップに参加すると就活が有利になると耳にしたことはありますでしょうか。ここではそもそもインターンシップとは、ということからその種類や内容の違い、参加をすると就活に本当に有利なのかといったことについて解説しています。

長期インターンシップに参加した方が就活に有利なのか?

ここまで、インターンシップについて紹介をしてきましたが、次は長期インターンシップに参加した方が就職に有利なのか、ということについて触れていきます。

基本的にインターンシップに参加したから内定を出すといったことはありません。それでは、何故多くの学生がインターンシップに参加するのでしょうか。

必ずしも有利に働くわけではない

まず前提として、インターンシップの目的は働くことへの気づきを与えることとしており、これは採用活動とは異なります。したがって、参加者への優遇は基本的にありません。

このため、前項でも記載の通りインターンシップに参加したから内定を出すといったこともなく、インターンシップに参加をしても、インターンシップ先の企業への就職に結びつかない可能性もあります。

長期インターンシップに参加したからといって、必ずしも本選考が有利になるわけではないと理解しておきましょう。

実務経験やスキルは就活の際の武器になる

長期インターンシップに参加をすることは、必ずしも就活を有利にするものではありません。

しかし、長期インターンシップに参加することで、現場でビジネスの仕組みを直に学ぶ、第一線で働く社会人と接する、実務スキルの獲得といった経験を得ることができます。

こうした実務経験やスキルを学生生活の中で得ることは難しいです。もしインターンシップ先の企業への就職に結びつかなくても、インターンシップでの実地経験が就活での武器になり、結果的に就活を有利に進められる可能性があります。

自分に合うインターンシップの探し方3つ

インターンシップについて、大体の概要はつかめましたでしょうか。ここからは、自分に合うインターンシップの探し方という観点で3つの方法を紹介します。

ただし前提として、自分に合ったインターンシップに参加するためには、アンテナを張って情報をキャッチし、素早く行動することが大切です。情報収集と素早い行動を心掛け、自分に合ったインターンシップを見逃さないように注意しましょう。

1:インターンシップを通して得たいことは何かを考える

自分に合うインターンシップの探し方の1つ目は、インターンシップを通して得たいことは何かについて考えるという方法です。

この方法では、はじめに職場での就業体験をしたい、グループワークをしたいなど、自分の目的を明確にし、この目的に沿った内容をインターンシップのプログラム内容から絞り込むという方法です。

この方法は興味のある業界や企業は特にないものの、インターンシップを通じて体験したいことがある人におすすめです。

2:興味のある業界や企業から探す

2つ目は、興味のある業界や企業から探すという方法です。業界は大きく「メーカー」「商社」「流通・小売」「金融」「サービス・インフラ」「ソフトウエア・通信」「広告・出版・マスコミ」「官公庁・公社・団体」の8つに分類されます。

基本的にはこれら8つの業界や実際の企業から、自分の興味のあるもので絞っていくと良いでしょう。業界や職種に明確な考えがない場合は、適職診断や自己分析の結果を参考にインターンシップ先を決めるという方法もあります。

3:就活情報サイトなどでチェックする

次のページ:インターンシップの種類や内容の違いについて理解しよう

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests