Search

検索したいワードを入力してください

インターンシップに参加するには?時期や申し込み方法から有意義にするコツを紹介

更新日:2022年04月15日

企業開催のインターンシップに参加する方法を紹介します。インターンシップでは業務経験を通じてさまざまなことを身に付けることができます。また、参加することで他大学の生徒や社会人の人と交流を持つことができ、通っている大学以外で人脈を築きやすくなります。

インターンシップとは?

就職活動について調べる中で、インターンシップという言葉を目にしたことがあるでしょう。インターンシップにはさまざまな種類があるため、どのようなことから手を付けていけば良いか悩んでいる方も多いでしょう。

学生がインターンシップの参加は、就業体験などを通じて業務内容を詳しく学ぶことができるため、その後の就職活動を有利に進めていくことができます。

参加費用はかかるのか?

インターンシップに参加する際の費用はかからない場合が多いですが、通勤費用である、交通費がかかる場合があります。かからない場合は、企業に交通費が申請できる場合です。

アルバイトとの違い

インターンシップに参加し就業経験を積むことは、アルバイトとして働いて給与を受け取ることとは異なります。

アルバイトは企業で働き、労働の対価として収入を受け取ることを目的としています。しかし、インターンシップの場合は企業で働いていくためのスキルや技術を身に付け、業務内容を理解し、企業内で働いていく適性を備えるために行われています。

インターンシップの実施期間は?

インターンシップにはいくつかの種類があり、その種類によって実施される期間が異なります。

1Dayインターンは文字通り1日のみで行われるものです。また、短期や中期のインターンシップは1週間から1カ月間程度で実施され、長期のものでは1カ月から4年間程度の期間で行われます。

自身の都合や学業との兼ね合いでそれぞれのインターン先を選択することができます。

インターンシップの参加時期はいつ?

続いて、インターンシップの参加時期について紹介していきます。

インターンシップは企業が学生との繋がりを持つ場として催されることもあり、学生が長期の休みを取ることのできる夏期と冬期に行われることが多いです。

夏期のインターンシップは学生に企業を知ってもらう目的で開催され、秋期や冬期のインターンシップでは会社側が優秀な学生の囲い込みを行うために実施されます。

夏期と冬期が一般的

インターンシップは主に夏期と冬期に多く開催されています。

夏期と冬期どちらも長期、短期で参加が可能となっており、企業は学生が長く休みを取ることのできる期間に開催しています。

開催時期によって違いはあるのか?

インターンシップは開催される時期により、いくつかの違いがあります。

夏期のインターンシップの場合であれば、企業のブランディングを形成するためや学生との関わりを持つために開催されます。

また、秋期や冬期のインターンシップでは選考の意味合いも高くなるため、参加して自身を上手にアピールすることができれば、内定を受ける機会を得ることができます。

インターンシップに参加する3つの目的

次のページ:インターンシップに参加する3つのメリット

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests