Search

検索したいワードを入力してください

大学院生がインターンシップを行うメリットとデメリット|注意点も紹介

更新日:2022年04月15日

大学院生はスケジュール面がハードであるため、インターンシップに参加するのは難しいケースがあるでしょう。しかし、就活などの面において大学院生のインターンシップは非常に重要です。本記事では大学院生のインターンシップのメリットやデメリット、注意点を解説します。

大学院生のインターンシップとは?

大学院生にとって、インターンシップは非常に重要な活動であると言えます。大学院生は研究等が忙しいため、「インターンシップをやっている暇などない」と決めつけてしまうケースが多い傾向にあります。

しかし、大学院生にとってインターンシップを経験しているか否かで就職活動等において優位に立てるか否かが大きく異なる場合があるため、積極的に参加することが推奨されます。

大学生のインターンシップについてメリットやデメリット、注意点等を解説します。

大学院生がインターンシップを行う3つのメリット

大学院生は研究などで非常に忙しいため、インターンシップを行うのはスケジュール的に厳しくなりやすいのは事実です。しかし、大学院生がインターンシップを行うことで得られるメリットは大きいと言えます。

そのため、就職活動で優位に立てる可能性が高くなるでしょう。

大学院生がインターンシップを行うメリットを、具体的に3つ解説します。

1:実務を経験できる

大学院生がインターンシップを行うメリットとして、実務を経験できることが挙げられます。

大学院生としての研究内容を実務としてアウトプットできるため、学びをより深められるようになります。研究だけでは説得力に欠ける論文の内容を、実務経験による有益なデータ等で強化できるようになります。

インターンシップは、研究室の仲間や教授以外の人々から意見を聞ける貴重な場でもあるでしょう。

2:学業が社会に役立つことを実感できる

大学院生がインターンシップを行うメリットとして、学業が社会に役立つことを実感できるという点が挙げられます。

長期のインターンシップを行えば、自らが研究している学業がどのように社会の役に立つのか、その度合いを実感できるようになります。

インターンシップ先の許可を得た上で、論文を書く際のデータとして役立てることも可能です。

3:就職に役立つ

大学院生がインターンシップを行うメリットとして、就職に役立つという点が挙げられます。

インターンシップに参加することで企業に対してアピールもできますし、自らが研究してきた学業がどのように役に立つかを面接で話す際に説得力が増します。

大学院生がインターンシップを行う3つのデメリット

大学院生のインターンシップは多くのメリットがある一方で、大学院生のインターンシップにはデメリットも存在します。

大学院生がインターンシップを成功させるためには、デメリットをあらかじめ把握したうえで、どのような点に注意すべきかを理解しておかなければなりません。

大学院生がインターンシップを行う際に気をつけなければならないデメリットを、具体的に3つ解説します。

1:理系の場合は研究との両立が難しい

大学院生がインターンシップを行う際に気をつけなければならないデメリットとして、理系の場合は研究との両立が難しいという点が挙げられます。理系の研究は忙しいため、スケジュールを組むのが難しい傾向にあります。

場合によってはスケジュール調整が上手くいかずに就活のスタートが遅れるなど、逆効果になってしまうケースもあるため、注意が必要です。一年目のまだ時間が取れる時期にインターンシップを行うことが推奨されます。

2:業種にこだわってしまう

大学院生がインターンシップを行う際に気をつけてなければならないデメリットとして、業種にこだわってしまうという点が挙げられます。大学院生はインターンシップ先を、自分の研究内容と結びつけて選びがちです。

しかし、その結果として選択肢が狭まってしまい、結局どのインターンシップにも参加できずに終わってしまうケースも存在します。インターンシップ先は、選択肢を広げて選ぶようにしましょう。

3:文系の場合は専門性を活かせない場合が多い

次のページ:大学院生が長期インターンシップを行う際の注意点

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests