Search

検索したいワードを入力してください

大学院生がインターンシップを行うメリットとデメリット|注意点も紹介

更新日:2022年04月15日

大学院生はスケジュール面がハードであるため、インターンシップに参加するのは難しいケースがあるでしょう。しかし、就活などの面において大学院生のインターンシップは非常に重要です。本記事では大学院生のインターンシップのメリットやデメリット、注意点を解説します。

大学院生がインターンシップを行う際に気をつけなければならないデメリットとして、文系の場合は専門性を活かせないことが多いという点が挙げられます。研究さえ充実させれば大丈夫、という考えでは失敗するケースが多い傾向にあります。

インターンシップを行う際は、いかに企業にアピールできる要素を充実させるかに着目して準備する必要があると言えるでしょう。

大学院生が長期インターンシップを行う際の注意点

大学院生にとって相性が良いインターンシップは、長期インターンシップであると言えます。しかし、長期インターンシップを行うにあたって気をつけなければならないことがあります。

それはインターンシップ先を選ぶ際の勤務日数についてです。大学院生はスケジュールがハードであるため、無計画にインターンシップ先を選んでしまうと行ける日数が限られてしまいます。

十分に勤務日数を確保できるインターンシップ先を探して行うことが、大学院生のインターンシップにおいて重要であると言えます。

大学院生におすすめのインターンシップ先

大学院生にとってインターンシップは、得られるものは非常に大きいため、積極的に参加すると良いでしょう。その際のおすすめのインターンシップ先を知っておきましょう。

理系と文系でおすすめのインターンシップ先は異なるため、それぞれ理解しておく必要があります。大学院生におすすめのインターンシップ先を、理系と文系それぞれにおいて紹介します。

理系の場合は大手メーカー

大学院生におすすめのインターンシップ先として、理系の場合は大手メーカーが挙げられます。理系は専門性を活かしやすいため、自らの専門分野に適した大手メーカーを選べば企業にアピールしやすくなります。

文系との差別化を図りやすいため、競争リスクが低減できるというメリットも存在します。

文系の場合はコンサルティング企業や商社

大学院生におすすめのインターンシップ先として、文系の場合はコンサルティング企業や商社が挙げられます。これらのマーケティング系企業は文系分野と相性が良いため、研究内容が活かせる貴重なインターンシップ先であると言えます。

大学院生でもインターンシップに参加してみよう!

大学院生にとってインターンシップはスケジュールの面で厳しい部分も多く、事前に情報を集めて準備を万全にしておく必要もあります。

しかし、インターンシップは大学院生にとって有意義であり、就活などにおいて非常に重要なものであると言えるでしょう。積極的にインターンシップに参加してみましょう。

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests