Search

検索したいワードを入力してください

社会人向けのエンジニアのインターンとは?社会人向けインターンの目的や種類

更新日:2022年04月15日

社会人向けのインターンがあることをご存じでしょうか。インターンとは、現在の仕事を辞めなくても他の企業の仕事を経験できる職業体験のことです。エンジニア系のインターンではITスキルを磨けます。この記事では、インターンの目的や種類を紹介していきます。

社会人向けのエンジニアのインターンとは?

現在、社会人が仕事をしながら、他の企業の仕事を体験できるのが社会人のインターンシップです。エンジニアのインターンの主な業務は、プログラミング言語を使って既存サービスの運用や改善だけでなく、新規サービスの企画や設計・実装等をすることです。

インターン先の企業によって使っているプログラミング言語の種類や求められるスキルが違うため、自分のスキルに合う企業を探しましょう。

社会人のインターン内容

インターンでは、実際の仕事を体験したり、出された課題への取り組み・インターン先の社員の講義等があります。

その他には、参加先の企業の仕事体験や企画立案や課題解決などのテーマにチームで調査・議論・結果発表をするグループワーク、参加先企業の社員による講義やレクチャーなどのプログラムに参加できます。学生とは違い、実務経験もあるため時給が発生することも多いです。

社会人のインターンの目的

社会人のインターンの目的は転職だけでなく、経験や人脈を得ることや自分の市場価値を知るなどの目的があります。

転職のためにインターンに参加する人もいますが、今後の転職準備として参加する人もいます。

未経験の業種を経験したい人や現在いる企業とは別の経験を持つ人との交流は、新たな経験値となるでしょう。異業種を経験してみることで、自分の職場の良さを再確認・新発見することもできます。

エンジニア未経験募集の意味

IT系エンジニアの募集での「未経験」は、実務としては未経験の意味であり、プログラミングの経験・知識等が全くない状態のことを指していません。

IT系のエンジニアの需要は非常に高まっていますが、プログラミングの経験や知識がなければ即戦力とはなりません。IT系エンジニアを目指しているのにプログラミングの知識がなければ、やる気がないと思われてしまいます。

IT系を目指している人は、事前にプログラミングの学習をしておきましょう。

社会人向けのインターンの種類4つ

社会人向けのインターンには、期間によって4つの種類があります。

数か月単位の長期インターン、数週間単位の短期インターン、1日だけの1dayインターン、海外でのインターンの4種類です。

特徴はそれぞれありますが、自分の希望や在職中の仕事に合わせて選びましょう。気軽に参加できるものから、しっかりと企業のことを経験できるものまであります。

1:長期インターン

長期インターンとは数か月で参加するインターンのことで、最初に期間が設定されている場合と、参加している間に期間を変更する場合があります。

長期インターンは、企業の組織に所属し社員と通常業務を一緒にこなすことが多いため、戦力として扱われ、成果を求められる場合もあります。

終業後や土日に参加できる場合もあるため、在職中の仕事で時間の融通が利かない人でも参加しやすいです。長期間になる分、在職中の仕事もインターンの仕事も無理なくできるように事前に調整しておくことが必要です。

次のページ:社会人向けのインターンの3つのメリット

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests