Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月13日

【状況別】どん底から這い上がる方法・おすすめの名言・映画・本

仕事の苦悩や失恋などで心が谷底に堕ちることがあります。どん底から這い上がるには、どうすれば良いのでしょうか。この記事では、どん底から這い上がることに関する諺や名言、どん底から這い上がる時に観たい映画など、どん底から這い上がる方法を詳しく紹介します。

状況別どん底から這い上がる方法

【状況別】どん底から這い上がる方法・おすすめの名言・映画・本

順風満帆な人生などありません。人は必ず思いがけない試練や苦悩の壁にぶつかります。心が地獄の谷底に堕ちる時もあるでしょう。心が弱っている時にどん底から這い上がることは大変です。

苦悩にも種類があります。病気の苦労は避けたいのが本音でしょう。しかし、どれだけ健康に気をつけていても大病にかかる人はいます。運命としか言いようがないことが人生には起こります。

経済苦も同じです。貧困は生活を破壊し、心まで破壊します。そして、人間関係の悩みは、ほとんどの人が体験しているでしょう。同じ職場にパワハラ上司がいれば毎日が憂鬱です。人間関係の中でも最たる苦悩は家庭不和です。家庭に居場所がなければ心が休まる時間がありません。

闇が深ければ暁は近い

どん底から這い上がる秘訣は、楽観主義です。楽観視と楽観主義は違います。全てを前向きに捉える強い生き方が楽観主義です。物事をすぐに悲観的に捉えるのが悲観主義です。後ろ向きの考え方では、どん底から這い上がることはできません。

夜明け前は一段と暗くなることから「闇が深ければ暁は近い」という言葉があります。まさに楽観主義です。「やまない雨はない」も同じ意味です。永遠に雨が降り続けることはありません。どん底から這い上がる気持ちがあるならば、前向き思考になることです。

発する言葉は大事です。嘆きの言葉は百害あって一利なしです。「バカバカしくてやってられない」「私の人生は終わった」という嘆きの言葉を吐いている間は、延々暗いトンネルから脱げ出せません。感動的な言葉、希望に満ちた朗らかな言葉を発することが、どん底から這い上がる秘訣です。

人生は大河ドラマ

【状況別】どん底から這い上がる方法・おすすめの名言・映画・本

「自分さえ良ければ他人はどうなってもいい」「自分だけ幸せならそれでいい」というのはエゴイズムです。このような考え方では到底幸福にはなれません。苦労する意味は、人の痛みがわかるということです。人の苦痛がわかるというのは、人間にとって財産です。

人生は劇です。長い大河ドラマです。始めから終わりまで順風満帆ではドラマになりません。ひとたび苦悩に沈んでも、どん底から這い上がるから劇的です。苦しみの底に沈んで初めて見えるものがあります。それを見たあなたは、どん底から這い上がる劇を見事に演じ切れるはずです。

人の苦痛がわからなければ、一杯50万円のワインを飲んで、それを自慢する人間に成り下がります。浅い考えを捨てて、深き自分になるための苦労です。貧しさを経験したからこそ、経済苦の人にリアルな励ましができます。病苦も人間関係の悩みも原理は同じです。

失恋のどん底から這い上がるには

切ない片想いも両想いも、恋の悩みは人の心をかき乱します。好きな人と会話を交わすだけで幸せを感じることもあれば、冷たい態度を取られただけで激しく動揺し、不安な夜を過ごすこともあります。一方的に別れを告げられたり、告白したのに振られたら、心がどん底に堕ちます。

失恋のどん底から這い上がることは困難です。無理に忘れようと考えることはありません。本気で好きなら歌謡曲の歌詞のように、死ぬまで一生忘れられません。スポーツや仕事など夢中になれるものを探しても、愛しい人を思い出しては胸が締めつけられ、再び失意のどん底に堕ちます。

自棄酒を飲んで一夜で失恋のショックから立ち直れたと自慢する人がいます。しかしそれは、それほど好きではなかったということでしょう。失恋した時は無理に立ち直ろうとしないことです。

失恋した時にはラブソングで心を癒す

【状況別】どん底から這い上がる方法・おすすめの名言・映画・本

強がって無理に立ち直った振りをしたところで、何かの拍子に思い出し、再び落ち込むということを繰り返します。それよりも、失恋したのだから落ち込むのが当たり前と、ありのままの自分を受け入れ、ラブソングを聴いて思い切り泣くことです。

ラブソングは胸に響きます。癒しになります。大好きな人のことを心に抱きながら、耳に流れて来るメロディに身を任せ、歌詞が心を突き刺そうとも、気の済むまで恋の歌を噛み締めます。音楽には人の心を蘇生させる力があります。涙で心が洗われ、感情的な自分を誇りに感じます。

おすすめのラブソング

基本的には自分の好きな曲を聴くのが一番ですが、心を癒し、思い切り泣けるラブソング10曲を挙げましょう。傷ついた心を涙で洗い流した後は、悲しみのどん底から這い上がる光が見えるでしょう。

無理に上がるのではなく、沈んだ心を一旦癒してから、徐々に気持ちを上げていくのが、失恋のどん底から這い上がる秘訣です。

曲名歌手名
碧い瞳のエリス安全地帯
オリビアを聴きながら杏里
もう恋なんてしない槇原敬之
真夏の果実サザンオールスターズ
つぐないテレサテン
Woman薬師丸ひろ子
なごり雪イルカ
前前前世RADWIMPS
LOVE LOVE LOVEDREAMS COME TRUE
フレンズレベッカ

新しい恋でどん底から這い上がる

なぜ別れたのか、なぜ失恋したのか、その原因を考えることも大切でしょう。同じ失敗を繰り返さないためにも、反省は大事です。しかし、相手のワガママということもあるし、答えが出ない場合もあります。

失恋のどん底から這い上がる一番の力は、新しい恋です。新しい出会いには希望があります。あれだけ好きだった人への想いが薄れていることに気づく瞬間があります。無理して忘れないように執着するよりも、新しい出会いに胸を膨らませる方が楽しいです。

新しく好きになった人の前では、絶対に前の恋人の悪口を言わないことです。一方的に振られたとしても、相手を悪く言わない姿は素敵に映ります。以前好きだった人のことを悪く言う姿は最悪に映ります。新しい恋も逃すでしょう。もちろん、前の恋人を褒め過ぎるのもNGです。

仕事の苦悩のどん底から這い上がる方法

好きなことを仕事にしている人はひと握りです。多くの人が生きるために働いています。OLやサラリーマンは組織の中で上下関係を嫌でも感じ、ストレスが溜まることもあるでしょう。パワハラ上司やセクハラ上司が身近にいると、毎日が憂鬱になります。

笑えないパワハラやセクハラもあります。冗談では済まない人権無視のハラスメントでどん底に突き落とされる人もいます。勤務先がブラック企業の疑いがあるならば、転職という道もあります。無理に「負けてはいけない」「逃げてはいけない」と我慢して病気になってしまったら無意味です。

人に対して「甘い」と言う人がいます。根性論を持ち出す人は、現代のパワハラやセクハラ、あるいはブラック企業の実態を理解していない人です。賢明に判断し、転職がどん底から這い上がる方法なら問題ありません。決して逃げではありません。

上下挟み撃ちのどん底から這い上がるには

職場での人間関係の悩みは、上司のパワハラやセクハラの他に、下からの突き上げがあります。生意気な後輩や部下に悩む人もいます。少し厳しく注意すると「それって強制すか」と睨み返すような社員がいると、面接で合格させた幹部を恨む気持ちが芽生えるでしょう。

パワハラにならないように人一倍言葉遣いに気をつけて、部下や後輩に優しい上司は、本来皆から尊敬されても良いのですが、叱らないからと舐めてかかる者もいます。そういう優しい上司は、上下からの挟み撃ちでストレスが溜まり、打ちのめされてしまう危険性があります。

仕事場は戦場です。正しいか間違っているかより、もっと大切なのは勝つか負けるかです。上下挟み撃ちのどん底から這い上がる根本的な解決方法は、強くなるしかありません。優しい人には春風のように接し、舐めた人間にはライオンの如く接する強さが必要です。人生は勝負です。

どん底から這い上がることに関する名言・言葉

【状況別】どん底から這い上がる方法・おすすめの名言・映画・本

言葉には力があります。「頑張れ」という声援よりも「頑張らなくてもいいんだよ」という優しい言葉が、人の心を安心させることがあります。「逃げてはいけない」という叱咤に逃げ道を失った人が「逃げてもいいんだよ」との励ましの言葉で、救われる場合があります。

偉人の名言や格言は、時に厳しい言葉が多いです。しかし、逆境や試練を乗り越えた詩人や文豪の言葉には、どん底から這い上がるヒントがあります。

喜びとは苦悩の大木に実る果実である

「喜びとは苦悩の大木に実る果実である」「笑い声は太陽。人々の表情から冬を追い払ってくれる」「海よりも広いものがある。それは空だ。空よりも広いものがある。それは人の心だ」(ヴィクトル・ユゴー)

「何の試練も受けていない者は、試練を受けている人に何も教えることはできません」(レフ・トルストイ)

「あなたの夢は何か。あなたが目的とするものは何か。それさえしっかり持っているならば、必ず道は開かれるだろう」(マハトマ・ガンジー)

「1人の子供、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン。それで世界を変えられます」(マララ・ユスフザイ)

大切なのは自信を持つことだ

「人に大切なのは、自信を持つことだ。私が孤児院にいた時、腹を空かせて街をうろついて食い物をあさっていた時でも、自分は世界一の大役者ぐらいのつもりでいた。つまり勝気だったのだ。こいつをなくしてしまったら、人は打ち負かされてしまう」(チャールズ・チャップリン)

「人間はまじめに生きている限り、必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。しかし、それを自分の運命と受け止め、辛抱強く我慢し、さらに積極的に力強くその運命と戦い、いつかは必ず勝利するのである」(ベートーベン)

どん底から這い上がることわざ

何百年も前の諺が現代の人々に勇気や活力を与えるというのは素晴らしいことです。例えば「鬼に金棒」という言葉は、約700年前の鎌倉時代にも使われていました。弱い者が金棒を持つのではなく、素手でも十分強い者が金棒を手にするから最強無敵です。

人間の胸中には無限の可能性が秘められています。西郷吉之助は、自分も貧しいのに、お金に困っている人を見ると助けてしまいます。これほど強く優しい人が経済力を手にしたら、まさに鬼に金棒です。西郷隆盛に限らず、人間とは本来強いものと捉えることが、どん底から這い上がる力になります。

口は災いの元

「口は災いの元」です。「俺は口は悪いけど腹はいい」と言うのは自己満足で、言葉に気をつけない人は、知らず知らず多くの人の心を傷つけています。一流の人は、人一倍言葉遣いに気をつけています。災いは口より出て身を破ります。日頃使う言葉を見直すのも、どん底から這い上がる秘訣です。

冬来たりなば春遠からじ

「冬来たりなば春遠からじ」です。冬は必ず春になります。四季という大自然のリズムは毎年変わりません。冬から秋になったという話は聞いたことがありません。人生の冬の時代も同じです。大雪の中で凍えるような日々でも、必ず春は来ます。どん底から這い上がる日が来ます。

笑う門には福来たる

「笑う門には福来たる」です。幸せだから笑うのではありません。笑うから幸福が集まって来ます。笑いは自分だけではなく、周囲も幸せな気持ちに変えます。笑顔の花を咲かせることが、どん底から這い上がる秘訣です。

どん底から這い上がる時に見たいおすすめの映画

苦悩のどん底から這い上がるためには、パワーが必要です。大きな感動やスーパーアクションなど、外からの刺激で内に秘めた力を引き出すのも、どん底から這い上がる秘訣です。

パワーを引き出す方法として映画が最適です。どん底から這い上がる時に観たいすおすすめの映画を紹介しましょう。

どん底から這い上がる時に見たいアニメ

アニメ映画は、大きな感動を得られる傑作が多いです。苦悩の底に沈んでいても、衝撃的な感動で勇気が湧き、もう一度頑張ろうという希望の光が見えてきます。どん底から這い上がる活力が漲るアニメ映画を紹介しましょう。

風の谷のナウシカ

『風の谷のナウシカ』(1984年)は、人生を変えるほどの衝撃的な感動があります。宮崎駿監督の最高傑作といっても過言ではないでしょう。最高の音楽と溢れるメッセージが胸を打ちます。後半からクライマックスへと続く雪崩込みは衝撃シーンの連続です。

見飽きない作品!
ストーリー・キャラ共に 大好きな映画です。
平和について 自然について 考えさせられる作品なので 子供達に是非見てもらいたいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E8%B0%B7%E3%8... |

耳をすませば

『耳をすませば』(1995年)は、感涙押さえ難い感動の名作です。ジブリといえば『天空の城ラピュタ』や『もののけ姫』のようなSF超大作が浮かびます。『耳をすませば』は中学生の日常を描いた物語ですが、SF超大作と遜色ない大きな感動が待っています。クライマックスで思い切り号泣してください。

ジブリ作品の中で一番好きです。作品の舞台もいいし、挿入歌の歌もいい。そして、雫の感情の移り変わりも見てて心地いい。なんか、夏の蒸し暑いときに、クーラーの効いた部屋でじっくり観たい作品です(笑)

出典: https://www.amazon.co.jp/%E8%80%B3%E3%82%92%E3%81%99%E3%8... |

どん底から這い上がる時に見たい洋画

どん底から這い上がるパワーが欲しい時は、アメリカ映画が最適です。アクション映画やSF映画も、ただ迫力があるだけでなく、深いテーマやメッセージが込められています。もう一つは、どん底から這い上がる主人公が悲劇を乗り越える作品がおすすめです。

ターミネーター2

悪役が主役という衝撃のSF超大作『ターミネーター』(1984年)の続編である『ターミネーター2』(1991年)は、正義の味方となったT2(アーノルド・シュワルツェ・ネッガー)が大暴れの痛快SFアクションです。しかし、ただ暴れるだけでなく、本当に泣けて泣けて仕方がないシーンが何度もあります。

何度見ても飽きないです!
1と2は同じ監督さんの作品なので続けて見るとジョンだけでなく、母親の心情が変わっていく様子も見どころですね

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%8... |

ニキータ

『ニキータ』(1990年)は胸が締めつけられる悲劇です。どん底から這い上がるニキータ(アンヌ・パリロー)の物語ですが、選択肢のないギリギリの生き方が切なく、胸に迫ります。猛犬に遭遇した時のニキータの泣き顔が忘れられません。

リュック・ベッソン監督の映画は大好きです。
すごく観ている人を引き込んでいく映画のパワーを感じます。
ニキータは観ているとすごく切ない気持ちになってきます。
何度観ても飽きないですね

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%8... |

どん底から這い上がる時に見たい邦画

どん底から這い上がる時に見たい邦画はたくさんありますが『劇場版ATARU』(2013年)がおすすめです。サヴァン症候群のアタル(中居正広)と殺人犯のマドカ(堀北真希)の他人が理解できない関係が主軸です。悲劇のヒロイン・マドカには泣かされます。

メガホンを取ったのは『99.9-刑事専門弁護士-』の木村ひさし監督なので、プロレスギャグが満載で、プロレスラーも警察官役として登場します。

一言で言うとアタル・マドカの事件がらみの恋愛モノ内容的には所々にコミック的な笑いあり、サイバー攻撃等見せ場は要所にあり
中居正広の演技がやはり見所だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/ATARU-FIRST-%E3%83%96%E3%83%AB%E... |

どん底から這い上がる時に読みたいおすすめの本

【状況別】どん底から這い上がる方法・おすすめの名言・映画・本

どん底から這い上がる時に読みたいおすすめの本といえば、エッセイです。実際に苦難を乗り越えた体験談をドラマチックに描くエッセイは、どん底から這い上がるためのヒントが満載です。

矢沢永吉著『成りあがり』や横浜銀蠅リーダー・嵐著『散りぎわ死にぎわ』、そして、アントニオ猪木著『苦しみの中から立ち上がれ』など、エッセイがおすすめです。どん底から這い上がるプロセスはそれぞれ違うのでためになります。

どん底から這い上がるためには闘魂が必要です。闘争心があれば、どん底から這い上がることができます。その闘志さえ消えそうな谷底に落ちた時、あなたを救うのは夢です。夢があれば、どん底から這い上がることができます。

どん底から這い上がる時に読みたいおすすめの小説

ヴィクトル・ユゴー著『レ・ミゼラブル』は、主人公のジャン・ヴァルジャンが、どん底から這い上がる物語です。ジャン・ヴァルジャンは、悲運の少女コゼットとの出会いから大きく人生が開けます。コゼットも、最後までどん底から這い上がることができなかった母の分まで、苦境に耐え、どん底から這い上がる道を選びます。

逆境が強い心を鍛える

【状況別】どん底から這い上がる方法・おすすめの名言・映画・本

病苦や経済苦、仕事や失恋など状況別のどん底から這い上がる方法、どん底から這い上がる時に観たい映画や読みたい小説、あるいは諺や名言など、どん底から這い上がる秘訣を色々な角度から紹介しました。

どん底から這い上がるための特効薬は、残念ながらありません。弱い心だと苦難の急坂を上がれません。どん底から這い上がるためには強くなる以外にありません。強い心は逆境で鍛えられます。

今の苦労は、将来にもっと大きな苦難も悠々と乗り越えるためのレッスンと前向きに捉え、強い心を鍛え上げることです。強い心を鍛えることが、絶対に崩れない幸福をつかむ近道です。

Latests