Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月03日

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

職場に嫌いな女性はいませんか?どこの職場にも人間関係がつきまとっていてストレスが溜まってきます。女性同士の人間関係さえ悩まなければどんなに楽なのかと、みんなが一度は考えたことがあるはずです。どのようにしたら改善されるのか参考にしてみましょう。

女性同士の職場の人間関係の特徴あるある

せっかく自分のやりたい仕事を見つけることができたのに、人間関係が悪い職場があります。ほとんどの人は人間関係が原因で辞める人が多いです。男性よりも女性の方が多く、こればかりは年代問わずに辞職する傾向が高いです。

せっかく資格を取ったり手に職を付けた人によっては人間関係で仕事を辞めるのは死活問題です。長期で働きたいのに人間関係で悩んでいたら、転職を考えてしまうのは仕方のない事です。

女の敵は女とも言いますが、そもそもなぜ女性の多い職場では人間関係が悪くなるのでしょうか。またどのようなことが職場で行われているのか分析してみます。

とにかく無視される

女性は初対面の人に対して、容姿や年齢を把握しておこうとする心理が働きます。初出勤して挨拶をすると、いきなり無視されてしまったという経験ありませんか?

挨拶というのは人間としての礼儀や朝のコミュニケーションです。その朝の挨拶一つで一日の仕事に対する気持ちが整います。

初日で「あの人には気を付けよう」との思いが湧いてきます、これ以上突き進んだらいい事がないという「防御反応」です。

この本能が脳内にインプットされ、なるべきその人に近づかないようにしょうという思いが湧いてきます。初対面で無視されたとしても、こちらに非があったわけではないのなら、重く受け止めないようにしましょう。

わざと聞こえるような陰口を言われる

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

仕事を始めてから数日が経過してきたころには慣れてきて、仕事の流れもだんだんとわかってくる頃です。さらに気持ち的にも余裕がでるようになります。

ところが、仕事に慣れ始めたころを見計らってかのように、特に職場の女性たちも、新人の上げ足を取るかのように何かしら悪い部分を見つけるようになります。

新人さんが仕事を覚えるのが早く、その仕事っぷりが上司に認められるようになると、女性というのは「嫉妬心」というのが湧いてきてしまい、何かにつけて本人にわざと聞こえるように悪口を言うような行動を起こしてきます。

これは一人で行うものではなく、一人が二人になり、二人が三人になり、どんどん拡大していきます。そして自分たちのテリトリーを作り出し、みんなで一人に対して白い目で視線を送ります。

職場の人間関係のストレスを溜めないようにするには?

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

凡人の言葉を気にしない

女性同士の職場の人間関係のゴタゴタがあった場合、誰かに相談しても「とにかく気にしない事」と言われてしまいます。でも第三者に相談しても「他人事」だと見えて、さらにストレスが溜まってしまいます。

これは全くの逆効果です。ただ相談というよりは愚痴を聞いてもらいましょう。それだけでも気持ちが楽になります。

気にしないようにしようと頭で考えても、自分に対しての予期せぬ陰口が聞こえてくれば、気にしないというよりも、怒りがこみ上げてしまう方が勝ってしまいます。

ですが、いちいち受け止めるというのではなく、この人達は「つまらない人間なんだ、むしろかわいそう」という思いで受け止めましょう。職場の人間関係のほとんどは嫉妬心の塊です。

仕事と思って割り切る

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

毎日仕事をしに来て毎月お給料を頂いて生活をしてるのですから、職場の最悪な人間関係に振り回されるのは悔しいです。

むしろ人間関係を築くために職場に顔をだしているのではありません。もし職場に少しでも男性がいるのであれば、それなりに女性同士の人間関係が緩和されていいのですが、全部の職場がそうとは限りません。

それでも人間関係が改善されないのであれば、業務連絡や報連相以外のの会話をしないようにしましょう。少しでもコミュニケーションを取るつもりで雑談をしてしまえば、相手の思うツボです。

女性として少しでもコミュニケーションを取ってしまえば、新たなネタの材料とされて、ありもしない噂話が職場内にすぐに広まってしまう可能性があります。

職場の人間関係を良好に保つ方法ってある?

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

職場の人間関係さえ良ければと、心を痛めている人がほとんどです。これは女性同士だけではなく、男女問わず関係ないものですが、特に女性の多い職場の人間関係はドロドロです。

特に幅広い年齢層でも職場は意見の食い違いや、生活の価値観が違って当たり前です。そして年齢を重ねた女性はプライドが高い上に、若い子達に嫉妬を抱いてしまう心理が働きます。

このように幅広い年齢層でも、職場でうまく人間関係を築き上げ得るために、どのような方法があるのでしょうか。女性の特徴は、自分に持っていない物を嫉妬する特徴があります。

このような女性の心理をうまく受け入れ、お互い気持ちよく仕事ができるような環境を作りましょう。

とにかく笑顔!

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

社会人として笑顔がとても大切です。職場での朝の挨拶は一日を左右するくらい大切なものであり、そこに笑顔がプラスされれば、お互い気持ち力一日を過ごすことができます。

ましてや人間関係はそこから築かれるほど重要です。また口角を挙げることで脳が幸せだと勘違いするほど笑顔という魔法は凄い力を発揮します。

毎日職場で嫌いな上司や同僚の女性などに合わなければいけないというストレスがあれば、朝から気持ちが沈んでしまい、それが主に顔に出てしまいます。

そうなれば、自分をターゲットにしている人たちが、また陰口をするネタとして成長してしまいます。自分から不幸になる種を撒いているという事です。

もしかしたら他にも自分に原因があると考える事が大切です。先ほどのように笑顔になれば、自分の気持ちにも余裕ができ、相手も幸せにしてくれます。毎日笑顔を続ければ、職場の人間関係も知らずのうちに改善されて行きます。

けっしてNO!とは言わない

自分より年齢が上の人は、その分人生経験が豊富だと主張する場合があります。確かに人生経験は豊富ですが、この内訳は自分のもの差しで見た時、必ずしも他の人でも同じことではありませんが、もし職場で同じ女性としてのアドバイスをされたとしても、決して否定をしないようにしましょう。

人生これまで育った環境がそれぞれです。女性の人間関係は「見返りを求める」という心理もあります。そのためアドバイスとして送った信号が否定されて帰ってくると、余計に女性の心を傷つける事になります。

もしかしたら相手の事を傷つけてしまったことがきっかけで、職場での人間関係のズレが生じて来ることがあるので注意が必要です。

相手の良い所を見つけよう

人間の心理と言うのは、一度嫌いと思った人間を好きに持っていくのは厳しいです。職場となると組織の中の一環として「嫌い」「関わりたくない」と言っていられません。その我慢ができない人はたいてい転職をするか、会社によっては退職を余儀なくされる場合があります。

どこの職場に転職しても、人間関係問題は永遠の悩みです。どんなに環境を変えても解決はしてくれません。ずっと長くいたい職場ならば、人間関係を改善しなければいけません。

そのためには、相手性格の良い場所を見つけましょう。悪い部分しか見えておらず、実は良い部分を見ていません。

人間なので、お互い思いやる心というのは持っているはずです。決してみんな一人では生活できないはずです。

もしかしたら寂しがり屋の性格で、自分の弱い所を見せられないのかもしれまんせん。「愛情表現の下手な人」これを個性として受け止めましょう。

職場の最悪な人間関係どうしたらいい?

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

仕事内容は悪くないけど、職場内の女性の人間関係が最悪な場合が多いです。ほとんどの辞職する原因は「人間関係」が関連しています。

中にはストレスが蓄積して体調不良になってしまったり、この先どうしたらいいのか、などの不安要素にもなります。また「この人さえいなければ」という、いわゆるお局さんが辞めない限り永遠に続きます。

辞めたいけど生活に支障があることや、親や家族に心配をかけたくない、車のローンやいろんなことに出費がかさむから辞めたくないなど、人間関係さえ良かったらいいのにと苦しんでいる女性はどこにでもいるはずです。これからも悩まないよう解決方法へと導いていきます。

時間が解決してくれるのを待つ

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

お局さんだけではありませんが、クセのあるある女性グループというのは、一人の人をいつまでもターゲットにしているわけではありません。

これらは病気で例えるなら「一時的な発作」と言っても過言ではありません。それにいつまでも同じ人をターゲットにすればさすがに飽きてしまい、さすがのお局さんもネタが無くなります。

今まで自分がターゲットだったのが、イジメていたグループ内で派閥が起こる可能性だって十分にあります。このようなお局さんを囲むグループというのは、仕事して来るというよりは、自分の居場所を確保しに来ています。そのため自分への攻撃が止むころまで時間がかかりますが時間が必ず解決します。

自分に執着をしない

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

男女問わずに関係する事ですが、仕事をするために会社に行っているはずが、人間関係で悩み、仕事が嫌になる事があります。

職場の人間関係が足を引っ張り、やる気を起こすどころか、逆にやる気が失せてしまいます。人間の心理状態は、常に自分は「周りにどう思われているのだろう」と模索しているのが現状です。

これは、いかに自分が嫌われないようにすればいいのかを考えている結果です。そのため、自分を守ろうという思いが強いゆえに、常に人間関係を気にしています。

自分を守ろうとすればするほど苦しくなるという報告があり、執着が邪魔をしています。執着を無くすことで、人間関係が改善していきます。

職場の人間関係で孤立してしまった時どうしたらいい?

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

女性が多い職場では、ほとんどと言っていいほどグループができています。あくまでも仕事をしに来ているのですから、黙々と仕事をしていれば「あの人は一匹狼だ」と陰で言われたり、ある事ない事うわさを作って話をばらされたり、女性同士の職場はよくある事です。

もし孤立してしまったら、信頼関係も築けずに、このまま職場にいることができるのだろうか、など不安感が襲ってくる場合があります。心のメンタル面を良好に保つために、どのような対処法があるのかを参考にしてみましょう。

誰かに相談しよう

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

同様な思いをしている同僚がいたら、そっと相談してみましょう。だいたい同じ思いをしている人が多く、誰にも相談できずにいたという人が必ずいます。解決はできなくても、一緒に同情してくれる仲間がいるだけでも気持ちが楽になります。

できれば上司に相談してみましょう。上司に相談をするというのは、正直肚決めが必要なことがあります。というのもお局さんレベルだと、上司よりも強い立場の人が多いからです。

また上司さえ分かっているけど、仕事に支障がなければいいと、見て見ぬふりをする人もいます。そのような場合はさらに上の上司に思い切って相談しましょう。

女性の職場の悩みの90%以上が人間関係

女性同士の職場の人間関係の悩みの特徴・ストレスなくす方法・改善方法

精神科医が認めるように、職場での悩みの99%は「人間関係」です。そのほとんどが女性の職場です。どこの職場でもありうることで、ましてや不思議なものでもありません。

もし人間関係が嫌で転職を考えている人がいても、環境を変えても自分が変わらないと環境も変わらないという事を肝に銘じることが大切です。

女性と言うのは、自分より勝っている人を見ると嫉妬心が湧いてきて、つい相手の容姿など干渉しがちです。逆を言えば羨ましいの裏返しと取りましょう。

また変な噂を持ち出されたり、陰口を言われた経験があった場合にも、相手を全否定しないで、良い所を必死で見つけてみましょう。そうすれば自然と人間関係が気にならなくなってきます。

どうしても耐えられなければ転職を

今の仕事に就くまでに、たくさんの苦労があったと思います。職場の人間関係に悩みながらも、頑張って仕事を続けてきたのではないかと思います。

しかし、どうしても合わない人、あわない職場というのもあるものです。嫌なことがあったからとすぐに転職するのはよくありません。しかし、不当な扱いを受けながら働き続けるのもおかしな話です。

あなたの人生に責任をとれるのはあなた自身だけです。職場に迷惑をかけるなどとは考えず、転職活動を始めましょう。

Latests