Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月24日

恋愛や仕事で見切りをつけるタイミング・意味|会社/彼氏/友達

人間関係や仕事に見切りをつけることは生きていく上で必要なことでしょう。今までのことがあり、なかなか結論に辿りつけないこともありますが、より良い人生を送るためにはさまざまことに見切りをつけることも大切です。お互いに傷つかない別れ方をしましょう。

見切りをつけるという言葉の意味と使い方とは

仕事やプライベートで人間関係がうまくいかない場合、見切りをつけてその関係に終止符を打つことは誰でもあるでしょう。しかし人は今までの情に流されて、なかなか見切りをつけることができません。見切りをつけることは自分を守ることでもあります。

本人が「見切りをつける」という言葉を使うときは、見込みがないと判断したり、見限るという意味で使うことが多いでしょう。人生をより良いものにするには人間関係や仕事や物事に見切りをつけることが必要な場合もあります。

見切りをつけるときはどのようなときか

自分でいきずまったり、このまま人間関係や仕事や物事を続けていても大きな成果を得られず、本人に負担がかかるようならば見切りをつけて新しい道を選ぶ必要があります。

本人が恋愛や友達との関係、続けている事柄や仕事に限界を感じれば、見切りをつけて新しい道に進む方がその人のためになることも多いでしょう。しかし人は情や今までの思い出を引きづりなかなか見切りをつけることができないのが現状です。

自分を守るためにも見切りをつけて環境を変えることが必要な場合もあるでしょう。

恋愛の場合

男女の恋愛は同性の友達よりも複雑です。恋人との思い出があるのでなかなか別れられない人もいるので、特に男性は見切りをつけることができません。女性は自分に合わない人と分かれば、決断が早いです。

自分が恋愛をしていて、ただ待つだけの恋に変わってしまったり、結婚適齢期にも関わらず結婚に発展しないような関係ならばその恋愛に見切りをつけるようにしましょう。また恋愛で見切りをつけることは仕事よりも重要な場合もあります。

仕事の場合

どんな仕事でも、労働環境やスキルアップのために会社に見切りをつけることがあります。仕事の場合は生活に直結するので、見切りをつける場合は家族や家庭環境なども考慮する必要があるでしょう。

本人が仕事に見切りをつけるときは、基本的な賃金のアップが望めないときや長く続けていてもその人にとって負担になることが多ければ見切りをつけることもあります。仕事でその後の人生が変わるので、見切りをつけることが必要な場合もあるでしょう。

会社の場合

会社自体がブラック企業の場合で残業代などが出なければ、見切りをつけて辞める必要も出てくるでしょう。高度成長期のように家族ぐるみでお付き合いもなく、社員を大切にしない会社ならば見切りをつけることも大切になってきます。

自分が働いている会社で、ステップアップが望めない場合や非正規雇用などで働いている場合は見切りをつけて転職をすることも必要になるでしょう。会社の人間関係や仕事自体に悩んでいれば自分なりに見切りをつけることも大切です。

彼氏の場合

彼氏との関係にマンネリを感じた場合や、このまま一緒にいても楽しくない場合などは見切りをつけることもあります。また、自分にとって魅力的な人が現れた場合などで、その人が誠実な人ならば今の彼氏に見切りをつけることも必要でしょう。

彼氏とは婚姻関係がないので、自分がより幸せになるためには経済力や豊かな感性がある人が現れたら、見切りをつけることも必要になってきます。彼氏に限らず、男友達にも同じことが言えるでしょう。

友達の場合

どのような友達を持つかで、その人の評価が決まることもあるので異性でも同性でも友達選びは重要と言えます。また、自分にとってただ精神的な負担を感じるようになれば、見切りをつけて別れる必要も出てくるでしょう。

友達は学校でも会社でも、関わってくるので自分にとってプラスにならないと感じれば見切りをつける勇気も必要です。そのためには自分に合った友達を選んでいくことが重要になるでしょう。

見切りをつけるタイミングってあるの?

自分でその人と合わないと感じれば、その時が見切りをつけるタイミングです。しかし人間は今までの情や思い出があるので、なかなか見切りをつけることができません。将来のことを考えて何が自分に必要かを考えていく必要があるでしょう。

自分で見切りをつけるタイミングを見極めるには、他人の意見を取り入れて恋人や友達と別れるようにして、また会社ならば同僚に意見を求めるようにします。自分にとって一番良い結果になるようにしていきましょう。

自分ではなかなかタイミングが掴めない

人と別れるタイミングというは自分ではなかなか掴めません。友人が別れた方がいいと考えても本人は主観的になるので、別れるタイミングや必要性が見えてこないこともあるでしょう。時には非情な気持ちなって自身にとって一番良い道を選ぶことも大切です。

人との付き合いや会社や物事に見切りをつけることに慣れている人は少ないので、他者の意見を取り入れながら、自分に無理のない方法で別れるのが理想的と言えるでしょう。

「見切りをつける」例文とはどのようなものか

友達や恋人と別れる際は電話やメールで別れを切り出すことが多いでしょう。実際会ってしまえば、冷静な判断ができなくなるでしょう。そうならないためにもあらかじめ、相手との見切りとつける文章を考えておく必要があります。

自分で相手との見切りをつける場合の例文としては、「今まで一緒にいて楽しかったけど、(原因となることを書く)ことがあったのでお互いのこれからのことを考えて、しばらく距離を置こうと考えています。」と書きましょう。相手を傷つけないように切り出します。

自分を守るためにもさまざまなことに見切りをつける

見切りをつけること自体が冷徹な冷たい行為と思われがちですが、実は自分を守るためでもあります。このまま中途半端な関係を友達や恋人、会社と続けることがお互いのためになるのかを考えて行動に移す必要があるでしょう。

自分でさまざまなことに見切りをつけることは、それだけ他人や物事を見極める力をつけることにもなります。非情に徹する必要はないですが、自身を守るために見切りをつけることが必要な場合があるでしょう。

縁が切れてしまうということとは

どんなことにも「縁」というものがあります。この縁が切れてしまえば、どんなに自分が別れたくないと感じていても別れざると得ないことも多くなるでしょう。例えば会社での仕事がうまくいかなくなり、転職を考えているときも見切りをつけるグッドタイミングと言えます。

自分で「縁」を繋ごうと考えていても、止めらない場合が多いので自然の流れに任せることも時には必要になるでしょう。縁が切れるときは運命に従う潔さも必要です。

否が応でも別れなくてはいけない時がある

見切りをつけることとは違いますが、死別をした場合や大病を患えば見切りをつけることが増えてきます。切れるべき「縁」に合わせて環境が変わることもあるので、見切りをつけなければいけないこともでてくるでしょう。

自分が望んでいた仲でも、仕事でも時が来て縁が切れてしまえば自然に別れが訪れるので、その時は自然の流れに身をまかせることも必要になります。

見切りをつけるときは人生の分岐点だと思おう

自分にとって今何が必要なのかが詳細に理解できる人はなかなかいません。それよりかは見切りをつけることができずに困っている人が大多数でしょう。失くした分だけ幸せが返ってくるのだと考えれば見切りをつけることに躊躇しなくなります。

自分で人間関係や仕事に見切りをつけるときは、新しい人生の出発点にいるのだと考えて中途半端な関係を終わらせる必要も出てくるでしょう。

人間関係に見切りをつけて新しい人生を歩もう!

「見切りをつける」ことについて述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。どんなことにも始めと終わりがあるので、そのことに逆らわないことが必要になります。今悩んでいる人間関係があれば他人の意見と取り入れながら、お互いに傷つかないようにしましょう。

自分で人間関係や仕事に見切りをつけることは、新しい可能性を生み出すことにもなるので見切りをつけるべき関係があれば終結させて、新しい人生を歩むことが重要になります。

Related