Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月24日

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

みなさんは普段どれくらいストレスを感じていますか。ストレスがあまりにも大きく増えすぎるとストレスフルな状態になり色々な不調が現れます。ストレスフルな仕事や生活の例を紹介するとともに、ストレスフルの対策や解消法を紹介していきます。

ストレスフルとは

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

ストレスという言葉はよく耳にする言葉ですが、ストレスフルとはどういった言葉なのでしょうか。ストレスフルとはストレスが多くかかる状況やストレスを強く感じるさまのことを言い、例として「ストレスフルな職場」などという使い方をします。

残念ながら現在生きていて全くストレスを感じないという人はほとんどおらず、みんな多かれ少なかれストレスを感じながら日々過ごしています。そんなストレスがあまりにも大きくなりすぎた状態をストレスフルな状態と言います。

ストレスフルな状態が続くとどうなる

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

ではストレスフルな状態が続くと人はどうなってしまうのでしょうか。仕事などで多くのストレスを抱えすぎてしまうと過緊張という状態が起きてしまいます。過緊張というのは、自律神経の交感神経が過剰に働き緊張した状態のことを言います。

人間の自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つがバランスよく働くことで人は元気に過ごすことができます。しかし交感神経が過剰に緊張することでイライラして焦りや不安を感じリラックスしにくくなります。

適度なストレスは必要ですが、あまりにもストレスフルな状況が続くと精神的にも肉体的にも良くありません。

ストレスフルな仕事とはどんな仕事

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

現代社会では何かとストレスを感じやすいと言われていますが、その中でも特にストレスに晒されるような仕事内容が存在します。そのようなストレスフルな仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

またストレスフルな仕事というのは具体的にはどんな仕事なのでしょうか。

人によってストレスの感じ方は異なりますので一概には言えませんが、「長時間労働を余儀なくされる」「高い目標を達成しなければならない」「規則や決め事が多く、改善を求めても意見を聞いてもらえない」などがストレスフルな仕事環境の1つと言えます。

ストレスフルな仕事一覧

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

ストレスフルな仕事環境がどんなものかをお話しましたが、実際の仕事ではどんなものがストレスフルな仕事に当てはまるのでしょうか。具体的な仕事とその仕事のどんなところがストレスフルなのかをみていきます。

育児

ストレスフルな仕事の1つめは育児です。育児と言うのは365日休みのない仕事で、子供が小さい時には睡眠時間もまとまって取ることが難しく、体も心も休まる時間がなかなか無く本当に大変な仕事です。

しかしその大変さにも関わらずもちろんお給料がでるわけではありませんし、母親なら育児をして当たり前という考えがよりお母さんたちを孤独にしてしまい、ストレスフルな状況を生み出してしまっています。

人を育てるということは終わりがなく責任も重い仕事ですので、頼れる人には頼って一人で抱え込まずに育児を楽しく行えるような世の中になってほしいです。

シーン別ストレスフルな仕事一覧

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

では続いてシーン別でのストレスフルな仕事についてみていきましょう。今の世の中は至る所にストレスが存在していて、会社だけでなく家や学校などでもストレスフルな状況になることがあります。そんなシーン別にどんな仕事がストレスフルな仕事なのかを紹介します。

まず家の中でのストレスフルな仕事です。家事をする機会の多い主婦や仕事をしながらの兼業主婦の人たちはどんな家事に強いストレスを感じるのでしょうか。

家事をしながらのストレスは誰しもが感じたことがあるのではないでしょうか。家事のストレスは大きく分けると「家事を頑張っても認めてもらえない・対価が支払われないストレス」と「知意識不足によるストレス」の2つに分類されます。このストレスたちがどんな仕事なのか詳しくみていきましょう。

対価が支払われない家事

家事をどんなに頑張っても目に見えるような利益を得られる訳ではないのでどうしてもモチベーションが上がらず、対価が支払われない家事は認めてもらえないという気持ちになり負のスパイラルに陥ってしまいます。

モチベーションが上がらないまま毎日しなくてはいけないことをするのは本当にストレスフルな状況です。

日々生活する上で必ずしなければいけない食事の準備・後片付けや部屋の掃除などやって当たり前な家事がストレスを多く感じさせる仕事と言えます。

共働きなのに一人でこれらの家事をしなくてはならない場合、さらにストレスフルな状況が深刻です。仕事をしながらの家事はできる時間も限られていますので、夫婦で協力しながら家事をこなしていきましょう。

知識不足のストレス

次に知識不足によって感じるストレスについてです。例えば料理が苦手でほとんどしたことがない人ならば、料理をすることはかなりのストレスになります。

しかし、このストレスは知識を得て上手くできるようになれば徐々にストレスは減っていきますので、インターネットや本などを活用して必要な知識を手に入れましょう。

会社

会社でのストレスフルな仕事とはどんなものがあるのでしょうか。会社ではストレスだらけだなんて言う人もいるくらい会社はストレスフルになりやすい環境だと言え、労働者の約6割が現在の職場や会社に関することでストレスを感じているということが分かっています。

まず会社で一番ストレスと感じることが多い仕事は、仕事の質や量が自分の裁量よりもはるか上の仕事をするときです。

自分の実力よりも少し上の仕事をすることは自分のキャリアアップにも繋がるのでよいことですが、あまりにも自分の実力とかけはなれた仕事をし続けることはストレスフルな状態と言えます。

次に会社で働くということは誰かしら一緒に働くということになります。中には苦手と感じる人もいるでしょう。苦手な人とコミュニケーションをとっていくことはストレスが溜まることです。

ストレスフルな生活の例

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

人によって色々な生活のスタイルがありますが、ストレスフルな生活というのはどのようなものなのでしょうか。ストレスフルな生活の例として「睡眠時間がバラバラ」「パソコンや携帯画面を長時間見る」などが挙げられます。

生活のスタイルを変えることは簡単なことではありませんが、できるだけストレスが溜まりやすい生活習慣はやめてストレスオフな日々を過ごしましょう。

ストレスフルになりやすい人

多くの人がストレスを感じていますが、ストレスフルな状態になりやすい人はどんな人なのでしょうか。日本人の8割以上の人たちが週に1回以上は何かしらのストレスを感じていて、年代・性別別にみると30代の女性がほぼ毎日ストレスを感じるという人が41%と高くなっています。

40代の女性も39%の人たちが毎日ストレスを感じるというので、30代40代の女性が他の人たちよりもストレスフルな生活を送っていると言えます。

ストレスフルになりやすい時期

1年の中で人がストレスを感じやすくストレスフルになりやすい時期があるのを知っていますか。

実は年の変わり目である12月や1月が最もストレスフルになりやすく、次いでは年度替わりである3月や4月もストレスフルになりやすい時期です。やはり変化のある時というのは肉体的に精神的にもストレスを感じやすくなります。

ストレスフルの解消方法

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

日々溜まっていくストレスをそのままにしておくと良くないのは分かりましたが、そのストレスをどのように解消すればいいのでしょうか。日本人の7割以上は上手くストレス発散できていないという結果が出ているのでストレス発散は多くの方の悩みでもあります。

ストレス解消法には人それぞれ合う合わないがありますが、代表的なストレス解消法に「買い物」「十分に寝る」「運動をする」「お酒を飲む」「友人や家族とおしゃべりする」などがあります。

これ以外にもおすすめのストレス解消法を紹介していきますので、ストレスフルにならないように自分にぴったりな解消法を見つけてください。

瞑想

瞑想と聞くとあぐらを組んで長時間行う難しいものだとイメージしますが、簡単に行える瞑想があるので紹介します。瞑想する時に大切なのは、お腹に両手を当てて呼吸でお腹が膨らんだりへこんだりするのを確認しながら深い呼吸をすることです。

瞑想をすることで副交感神経を優位にして、ストレスフルで交感神経が過剰に緊張して高ぶった状態をリラックスさせることができます。

ストレスフルへの対策法

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

どんなに小さなことでもよいので、自分なりの目標を設定してそれを達成できるようにするためにはどうしたらよいかを考えて行動することに集中するというのもストレスフルな仕事における対策法の1つと言えます。

物事の判断の基準を人にするのではなく、自分の中の物差しできちんと見極めることも周りに振り回されてしまう人にはおすすめの対策法ではないでしょうか。

ストレスフルになりそうな時は一呼吸置いてからこれらの対策法を思い出して、自分に必要なことを選んで行ってみてください。モヤモヤした気持ちが少し軽くなるでしょう。

ストレスフルな職業一覧

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

ストレスフルな職業はどんなものがあるのでしょうか。ストレスフルな職業の特徴として「勤務時間が不規則」「緊張感がある」「ノルマがある」「長時間パソコンの画面を見る」などの傾向が見られます。

体力的な疲れはもちろん、精神的な疲れも蓄積しやすい職業が多くなっています。具体的にはどんな職業が当てはまるのかをみてみましょう。

看護師

私たちが病院に行った時にお世話になる看護師ですが、実はストレスフルな職業の特徴が多く当てはまります。まず、24時間開いている病院では夜勤の勤務があるため勤務時間が不規則になりますし、患者さんの命を預かる仕事なので常に緊張感があります。

各種運転手

ストレスフルな職業の2つ目は各種運転手です。運転手というと、バス・タクシー・電車などの運転手を思い浮かべますが、この運転手の人たちにはどんなストレスがあるのでしょうか。

運転手の人たちにとってストレスとなるのが「時間どおりに運転しなければならない」「ずっと座りっぱなしで極端な運動不足」「お客さんとのやりとり」などです。

特にバスや電車は時刻表というものがあるので数分の遅れでも許されないため、そのとおりに運転しなければならないというプレッシャーがストレスとなってしまいます。

ストレスオフな職業とは

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

ストレスフルの反対の意味の言葉であるストレスオフですが、ストレスが少なく快適な職業は一体どんな職業なのか気になりますので早速みてみましょう。ストレスオフな職業として挙げられるのは「医師」「会社役員」「税理士・社労士・会計士」などの職業です。

社会的地位も収入も高い職業で、仕事の内容や進め方など自分のペースで働けるというところがストレスオフな理由の最たるところです。

ストレスフルな人とストレスオフな人の違い

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

いたるところにストレスはありますが、ストレスフルになってしまう人もいればストレスの影響があまり出ないストレスオフな人がいます。この違いはなんなのでしょうか。2つの特徴とともに詳しくみていきます。

ストレスフルな人になりやすい人の特徴

ストレスフルな状態になりやすい人が日々の生活で行っていることで多いのが、「ネットやテレビをダラダラ見続けてしまう」「集中力が落ちてきても作業や仕事を続けてしまう」というのが挙げられます。ついついなんとなく過ぎてしまう時間が多いことが分かっています。

また他人に頼み事をするのが苦手であったり、頼まれていることを締め切りのギリギリまでやらないなどの傾向があり、自分自身で忙しくストレスな状況を作り出す悪循環を生み出しています。

ストレスオフな人の特徴

逆にストレスオフな人の特徴としては「帰る時間を決めている」「予定を詰め込まない」「休息を計画的に取り入れている」などがあり、自分で使う時間を上手くコントロールできている傾向があります。

時間に追われるのではなく、計画的に予定を立てて活動することで時間にも気持ちにも余裕が生まれストレスフルな状況に陥らずにすみます。

ストレスは悪いものばかりではない

ここまでずっとストレスが溜まりすぎると色々な不調が出てくるなどマイナスなことばかりお話してきましたが、実はストレスそのものは決して悪いものではありません。

適度なストレスの量であるということが大前提ではありますが、ストレスに対する反応は覚醒させるレベルや集中力を高め心や体をフル活動させる働きがあります。

逆に、あまりにもストレスがないと緊張感に欠けた状態になり注意力が散漫になるだけでなく、ミスを起こしやすくなります。つまり、適度にストレスを抱えていた方が緊張感によって気が引き締まり効率がよくなることが分かっています。

ストレスと上手く向き合って楽しく毎日を過ごす

ストレスフルな仕事・職業一覧・生活の例・解消方法・対策|育児

今やストレスと無縁な人はほとんどいないくらい私たちの周りにはストレスが溢れています。ストレスは決して悪いものではありませんが、あまりにも多くのストレスがかかりすぎてしまうとストレスフルな状態になり色々な体の不調が出てきます。

そうならないためにも常にポジティブシンキングを心がけ、何事も経験だくらいの大きな心で受け止める余裕があればストレスフルな状況に陥ることはなくなるでしょう。ストレスの原因を知って、嫌な人や事柄から距離を置くなどもストレスフルへの対策法になります。

ストレスとの向き合い方は人によって変わってきますので、自分なりのストレス解消を見つけてストレスと上手く向き合ってください。

Related