Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月08日

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

どうしても意見や考え、価値観などが合わなくて、そりが合わない人もいます。プライベートな関係であれば、距離を取ることもできます。しかし、そりが合わない人が職場にいた場合には距離が取りにくいです。そのため、対処方法や解決方法が必要となります。

そりが合わないとは

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

日常生活を送るうえで、人間関係は非常に重要です。人間関係は円滑にしておくことが好ましいですが、どうしても意見や考え、価値観などが合わずに良い関係が保てなくなってしまうことがあります。このような場合をそりが合わないと言います。

プライベートな関係であれば、距離を取ったりなどして対処することができますが、そのそりが合わない人が職場の人で、毎日一緒に仕事をする関係であれば距離を取ることは難しいです。

そりが合わない人とは衝突したり、摩擦が起きてしまう可能性が高いため、上手な付き合い方をする必要があります。

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

できるだけ人間関係は誰とでも円滑にしておきたいと多くの人が考えています。しかし、どうしてもそりが合わないという人もいます。また、そのそりが合わない人が上司という場合もあります。

もし、上司とそりが合わないからと、関係を希薄にしてしまうと仕事に影響が出てしまいます。なので、上司とそりが合わないと感じてしまった場合には、うまく付き合っていく方法を考える必要があります。

1.仕事以外での上司の姿に着目

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

上司とそりが合わないと感じる場合は、仕事に関してお互いが異なる意見や価値観を持っていることが原因となっていることがあります。そのため、上司と一緒に仕事をすることで、そりが合わないと感じてしまうようになります。

このような場合には、まず上司の仕事以外の姿に着目してみましょう。上司と仕事以外の会話をすることで、上司の印象が変わることがあります。

上司の印象が変わることで、上司の好感度が上がったり、上司の考え方を理解できるようになったりなどすることがあります。

2.共感できるところを見つける

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

上司とそりが合わないと感じる場合は、仕事に関してお互いが異なる意見や価値観を持っていることが原因となっていることがあります。

仕事では上司と意見や価値観が違うと決めつけてしまうと、他の要素まで上司とはそりが合わないと思い込んでしまうようになってしまいます。

なので、そりが合わないと感じた場合には、上司に共感できる考えを持つ部分を探してみましょう。仕事以外のにプライベートな内容でも共感できるところを見つけることで、上司とそりが合わない部分と、共感できる部分を分けて接することができるようになります。

3.尊敬できるところを見つける

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

上司とそりが合わないと感じた場合には、上司に共感できる部分を見つけておくとで、上司の言動のすべてにおいてそりが合わないと思ってしまうことを避けることができます。

また、上司の尊敬できるところも見つけておきましょう。上司の尊敬できる部分を見つけておくことで、そりが合わないと感じる場面があっても、上司のすべてを拒絶せずに受け入れられるゆとりを持つことができます。

4.そりが合わない人と無理に付き合わない

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

プライベートの付き合いでそりが合わないと感じる人がいる場合は、無理に相手を理解しようとして関係を続ける必要はありません。そりが合わない人と付き合っていると、ストレスを感じてしまう場面に多く当たってしまいます。なので、適度な距離感を保つようにしましょう。

しかし、職場にそりが合わない人がいる場合には、距離を取ることが難しいです。ですが、用事があるとき以外はなるべく話しかけられないようにしたり、会話はできるだけ早く切り上げるようにしたりなど、職場でもできる範囲で距離を取るようにしましょう。

5.自分の仕事への情熱を行動で示す

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

そりが合わないということは、お互いの意見や価値観が違うためにすれ違ってしまっている状態です。そりが合わない人とうまく付き合っていく方法には、相手とできるだけ接点を減らしたり、相手のことを理解して歩み寄るなどがあります。

また、逆に相手に自分のことを理解してもらうという方法もあります。自分の仕事に対する考え方や、意見を根気よく伝えることで、相手の方から歩み寄って来てもらえる状況を作ります。

ただし、あまり無理に自分の意見や考えを押し通そうとすると逆効果となってしまう危険性もあります。

6.自責の念を持つ

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

そりが合わない人と接したときに、自分の意見や考えを理解してくれないのは相手が悪いからと思ってしまう人がいます。

しかし、このときに相手が自分の意見や考えを理解してくれないのは、自分の伝え方が悪いからという考えも持ちましょう。

自分の意見や考えを通すために必死になりすぎると、相手の意見や考えが見えなくなってしまい、自分勝手になってしまっていることもあります。

7.周りの人に相談する

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

そりが合わない人と接していると、お互いの意見や考えの違いから衝突をしてしまったり、摩擦ができてしまったりなどすることがあります。

これはお互いが自分の意見や考えを正しいと思い込み過ぎることで、お互いが引くことをしないためです。自分の意見や考えを正しいと思い込んでしまうことで、自分や相手の間違った部分を冷静に認識することができなくなってしまうこともあります。

なので、そりが合わない人と意見や考えが衝突してしまった場合には、別の人に相談して冷静な判断をしてもらいましょう。

8.転職をちらつかせる

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

上司とどうしてもそりが合わないという場合には、転職も検討してみましょう。職場である以上、自分が正しい意見や考えを持っていると思っていても、上司に真っ向から逆らうことができません。

なので、その後も自分の意見や考えを押さえ込んで仕事を続けなければいけない状況が続くことになります。

ですが、転職を検討する際には、上司にも相談をしなければいけなくなります。その転職の相談によって、上司は部下の意見や考えを改めて考え直すこともあります。

そりが合わない人と仲良くなる方法

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

そりが合わない人とも、うまく付き合っていくことは重要なことです。特に、そりが合わないと感じる相手が職場で一緒に働いている人であれば、仕事を円滑に進めるためにも、うまく付き合っていかないといけません。

しかし、うまく付き合うということは表面上の付き合いを円滑にするということなので、根本的な解決にはなりません。なので、そりが合わないことを解決するためには、そりが合わない人と仲良くなる必要があります。

1.仲良くなることで得られるメリットを把握する

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

そりが合わない人とはできるだけ距離を取ろうとしてしまったり、意見や考えがを衝突させてしまうことなどがあります。そりが合わずに関係が悪くなると、お互いに協力することがなくなってしまいます。

これでは本来は協力すればできることが、できなくなってしまうため、お互い損となってしまいます。なので、そりが合わない人と仲良くなることで得られるメリットを明確にすることで、そのメリットを得るために、相手に歩み寄りやすくなります。

2.相手の意見を受け入れる

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

そりが合わない人の意見や考えは、反射的に受け入れることを拒絶してしまっていることがあります。そのため、自分から歩み寄るという選択肢が全くない状態となってしまっています。

しかし、物事の正解は必ずしも1つとは限りません。なので、そりが合わない人の意見や考えは、間違いなのではなく、自分とは違った正解を持っていると考えるようにしましょう。

相手の意見や考えを1度、正解として受け入れることで、相手に対して歩み寄るゆとりを持つことができます。

3.歩み寄れる部分を探す

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

1度、そりが合わないと感じてしまった人に対しては反射的に拒絶の反応を取ってしまうようになる人は多いです。

しかし、相手のすべてを拒絶してしまうと、歩み寄るゆとりがなくなってしまいます。なので、先に述べた通り、そりが合わないと感じた人に対しては、まず共感できる部分や尊敬できる部分を探しましょう。

共感できる部分や尊敬できる部分を見つけておくことで、相手に歩み寄るゆとりを作ることができます。

そりが合わないと決めつけない

そりが合わない上司との上手な8つの付き合い方

1度でもそりが合わないと感じてしまった相手に対しては、どうしても拒絶反応が出てしまうことがあります。しかし、相手のすべてを拒絶してしまうと、もう歩み寄ることができなくなってしまいます。

なので、相手に歩み寄ることができるゆとりを作るためにも、そりが合わないと感じたときにこそ、相手の良い部分を見つけるようにしましょう。

Latests