Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月01日

転職した際の保育園への手続きの方法・確定拠出年金の手続き

色々な理由で転職をするかと思いますが、転職をした際の手続きについてはあまり知らないことも多いです。転職をすると、保険や年金などのさまざまな手続きをする必要があります。今回は、転職した際の保険・年金や保育園への手続きの方法をご紹介します。

転職した際の保育園への手続きの方法

転職した際の保育園への手続きの方法・確定拠出年金の手続き

保育園に通える条件の1つとしては、保護者が就労していることです。保育園に子供を通わせているお母さんやお父さんが退職・転職した際、子供はどれくらいの期間保育園に在籍できるのでしょうか、またどのような手続きを行う必要があるのでしょうか。

転職活動の猶予期間

転職活動の猶予期間は、一般的に2~3ヶ月の保育園が多いです。あまり長い期間転職活動を続けていると、退園になる可能性もあります。自治体によって規定が異なりますので、行政の保育園課に猶予期間を確認しておきましょう。

手続きの方法

転職する場合であれば、一時的であっても保育園に入れる理由が就労から求職に変更となりますので、その手続きを行う必要があります。また、緊急時の連絡の際に前職場に連絡が行くと困りますので、保育園の先生へ転職の旨を伝えておきましょう。

転職の手続きとしては、支給認定の書類の書類を用意して、お住まいの役所の窓口へ行きましょう。求職の証明としては、ハローワークで求職の実績を作ることで、求職の証明書を発行してくれます。なるべく早めに手続きを行いましょう。地域によって、手続きの方法や手続きの際の書類には違いがありますので、自治体に確認しておきましょう。

転職後の確定拠出年金への手続き方法

転職した際の保育園への手続きの方法・確定拠出年金の手続き

勤めていた会社で、知らないまま確定拠出年金を天引きされていた人もいるのではないでしょうか。確定拠出年金はあまりポピュラーではないこともあり、転職後確定拠出年金の手続きが無く、そのままになっていることが多いです。

確定拠出年金とは

確定拠出年金とは、給料から天引きしてお金を積み立て、積み立てた本人が60歳~70歳の間に資産を受け取る年金制度のことです。障害や脱退によって一時金が出る場合もあります。1年で満期になる預金から、10年契約のものまで色々あります。著書としては、掛け金が社会保険料控除になり、節税に繋がることです。

確定拠出年金への手続き方法

確定拠出年金の制度がない会社も多くあり、その場合は個人型確定拠出年金に加入することになります。掛け金を支払いたくない場合は、運用指図の手続きを行い、年金資産の運用のみを行うことができます。確定拠出年金は、一定の要件がなければ止めることはできませんが、条件を満たせば、脱退一時金を受けられることがあります。

転職・退職をした場合、6ヶ月以内に手続きをしないと国民年金基金に移換されます。そこから個人型確定拠出年金に加入する場合には、別途手数料がかかります。転職・退職後は、運営管理期間に手続き書類を貰い、6ヶ月以内に手続きを終えておきましょう。

転職の内定後の手続き

転職した際の保育園への手続きの方法・確定拠出年金の手続き

転職して内定が出た後にも行う手続きがあります。まず、内定通知連絡に対しての連絡です。電話やメールで通知が着ます。不在着信があればすぐに折り返しましょう。その際、他企業の選考状況は正直に答えておきましょう。

内定承諾を行う前に、労働条件の確認を行っておきましょう。労働条件の通知書や契約書を事前に送ってもらい、給料額や残業、休日について疑問点があれば解決してから内定を承諾するようにしましょう。内定の承諾・辞退の連絡は先延ばしにせず、1週間以内に行いましょう。それ以上企業を待たせてしまうと、入社辞退とみなされる場合もあります。

転職が決まったらするべき手続きの順番

転職した際の保育園への手続きの方法・確定拠出年金の手続き

退職した後、転職までに少しでも空白がある場合にはさまざまな手続きをする必要があります。転職が決まったらするべき手続きの順番をご紹介します。

なるべく退職前に行える手続きは済ませておきましょう。まず、国民健康保険加入時や、健康保険に任意継続する場合の保険料を確認しておきましょう。確定拠出年金の一時金を請求する場合には、住民票を取得しておくと手続きがスムーズです。

退職後は、離職票などの書類が送付されてくるのを待ちましょう。住民税の納税通知書が届いた後には、期限内に支払いましょう。減免条件を満たす場合には、役所にいって減免申請を行います。離職票や保険喪失届が届いたら、役所で保険や年金関係の手続きを行いましょう。その後、ハローワークにいって雇用保険関係の手続きを行います。期限を厳守し、余裕をもって手続きを行いましょう。

転職後の厚生年金の手続き

勤務中は厚生年金と国民年金に加入しています。厚生年金は企業と折半して払う年金になります。勤務先が転職によって変わる場合は、年金の支払いや管理先が変わりますので、転職する際には、年金の切り替えが必要になります。年金の切り替えを行わずにいると、未納期間が発生し、貰えるはずの年金が貰えない場合もありますので、切り替えを行いましょう。

退職後すぐに転職が決まっている場合には、厚生年金を管理する企業が変更されるだけなので、基本的に転職先が手続きを行ってくれます。しかし、退職と転職にタイムラグがある場合には厚生年金から国民年金への切り替えの手続きが必要です。

厚生年金から国民年金への切り替えの手続きをする場合には、退職日から14日以内に、年金窓口に行って国民年金への切り替え手続きを行いましょう。手続きするには、年金手帳・印鑑・身分証明書・離職票が必要なので、準備しておきましょう。

転職の際の就労ビザの手続き

日本で働いている外国人が、何らかの理由で退職・転職する際に就労ビザはどうなるのでしょうか。外国人が日本に住む場合には、在留資格によって活動できる範囲が定められています。活動できる範囲を超えてしまうと不法就労になります。

転職先が、同じような職種であり、在留資格で認められている範囲内の仕事であれば、所属機関などに関する届出手続を記入し、手続きを行います。外国人が別の職種に転職することで、業務内容が在留資格の範囲外になる場合には、在留資格変更許可申請書を記入し、申請する必要があります。同じ会社の中でも立場が変わると就労ビザの変更が必要になる場合があります。

手続きには、変更申請書のほかに源泉証明書やパスポート、在留カードを用意する必要があります。勤務先の法人登記簿謄本と決算報告書の提出も必要となります。就労ピザの変更手続きは、退職してから2週間以内です。転職など就労ビザの変更を行うことが決まればすぐに手続きを行いましょう。

転職後空白期間の健康保険の手続き方法

転職した際の保育園への手続きの方法・確定拠出年金の手続き

会社を退職した後、空白期間がある場合には、今まで会社で入っていた健康保険が使用できなくなりますので、他の健康保険に変更する必要があります。短期間の空白であっても、何も手続きをしないでおくのは、万が一怪我や病気になった際のリスクが高いですので、早めに手続きを行いましょう。

前の会社での健康保険加入期間が2ヵ月以上ある場合には、退職後も同じ健康保険に加入することができます。しかし、保険料は今まで払ってきた保険料の2倍となりますので注意しましょう。任意継続被保険者になる手続きは、退職日の翌日から20日以内に年金事務所か健康保険組合に行きましょう。20日を過ぎてしまうと手続きが行えなくなります。

健康保険の任意継続被保険者にならない場合には、自動的に国民健康保険に加入することになります。保険料は住んでいる市町村によって異なりますので、健康保険組合に確認しましょう。国民健康保険の手続きは、退職した日の翌日から2週間以内に、役場に資格取得届を提出します。

転職の手続きに必要な書類

転職した際の保育園への手続きの方法・確定拠出年金の手続き

入社の手続きには、源泉徴収票や年金手帳、雇用保険被保険者証、扶養控除申告書、給料振込先の届書、労働契約書などが必要になります。企業によっては、卒業証明書や身元保証書、免許や資格の取得証明などが必要になる場合もあります。勤務する企業によって、手続きに必要な書類は異なります。事前に必要書類を企業に確認して用意しておきましょう。

準備を行い、スムーズに転職しよう

転職した際の保育園への手続きの方法・確定拠出年金の手続き

退職日や転職後に慌ててしまい、手続きの期限を逃してしまうと、手続きによっては取り返しの付かないことや、手数料がかかってしまうことがあります。新しい気持ちで気持ちよく転職するためにも、事前に提出する書類を準備したり、手続き方法を確認してスムーズに転職できるようにしておきましょう。

Related