Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月23日

退職後の傷病手当金の手続き方法・退職日の注意点・金額計算法

会社員や公務員が利用できる保険給付の一つに、傷病手当金というものがあるのをご存知でしょうか。傷病手当金は、勤務外の病気や怪我で仕事ができないときに生活の保障として支給されます。既に退職してしまった方も諦めないでください。退職後の手続き方法についてご紹介します。

退職後に傷病手当金はもらえるの?

退職後の傷病手当金の手続き方法・退職日の注意点・金額計算法

傷病手当金は、働いている人が病気や怪我で働けず、その間お給料がもらえないとき生活の保障のため給付が受けられる制度です。退職した後も受け取ることは可能なのでしょうか。

傷病手当金を受給できる条件って何?

労災保険は良く知られていますが、傷病手当金とはどのような給付なのでしょうか。労災保険は雇用保険で受けられる給付で、業務中に起きた怪我や病気に対して給付されます。一方、傷病手当は健康保険の給付で、業務外で病気や怪我を負った場合に受けられます。

傷病手当を受け取るには、いくつかの要件を満たす必要があります。傷病手当金を受給できる基本的な要件から確認しましょう。

①会社などで健康保険に1年以上加入している本人であること
②病気や怪我のために働くのが困難であること
③病気や怪我で会社を4日以上休んでいること
④病気や怪我の治療のために会社を休んでいる間は会社からの給与が発生しないこと

以上4つが、給付を受けるための基本的な条件です。①は本人以外該当しません。扶養されている家族は適用外です。②は自己判断ではなく、医者が病気や怪我のため勤務するのが不可能であることを認めた場合です。後々、申請の際に医師の証明が必要になります。③④は、待機期間として3日間連続して休むことが必要です。

この待機期間中は、有給・公休・欠勤いづれも適用します。4日目から傷病手当金の支給開始となりますが、支給されるには、傷病手当金より高い額を会社から受け取っていないことが条件となります。多くの会社の有給手当は傷病手当金より金額が高いので、有休休暇中に傷病手当は受給できないと考えてよいでしょう。

退職後に傷病手当金を受け取る条件

傷病手当金は、基本的に在職中に手続きをして受け取る給付金です。しかし、退職後でも受け取れる場合があります。退職後に傷病手当を受け取るための条件は、どのようなものがあるのでしょうか。前述した傷病手当を受け取る基本的条件に加えて、以下の条件をクリアすることが必要です。

・退職後も労務不能であること
・失業給付金や他の公的給付金を受給していないこと
・退職日に傷病を理由に出勤していないこと

これらの条件を満たした人は、退職後でも傷病手当金を申請が可能です。

退職後の傷病手当金の手続き方法

退職後の傷病手当金の手続き方法・退職日の注意点・金額計算法

在職中にも傷病手当金をもらっていて退職後も継続する場合

在職中に傷病手当金の申請をする際は、会社を通して初回の申請をすることになります。また、退職後に初めて申請するが、申請期間に在職期間も含む場合は、こちらの方法で手続きを行いましょう。今回は、全国健康保険協会の申請方法をご紹介しますが、保険組合などの場合もほとんど同じ手続きです。

①病気や怪我で病院に行く

まず、病気や怪我をしたら病院に行って診察を受けますが、このとき①治療にどのくらいの期間がかかるか、②会社で働くことは可能か、③もし働けない場合傷病手当金の申請のため証明してもらえるかを確認します。この時点では、まだ医師に申請書を記入してもらう必要はありません。

会社に報告・相談

次に、会社に労務不能な状態であることと、傷病手当金の申請をしたい旨を伝えます。有給休暇と傷病手当金は同時に受けられないので、どちらの制度を利用するかは会社と相談しましょう。傷病手当金を受けると決まったら、申請書の準備をします。在職中は、会社が用意してくれることが多いです。

医師の証明をもらう

通常4枚で1セットになっています。4枚目は、療養担当者記入欄となっていて、この用紙は医師に書いてもらいます。ここで一つ注意が必要です。必ず、申請期間を過ぎてから記入してもらいましょう。

申請期間前に書いてもらったものは無効となり、改めて医師に書いてもらう必要が出てきます。事後申請となるので、例えば5/1から5/31までの分を申請する場合は、5/31を過ぎてから医師に証明を書いてもらうことになります。証明料として300円かかります。

会社の証明をもらう

医師に申請書を記入してもらった後、今度は会社に必要事項を記入してもらいます。会社の記入欄には、本当に会社を休んでいる間に給与が支払われていなかったかなどを書いてもらいます。こちらも申請期間が過ぎてから書いてもらいましょう。

被保険者記入用紙に本人が記入して提出する

1枚目の被保険者記入用紙には、保険証番号(在職中に加入していた保険の保険証番号)の他、給付を受ける本人の住所氏名、給付金を受け取る金融機関の口座番号を記入します。2枚目も被保険者記入用紙となっていて、本人が記入します。傷病名や休んだ日数、仕事内容などを記入します。傷病名を記入する際の注意点ですが、必ず医師が証明した傷病名と同じく記入しましょう。

4枚全て記入が済んだら、加入している健康保険へ郵送などで提出します。

退職後に初回手続きをする場合

在職中は、会社を通して傷病手当の受給申請をしますが、退職後は自分で健康保険協会や健康保険組合へ直接申請することになります。

傷病手当金の申請には「傷病手当金支給申請書」を記入する必要があります。まずは、会社で加入していた健康保険協会などのHPから申請書をダウンロードするか、健康保険協会などに直接電話で問い合わせて郵送で送ってもらいましょう。申請書は、コピーしておくとその後の申請に便利です。

申請書の記入方法は、在職中の申請方法と同じですが、申請期間が退職後から開始される場合は、3枚目の事業主の証明の用紙は記入不要です。空白のままで構いません。

退職後2回目以降の申請方法

2回目以降も同じ申請書で申請します。傷病名は、1回目と同じく記入しましょう。4枚目の療養担当者の用紙には、2回目以降も毎回医師の証明を書いてもらう必要があるので、忘れず記入してもらいましょう。4枚目の事業主の証明の用紙は、空白のままで大丈夫です。記入できたら、自分で直接1回目と同じく健康保険協会か健康保険組合へ郵送などで提出しましょう。

できれば、退職前に受給条件を満たして、会社に協力してもらいながら初回の申請手続きをしておくと、自分の負担が軽減されるでしょう。

申請書以外に必要な書類

状況によって、添付書類が必要になることがあります。障害厚生年金や老齢退職年金を受給している人は、①年金証書②直近の年金改定通知書③年金の支給開始年月日を証明する書類以上3点のコピーが必要となります。

その他、傷病手当金の支給開始日から過去12ヶ月の間に転職している人は、以前勤めていた会社の名前や住所、そこで働いていた期間が証明できる書類の原本を添付する必要があります。わからないことは電話で確認してみましょう。

申請後から受給までの流れ

申請後に支給決定通知書が届き、申請した日から3週間~1ヶ月程度で給付金が振り込まれます。傷病手当金の支給が受けられない場合は、不支給決定通知書が送られています。

いつまで申請できるの?

傷病手当金を申請できるのは、受給できる日から2年までです。2年前まで遡ってまとめて申請することも可能です。しかし、傷病手当金は申請してから給付されるものなので、できるだけ定期的に申請するのが望ましいでしょう。生活のために受給するものなので、通常は1ヶ月ごとに病院で証明書を記入してもらい申請するのがおすすめです。

傷病手当金手続きの際の退職日の注意点

退職後の傷病手当金の手続き方法・退職日の注意点・金額計算法

最も注意したいのが「退職日に出勤しないこと」です。通常、退職日は引継ぎや身の回りの整理、挨拶回りなどで出勤する人も多いでしょう。しかし、傷病手当金を受給するためには、退職日に出勤してはいけません。

退職日に出勤すると労務可能と判断されてしまい、給付金が受け取れなくなってしまうからです。退職日に出勤しなくても良いように、事前に退職準備を済ませておきましょう。

退職後の傷病手当金の金額計算方法

退職後の傷病手当金の手続き方法・退職日の注意点・金額計算法

傷病手当金で1日に受給できる額は、月給の2/3程度と考えると良いでしょう。もっと正確に金額を出すには、少々複雑になりますが以下の計算式で求めることができます。

(標準報酬月額)÷30×2/3

標準報酬月額は、毎年の4~6月分の給与額の平均で決められます。会社に問い合わせて、自分の標準報酬月額を確認するか、保険協会や保険組合の表を基に標準報酬月額がいくらになるか確認してみましょう。

都道府県によって標準報酬月額が変わってくるので、自分の会社の所在地の標準報酬月額を確認しましょう。

退職後の国民健康保険加入中の傷病手当金の申請方法

退職後の傷病手当金の手続き方法・退職日の注意点・金額計算法

退職後は、国民建国保険に加入することになりますが、退職前に傷病手当金を受け取れる条件を満たしていれば、国民健康保険に加入後も傷病手当金を受け取ることができます。傷病手当は国民健康保険ではなく、あくまで勤めていた会社の健康保険から支給されている給付金です。申請先は、会社で勤めていた時に加入していた保険協会か保険組合などになります。

保険者の確認

保険者とは、健康保険事業を行っている組織です。会社でどの健康保険に加入しているか確認しておきましょう。確認方法は、会社から渡された健康保険証の下の方を見ると「保険者名称」に全国健康保険協会や健康保険組合、派遣社員の方は人材派遣健康保険組合などと表記されています。申請先は、退職後もその保険者になりますので、メモしておくと良いでしょう。

保険証番号

保険証番号は、国民健康保険証の保険番号ではなく、退職した会社で加入していた健康保険の保険証の記号と番号が必要になります。退職後は会社に返却しますが、返却前に保険証番号をしっかり控えておきましょう。申請時に必要になります。

保険証の番号を控えないまま既に返却してしまった場合は、勤めていた会社か健康保険協会などに電話で確認してみましょう。

退職後の傷病手当金から失業保険への切り替えの方法

退職後の傷病手当金の手続き方法・退職日の注意点・金額計算法

傷病手当金は、1年6ヶ月を上限として受け取ることができます。しかし、その前に治療が終われば、傷病手当金の受給も終わります。傷病手当金と失業保険は同時に受け取ることはできませんが、傷病手当金から失業保険へ切り替えることは可能です。再就職前に傷病手当の受給が終わってしまった場合は、ハローワークに相談してみましょう。

退職日に傷病手当金と有給手当を同時に貰うことは可能か

退職後の傷病手当金の手続き方法・退職日の注意点・金額計算法

傷病手当金と有給手当を同時にもらうことはできません。傷病手当は、会社から給与が発生しないとき、または発生しても通常より金額が少ないときに給付が受けられる制度だからです。有給休暇を消化してから退職し、退職日の翌日分から傷病手当金を受け取ると良いでしょう。

傷病手当金を賢く使おう

退職後の傷病手当金の手続き方法・退職日の注意点・金額計算法

病気や怪我の際に使える傷病手当金ですが、退職後も申請できると知って安心した方も多いのではないでしょうか。毎月給与から健康保険料が差し引かれることで、惜しい気分になることもありますが、万が一のときにはとても心強い味方になります。

傷病手当金は、身体的な病気や怪我だけでなく、医師による労務不可の証明があれば精神的な病気の場合も適用されます。お金のことが心配で、さらに大きなストレスを感じないためにも傷病手当金を上手く活用し、しっかり療養に専念しましょう。

退職後に転職を検討するなら

退職した後に転職を検討した時に、一人で行う転職活動に不安を感じる方も多いかと思います。そんな方が安心して相談できて、転職を有利に進めるために必要な存在なのが転職エージェントです

しかし、転職エージェントの多様化も進み、どの転職エージェントにすれば良いのか迷う方が非常に多いです。

どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

Related