Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月07日

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

退職を決めた時、どれくらいの期間が必要でしょうか?法律では期間が決まっていますが、どの会社も法律どおりで良いのか疑問があります。退職を決めた時に要する期間をさまざまなケースでご紹介します。マナーを守って円満退社をしましょう。

会社の退職までに要する期間

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

仕事を続けられなくなり退社を決意したら、上司にいきなり退職願を出すのはマナー違反です。民法上では、雇用期間に定めのない場合は、退職申し入れから2週間して退職できることになっています。

しかし、これは全ての会社に当てはまるのでしょうか。多くの人は円満退社を望みます。お世話になった会社に迷惑をかけることなく、次の就職先へ転職したいです。退職するまでの期間について紹介します。

3ヶ月

退職まで要する時間は、職種によってさまざまです。民法では期間の定めがない場合は「原則2週間前」とされています。社内規程で「〇か月前までに申し出する事」と書かれている会社も多いでしょう。

退職を決めたら、まずは会社の規程がどのように定められているか確認しましょう。記載がない場合は、仕事の引き継ぎにどれくらいかかるか考えます。業種によって3か月であったり2週間であったりします。引き継ぎに要する時間を考えて会社に申し出ましょう。

さらに、退職すると後任の選考期間も必要です。業務引き継ぎ期間に1か月程度プラスした期間が良いでしょう。このようなケースはあまりありませんが、引継ぎがとても簡単であったり全くない場合は、最短でかまいません。

退職勧告から退職までに要する期間

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

退職勧奨(退職勧告)は、会社が従業員に退職を勧めてくることです。法律では、自分で会社を辞める時自由に退職できますが、会社が労働者を解雇する場合は法律でかなり厳しい制約があります。

退職勧奨されてから、会社の規程がない場合は2週間で辞める事ができます。退職届は強制ではありませんので、退職勧奨を受けた場合は出さなくてもかまいません。会社の都合で辞める訳ですから、引継ぎの事など考えず再就職を優先して最短の期間で退職しましょう。

退職交渉から退職までに要する期間

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

上司に退職の意を伝えると引き止められる場合があります。本来、会社は従業員が退職の意思を示しているのであれば引き留めてはいけません。しかし、現実は引き留めるケースが多くあります。

民法的には2週間の期間が過ぎれば退職できますが、引き留められていると引継ぎもできず話が進みません。このような場合、なるべく会社側が納得する形で退職話が進むようにしましょう。できるだけ早く退職できるように、ある程度相手の交渉をのむ必要があります。

すぐに退職ができない時は、早急に後任を見つけてもらう事を条件にして、期間を決めてしまうのもひとつの手です。交渉がもめてしまうと、ケースバイケースになるため、必用とする時間はさまざまです。

法律上での退職までに要する期間

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

法律上で退職までに要する時間は、民法上ですと退職の意思を示してから2週間たてば退職できます。退職届などを上司に提出して辞めること伝えれば、2週間で辞めても問題ありません。

法律上ではこのように決まっていますが、会社によって規程が決まっており、もう少し長くなるケースがほとんどです。実際の所、法律上の期間では後任を探すのは難しいでしょう。引継ぎなども考えると自己退職の場合は法律の期間では短すぎます。

退職の手続きに要する期間

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

退職の手続きは最短2週間です。法律上は、それ以降の拘束や仕事は原則してはいけません。極端な話、いくら引き止められても2週間たてば辞められる訳です。しかし、円満に退社を考えるとこの期間では難しいでしょう。退職の手続きで会社に返すものと受け取る書類などがあります。返し忘れが無いようにチェックしましょう。

退職の際に返却する物など

会社へ返すもの

・健康保険証
・身分証明書
・名刺
・会社で支給された通勤定期
・会社の文房具など
・制服
・書類やデータ、パソコンなど

会社から受け取るもの

・離職票
・雇用保険被保険者証
・年金手帳
・源泉徴収票

正社員の退職までに要する期間

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

正社員となると退職まで2週間の期間では難しいでしょう。退職を決めたら、意思表示をする前に気持ちの確認をしてから上司に伝えましょう。一度、退職の意思を伝えてから気持ちが変化すると気まずい状況になるので注意しましょう。

最初に、退職の意思を伝えるのは直属の上司になります。時間を取ってもらい退職の意を伝えます。当日に了解をもらうのは難しい場合、数日かかるでしょう。上司から了解を得たら後任や引継ぎの問題があります。それらを話し合って進めていきます。この頃に退職願を出し、正式に退職をすることを伝えます。目安としては退職日の1か月前くらいが理想でしょう。

退職届を受け取ってもらえると、いよいよ退職日の決定になります。就業規則通りの期日を守り、上司と相談しながら決めます。有給が残っている場合は、辞める前に消化するのか、最終日以降に消化するのかで今後のスケジュール変わります。しっかり確認をして退職日を決めましょう。

退職予告から退職までに要する期間

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

新しい就職先の事を考えると、退職予告から退職までの期間はなるべく短くしたい所です。一般的には、会社の規程にある期間に予告をするのが良いでしょう。決まりがない場合は、引継ぎなどの期間を考慮して退職予告をします。

会社の規程にある期間に予告をすれば、会社が積極的に拒否する事は難しいでしょう。退職の予告をすれば、その期間で辞められるでしょう。後任が見つからない場合や引継ぎに多くの時間がかかるケースは、期間が長引く事もあります。

新たに働く会社が見つかっているのであれば、上司にそのことを告げ退職までの期間を話し合いましょう。

就業規則上での退職までに要する期間

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

退職を決めたら就業規則を確認する必要があります。きちんと知っておくとトラブルの回避になり、気持ちよく会社を辞める事ができます。

就業規則の自己都合退職を定めた部分をよく読みます。ここには、会社ごとに定められた期間が書かれています。この期間を目安に考え、後任者への引継ぎや関係者へのあいさつにかかる期間を1か月と考えプラスします。

一般的には、就業規則に書かれた期間を守れば退職できますが、悪質なケースですと退職を認めない事もあります。あまりにも引き留めて再就職にも影響が出るようなら、労働基準監督署に相談をしましょう。退職を認めてくれないと話せば、会社を指導してくれるでしょう。

管理職の退職までに要する期間

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

管理職を辞める時は、事前準備期間が必要になります。平社員と大きく違うのは、引継ぎに時間がかかる点です。そして、組織全体に悪影響がでないように考えてから退職をする必要があります。

まず、辞めると決めたら後任者を育てておく必要があります。後任者が早く育つよう、マニュアルを準備します。ある程度仕事を覚えたら、上層部に退職を告げ引継ぎをします。後任の人をサポートできる補佐候補も決めて、引継ぎ後も仕事に支障が出ないようにします。

退職する時期は、プロジェクトの終了など区切りが良い時にします。退職の日が決定したら、後任と取引先のあいさつ回りをして上手に引き継いでいきましょう。強引な引き留めを回避するには、期間を区切ることが有効です。そして、後任を育てておけばスムーズに退職することができるでしょう。

退職期間は会社によって違う

会社の退職までに要する期間|3ヶ月/勧告/交渉/法律/手続き

退職期間について詳しくわかりました。会社の規程によって期間が決まっており、ない場合は2週間が目安なります。退職期間は業種によって大きく変わり、平社員と管理職でも大きく違います。

基本的なマナーは、引継ぎや後任問題をクリアーにして辞めると印象が良く、迷惑が掛かりません。また、気持ちよく辞めるためにはそれなりの期間が必要で、短期間では難しいでしょう。

退職後は就職先の問題もありますから、どちらにも迷惑がかからないように期間を決める事が大切です。気持ちよく送り出してもらえるように、マナーを守って退職手続きをしましょう。

Related