Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月12日

離職票はいつ届くのか・いつまで有効なのか・いつ必要か

会社を辞めたら離職票はもらえることになっています。いつからいつまでという期限が離職票自体にはないですが、失業保険をもらうには1年間の有効期限しかありません。公文書の知識は学校では教えてもらえません。経験を積んで公文書などを理解していくようにしましょう。

会社の離職票はいつ届くか

勤めていた会社を辞めた人へは「離職票」というものを発行しなければいけません。離職票とは、離職者のその後の生活や新しい仕事を見つけるために必要で、なくてはならない証明書です。

近年、会社を辞めて転職する人が増えて来ましたが、その際、離職票や離職証明書が必要になってきます。被保険者の資格を失くして翌日から10日以内に発行される事になっています。なので、仕事を実際に辞めてから10日以内に遅くても発行されるでしょう。

会社を辞めたら、会社に離職票が必要な事を伝えてから、ハローワークへ離職証明書の書類を提出して離職票が発行されます。よって、いつから離職票が必要なのか会社に伝えておいて、早めに発行してもらいましょう。

派遣社員の場合

派遣社員は、契約満了の際に派遣会社へ離職票を請求できます。一つの派遣先での仕事を終えて契約満了となった場合は、次の仕事をすぐに見つける事は難しいので、離職票の発行を請求できます。雇用契約書も一緒に持っていた方が仕事を探す際に便利でしょう。

普通の社員と違って派遣社員の場合は契約満了の際に会社に離職票を請求できるので、登録型の派遣社員でも特定派遣でも離職票を請求する際は契約満了の時しかありません。

離職票は失業保険をもらうためにどうしても必要です。派遣社員から正社員を探す際もハローワークに通わなければいけないので離職票がなければ次のステップに上がれないことになります。被保険者の資格を失くしてから10日以内にしか発行できないので、いつからということを会社に問い合わせるだけでなくいつまでに離職票が欲しいと言っておいた方が良いでしょう。

契約社員の場合

契約社員は正社員と同じような雇用形態だと捉えた方がよいです。派遣社員よりかは会社は離職票に関して無頓着ではないです。派遣先からの仕事が契約満了となるのはいつだか分からないといった不透明な部分がないからです。

離職票が必要な場面になるのはハローワークでの失業保険をもらう時や、その後の仕事を探しやすくするためです。また失業保険をどれだけ払っているのかもハローワークで分かるので離職票を早めに会社にいつからもらえるのかを確認しておく必要があります。

契約社員でも正社員でも離職票をもらう際の手順は一緒です。会社に離職票を請求して、その後会社がハローワークへ離職証明書を提出してから離職票が発行されるので、会社にいつ離職証明書をハローワークに提出したかを聞くのも良いでしょう。

退職した人にすぐに届くのか

自己都合で辞めたのか会社都合で辞めたのかによります。自己都合で辞めた場合は会社となかな連絡が取れない場合もあるので離職票をもらうのが遅くなります。離職票自体は被保険者を失くしてから、会社が10日以内にハローワークに離職証明書を提出するので実際に会社を退社してから7日後などに届くケースもあり、すぐに届くようになっています。

すぐに届くか届かないかは会社にもよります。社員のその後の生活を重視しない場合はこちらからいつまでに発行してくださいと言っておかないと、すぐに手元に届かない場合もあるので、なるべくいつから離職票がもらえるのかを聞いておくと良いでしょう。

離職票はいつまで有効なのか期限はあるのか

離職票は有効期限はありません。失業保険を受け取る場合は1年以内にハローワークへ離職票を提出する必要があるので、出来るだけ1年以内にハローワークへ離職票を提出して失業保険をもらいましょう。

また出産や病気などでハローワークなどに行けない場合は離職票の有効期限を伸ばす事も可能です。その際は出産や病気の時の診断書などが必要です。

離職票に限らず、公文書となる文書の場合はいつからいつまで有効という期限がついて回ります。それは公の書類なので仕方がないです。もし離職票をもらったらなるべく早くハローワークへ行くのが一番良いでしょう。やむを得ない理由ですぐにハローワークへ行けない場合は正当な理由と書類が必要になってきます。

離職票をもらったらすること

離職票をもらったら離職した年と正式な日にちを確認しましょう。また会社をどのような理由で退職したかも書かれています。自己都合なのか会社都合なのかが書かれているので、事実と違う場合は違っている事を会社側へ告げなければいけません。

いつから離職票をもらえるのかも必要ですが、離職票自体が退職者にとってハローワークなどで失業保険をもらう際に支障がない退職理由なのかも確認しておく事柄になります。

離職票だけではないです。公文書などの発行などは事実と違ったことを会社側に申請されてしまった場合は勇気を持って事実と違う事を会社に伝えて、その後の仕事探しや失業保険がじぶんの望んだ通りに支給されるようにしておくことも大切です。

離職票の必要になる時とは

離職票は1年間の有効期限があります。離職票が必要になる場面は失業保険の交付とその後の仕事探しに離職票は必要です。離職票を発行する事を拒む会社はほとんどないでしょう。

離職票が必要な時とはいつなのかと問われたら、仕事を辞めた時点です。会社に離職票を請求して、働いた分の源泉徴収票などをもらうことなどはもちろんその後の仕事を探す上でも離職票は必要になってきます。

人事課などに所属していた社員などは離職票やその他の書類の重要性は分かっています。まだ若くて会社を辞めた場合などは周りの先輩や友人、家族に退職後の手続きのことを聞いてみて参考にしてみることも必要です。

いつから提出をするのか

いつからという期限は決まっていません。離職票をもらった時点でハローワークに離職票を提出すれば失業保険の手続きに入る事ができます。離職票自体の有効期限は1年間です。その1年間も失業保険をもらうための期限であり、離職票自体の期限は切れない事になっています。

若いうちは公文書などの公の書類に関して無知な事もあり、実際に退職しなければ分からない事もあるのも事実です。ネットでの情報なども確かな物とそうでない物が存在しており、他人の意見を聞きながら、失業後の活動などをしていく必要があります。

学校での机上での勉強では推し量れないのが実社会での経験です。

離職票は離職したときいつから準備するべきか

会社での退職の手続きが終われば離職票をいつまでに欲しいと人事課に言っておきましょう。退職後の仕事が決まっている場合は社会保険と雇用保険の資格喪失届けと住民税の変更手続きをします。退職後の仕事が決まっていない場合は離職票の発行を会社側にしてもらうので、通常の会社ならば辞めてから7日の間には離職票が離職した人に届くでしょう。

退職した際に会社にいついつまでに離職票が欲しいと伝えておくのもよいです。どの時点で準備をするべきかは、じぶんがいつまでに会社に離職票を発行してもらいその後の活動をしていくのかにもよります。なるべく早く離職票はもらっておきましょう。

発行される時を待つ場合

今まで世話になった会社がじぶんに最後にしてくれることが離職票の発行です。その後会社にも必要があれば出向いて、その後の処理などを進める事があるので離職票が発行されて手元にくるまでは辞めた会社だからといっていい加減な行動は慎みましょう。今までの感謝を忘れずに離職票やその他の書類の発行をしてもらいましょう。

離職票を発行してもらうこととは

一つの区切りと取りましょう。その後の仕事や生活にはどうしても離職票は必要です。離職票を発行してもらうことはもう辞めた会社の人間ではないので、辞めた会社の悪口や個人情報などを漏らさない事です。離職票をもらっても辞めた会社で仕事をしていた事実は変えられません。

離職票を発行してもらいその後の仕事を立て直そう!

離職票を発行する事は会社にとっても辞めた本人にとっても重要な事となります。源泉徴収票なども含めて公文書はその後、仕事を探していくためにどうしても必要になってきます。無責任な態度は辞めて会社を辞める際も仕事の引き継ぎや得意先への挨拶回りなどをしておきましょう。

離職票を受け取ったら、いつから提出するということは考えずに、すぐに失業保険をもらう手続きをしましょう。ハローワークでのその後の活動でどうしても離職票は必要です。発行を拒む会社は少ないですが、離職票の内容が事実と違う場合は勇気を持って会社側に違う事を伝えましょう。

Related