Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

安定した仕事とは|安定した仕事ランキング・安定した仕事はつまらない?

安定した仕事を求める方は非常に多くいらっしゃいます。少しの工夫と発想で将来に渡り、確固たる地位、安定した仕事、収入の仕組みを築くことができます。結果、あるのは豊かな人生です。筋道を見失うことなく求めた結果、豊かな人生になることは間違いない必然なのです。

不景気な世の中での安定とは

不景気な世の中と言われ、さらにはAIが職を奪うとまでされている昨今ですが、そんな私たちにとって安定した仕事というのは一つのキーワードとなりえます。

しかし、そもそも、安定した職業なんてあるのか、安定しているってどういうことなのか、認識があいまいな人は多いです。それでは、安定した仕事に就くということは難しいです。そこで、安定した仕事について、安定の意味や、安定した仕事の見つけ方を紹介します。

安定した仕事とは?

安定した仕事とは|安定した仕事ランキング・安定した仕事はつまらない?

世の中には数多くの仕事が存在しているのはご存じかと思います。しかし、その中でも安定した仕事に就ける割合は年々減少傾向を辿っています。

単純に雇用条件の水準が上がってきたんだと思われがちですが、実は労働者側、つまり、「働く側」の職場に対する価値観や、「仕事」そのものに対する価値観が多様化してきたことに原因はあります。そうは言っても、長い目で見れば、やはり「安定した仕事」というのは大きな魅力があります。

そこで、まずは5年~10年単位という1つの期間を基に、長く働ける職場、長く働ける職種を検証し、安定した仕事には一体どんな要素が含まれているのか?そもそも安定した仕事とはどんな仕事なのか?見ていきたいと思います。

安定の意味を知る

「安定」「安定」と騒いだところで何も始まりませんから、先ずは安定とは現代に生きる私たちとってどんな意味を指すのか?そこから入ってみましょう。

ここで、デジタル大辞典を引いてみると・・・

あん‐てい【安定】

①落ち着いていて変動の少ない・こと(さま)。 ↔ 不安定 「 -した経済状態」 「 -を保つ」

②〘物〙 ある系が外からの作用により微小な変化を与えられても、もとの状態からのずれが一定の範囲に収まるような状態。

③〘化〙 物質について、化学変化が起きにくい、あるいは反応速度が遅い性質。また、そのさま。不活性。 「酸に対して-な物質」

出典: https://kotobank.jp/word/%E5%AE%89%E5%AE%9A-429516#E3.83.... | https://kotobank.jp/word/%E5%AE%89%E5%AE%9A-429516#E3.83....

デジタル辞泉と、デジタル辞林で若干内容が異なるのですが、大体の基本となる部分は同じ意味で表現されています。ではこの3つの中で「安定した仕事」に関係しそうなファクターですが、①の「落ち着いていて、変動の少ない様(さま)」という点です。これに着眼してみましょう。

落ち着いていて変動のないさま

さて第一に、安定した仕事とは何を指していくのか?という疑問に対する答えとして「落ち着いていて変動の少ない仕事」、確かにこれが一番しっくりします。そして、この「落ち着いていて変動の少ない」という言葉は状態を指していますから、正確には「落ち着いていて変動の少ない状態の仕事」となります。でも実はこれって表面だけじゃ全くわからない部分ですよね?

例えば一社、貴方が是非入社したいという会社があるとします。貴方はどのようにこの会社は「安定した仕事」ができそうだ、とか「落ち着いていて変動が少なそうだ」とか判断するのでしょうか?

端的に申してしまえば、そんなことは入ってみなくてはわからないです。なぜなら安定した仕事を「変動の少ない様」を示すのならば、主観的な状態が含まれてくるからです。

安定した仕事とは表面ではわからない

安定した仕事とは|安定した仕事ランキング・安定した仕事はつまらない?

先ほどの章で申したように、安定した仕事とは表面上では決して推し量ることはできません。個人個人での主体性が重要になってきている時代において、安定した仕事を入社前に探そう、見つけようとするならば、まずは自分の求めている条件を何点か挙げ、それに注目していきます。

自分自身へのリサーチが済んだら、次に行うべきは、探していく会社又は職種の外的要因です。そういった具合に、段階的に掘り下げていくことで最終的に自分に会っていて、さらにその副産物として「安定した仕事」という要素が付いてくる可能性があります。

ですから表面だけで「あ、この会社は安定した仕事が出来そうだな」などと判断して入社してしまえば後悔することになるやもしれません。

自分の求めている要素を炙りだす

最初に行うべき作業は「内観」とも言える作業です。仕事や働く事に対して、自分自身がいったいどんな事を求めているのか?どんな事を考えているのか?それを知っておくことは大変に重要なことであり、基礎的な要素です。具体的に行う内観方法として「アウトプット」「見える化」「ミラー法」など様々ありますが、一番手軽に行えるものとしては「見える化」です。

「見える化」とは自分が仕事に対してどんなことを求めているのかをざっとで構いませんから文字に変換してみるのです。文字に起す作業はやってみると意外とストレスなくでき、始まりだすとポンポン出てくるものです。ノートに箇条書きで構いませんから書いてみるといいです。

もし自分が何を求めているのかわからない場合

内観の作業をしている中でも、どうしても「何にも出てこない」とか、「自分はいったい何を求めているんだろう」と、わからなくなってしまうこともあるかもしれません。そんな時には内観を一旦中止して、別の視点から考えてみましょう。

現在はインターネット上に多くのブログなどがありますから、これを活用しない手はありません。時には自分の考え方から外れて、他人の考え方や人生の生き方から突破口を得ることもありますから、そういった他人の価値観に触れてみるのも、自分が何を求めているのかの手掛かりになります。いくつか心に響く記事をご紹介しておきます。

・生き方から自分の求めているものを探す

・好きなことから自分が求めているものを探す

会社の条件を照らし合わせてみる

安定した仕事とは|安定した仕事ランキング・安定した仕事はつまらない?

前段階で、自分の求めているものにおおよその検討がついたら、次のステップに進む合図です。次のステップはいよいよ自分が入社したいと考えている会社について焦点を移していきます。

まずやるべきことは、入りたいと思う会社のピックアップ作業です。この段階では必ずしも1社に絞り込む必要はありません。ある程度分野に分ける必要はありますが、興味のあるものから入ってもいいし、会社のステータスを見てからチョイスしてもいいです。とにかく最低10社は挙げてみましょう。

そして次に必要な作業は「会社の実態調査」です。その会社はいったいどのくらいの規模なのか?従業員は何人いて、会社はグループ化されているのか?拠点や事務所は全国各地にあるのか?など外的な要素を見ていきます。

求める要素を具体化して分ける

ここまでの作業で、自分の求めている要素、自分がピックアップした会社の要素をある程度表面化できたら、今度はそれを具体化して分けてみます。もし安定した仕事というキーワードが無くても、安定した仕事とは状態を指すことなので、焦る必要はありません。ここから具体化していけば自然と安定した仕事へと繋がっていきます。

まずは安定した仕事を意識するよりも、自分の基礎となる意思を築く必要性の方が高いです。具体化していくには、まずは出てきた要素を整理してみます。例えば自分自身で出てきたワードが「休みが多い」「やりがい」「残業代が出る」「残業時間が少ない」などであれば、それぞれを要素の一番上にもってきます。つまり大きな枠として置いてみるのです。こうすることで、さらに下に細かな要素を置いていくことが可能となります。

要素を照らし合わせ条件を作る

会社に対して出てきた要素もテーマごとに具体化して、細かな要素を引っ張り出してみます。こうすることで、自分の考えていることや、仕事に対して求めていることもだいぶ明確化してくきます。

そして、最終段階が「条件を照らし合わせてみる」作業です。ここで重要なのは第三者目線的に、出てきた要素であうものをピックアップし、結び付けてみます。この時は要素同士がダブって結びついても構わないし、同じ要素に偏って結びついても、もちろん構わないです。

大事なのは、でてきた沢山の要素を見える化して、明確化された条件として照らし合わせることです。そうすることで、自分が会社に対して求める確固たる条件が出来上がります。

安定した仕事に就ける資格とスキル選び

安定した仕事とは|安定した仕事ランキング・安定した仕事はつまらない?

前章の方法で、精神的な基礎が出来上がったら、今度は資格とスキルの面を見ていきます。前章までの「安定した仕事」についての定義は「変動がないこと」と謳ったが、この資格の面に関しては関係性が逆転してきます。つまり、安定した仕事というのがあちら側、比較的外的要因なのに対して、今度はこちら側、内的要因という立場になってものを考える必要があるのです。

前章で、自分の中にある方向性を見つけ出せなかった人も、今度はこの資格とスキルの面からアプローチしてみます。必ずしも資格を取得したからといって安定した仕事に就ける保障はありませんが「資格とスキルを身に着けてから就職先を探そう!」というのも一つのやり方として正しさを持っています。

【簿記】民間資格

簿記は企業における取引を記録する大事な資格のひとつです。企業では多くの取引先とお金のやり取りを行っていくことになります。そこでお金の流れを一定のルールに従って記録、計算、集計する技術が必要になってくるので、簿記のスキルは重宝されます。

一般的には経理部門の仕事。会社のコスト管理や、資金の運用などにも深く関わってくる仕事なので、それなりのスキルは必要となるが、持っておけば損はないです。世間一般では2級以上からの優遇が多いようですが、3級であっても何も持ってないよりは可能性はグンと広がります。事務系の職業に就きたいなら持っておきたい資格です。

【税理士】国家資格

貴方が会社員の場合、税金の申告などの手続きは会社が行ってくれます。正確には会社ではなく、会社が雇っている税理士が行っています。税理士の仕事内容は主には税務書類の作成や、それにともなう税務手続き、中小企業などを相手に税務相談をするなど、とにかく税金対策などに関しての専門家であること条件です。その為、国家資格としては難関な部類になります。

しかし、最近ではユーキャンなど、在宅で学べる講座なども多くあり、公認会計士と比べると比較的合格しやすいとされています。また、税金のプロとなることで、就活の際に有利になることはもちろん、独立を目指すことなどもでき、長く安定して働くためには有効な資格のひとつになるでしょう。

【TOEIC】民間資格

TOEICとは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価するテストで、現在では世界約150か国で実施されています。国際的な共通のテストとなっているのでTOEICのスコアがその人の英語レベルを表す国際的な基準、グローバルスタンダードになっています。

昔から注目度の高い資格ではありましたが、近年のグローバル経済の発展に伴い、その需要価値は増えています。ですから、身に着けておくという点でも強い後ろ盾になってくれるでしょう。

実際のテストは10点から990点までのスコアで評価されます。評価の基準は常に一定で、これにより自分の英語能力を正確に把握することもできます。TOEICの資格を取得したいという方は、TOEIC700という一定の水準が証明される項目があるので、そちらを目指してみるといいでしょう。

【ファイナンシャルプランナー】国家資格

ファイナンシャルプランナーは簡単に言うと「資産運用アドバイザー」です。主に資産運用を考えている個人客からの相談を受けて、生命保険や医療保険の見直し、株式投資、国債、預金の運用などの資産運用上のアドバイスを行うことを業務とします。実は世間一般的にはあまり重宝されるような資格ではありません。ですが、その反面取得者が少ないと言う希少価値をもっている穴場的な資格と言えるでしょう。

日本が抱える年金問題や、税金対策、個人投資など、今後起こりうる経済的な不安を解消してくれる武器として取得しておけば、その希少価値から長く重宝される側面をもっている資格と言えます。

【電検三種】国家資格

電験三種は、電気業界においてはかなり重宝される資格の一つです。主にはビルや工場などの大型施設の高圧電気の管理・保全をするための資格です。ビルや工場は一般家庭とは違い大量の電気を必要とします。

電気設備が間違いなく運用できるか、安全面に問題がないかなどをチェックし、その監督者として電験三種の有資格者が国に届出をします。国家資格ともあって難易度は高めに設定されていますが、取得すればかなりの安定力を備えた人材となれるでしょう。

安定した仕事ランキング

安定した仕事とは|安定した仕事ランキング・安定した仕事はつまらない?

次に安定した仕事ランキングということで、世の中にある数々の職業から「給与面」に注目して、とびっきり給料が高いわけじゃないけど、安定した仕事【10個】を紹介してみたいと思います。前章の資格とも照らし合わせながら参考にしてみてください。

第10位 薬剤師

【平均年収512万円】

薬学に関しての知識、販売資格は必要だが、働き方などの自由度も広く、人気の職業です。

第9位 製鋼工

【平均年収516万円】

作業現場によっては危険も伴う業種だが、給与面では安定していて、業界内でのパイプも広く男性には人気の職業のひとつです。

第8位 不動産鑑定士

【平均年527万円】

不動産に関しての経済的な価値を判断するお仕事です。業務内容によっては仕事の幅を広げることもでき将来性もある職業です。

第7位 社会保険労務士

【平均年収530万円】

労働関連上において、社会保障法令に基づき、書類の作成及び、企業の指導や相談を行うお仕事です。

第6位 システムエンジニア

【平均年収554万円】

いわゆるSEですが、昨今のプログラミングスキルの需要性からみてもわかるように、これからますます人気とその安定性を押し上げていく仕事と言えます。

第5位 獣医師

【平均年収562万円】

動物好きの人ならもちろん、専門性を高めていきたい人にはうってつけの職業です。

第4位 一級建築士

【平均年収599万円】

自らのセンスも問われる職業ですが、その分、給与面のでの安定性とやりがいは抜群なようです。

第3位 高等学校教員

【平均年収736万円】

私立よりも働き方に自由度があり、福利厚生もしっかりしている点で人気のある職業です。

第2位 公認会計士

【平均年収831万円】

相手にするのは大手企業がほとんどですから、その分専門性や知識も相当に必要ですが、身入りも大きく、安定している職業です。

第1位 医師

【平均年収1,104万円】

ここまでくれば安定だと言わざる得ない医師の給与額です。しかしその裏ではとてつもないストレスやプレッシャーも多いと聞きます。

安定した仕事への就職や転職

安定した仕事とは|安定した仕事ランキング・安定した仕事はつまらない?

「安定した仕事」について色々な面から覗いてきましたが、実際に安定した仕事であるかどうかは自分自身で動き出してみないと見えてこない部分も多いかと思います。現在安定した仕事に就けていると感じる方も、これから就職する方も、はたまた転職を考えている方もいるかと思います。

就職・転職については個人である程度リサーチを進めて、判断材料を多く持っていた方がその後の展開にも有利になることは間違いないですので、転職なら案件が多く、良質なサポート体制も整っているリクルートキャリア、就職ならリクナビがいいでしょう。

どちらもリクルートグループですが、規模が大きいほど、選択の幅も広がりますので、うまく活用して今後の活動に繋がる活動にしましょう。

安定した仕事はつまらない?

安定した仕事とは|安定した仕事ランキング・安定した仕事はつまらない?

ここまで「安定した仕事」についての考え方、安定した仕事ランキングや、実際にたどり着くまで方法など見てきました。

最後にもう一つ、「安定した仕事はつまらないか?」という点についてですが、皆さんの周りには安定した仕事に就いている方はいらっしゃいますか?また、その方とは親しい関係ですか?

もし、イエスなら、一度「安定した仕事はつまらないですか?」と聞いてみてはどうでしょう。一見失礼な質問かもしれませんが、どの方も「安定した仕事がつまらないかどうかは貴方次第でしょう」とこたえることでしょう。

世の中には沢山の仕事が存在していますから、「安定した仕事=つまらない仕事」とは必ずしもなりません。安定と楽しさ、どちらも追及していくことが、現代のライフワークなんではないでしょうか?

安定した仕事とは

安定した仕事とは|安定した仕事ランキング・安定した仕事はつまらない?

安定した仕事について安心したいという人も多いと思います。給与面の安定なのか、はたまた雇用され続けることを安定というのか、それはあなたの考え方により大きく変わります。

しかし、大事なのは、安定した仕事を求めて、自己分析や資格の取得など行動することです。残念ながらあ何もしないで安定した仕事は転がってきません。この記事を参考にして安定した仕事について具体化し、あなたなりの安定した仕事を見つけてください。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests