Search

検索したいワードを入力してください

隙間産業とは?成功例と失敗例|隙間産業での起業・ビジネス・種類・転職

更新日:2020年08月20日

従来の市場で、それまで誰も考えつかなかった分野、あるいは思いついたが事業として構築できなかった分野などが「起業」の起爆剤になることがあります。一般的には「ニッチ市場」または「隙間産業」などと呼ばれています。可能性を切り開く「隙間産業」をご紹介しています

① 隙間産業と思われた市場が、いつのまにか、市場が巨大化し、新規参入が相次ぎ、供給過多の市場になっており、競争が激化してしまうのです。事例として、日本の家電業界を弱体化させる要因の一つになった「液晶テレビ」含む「家電製品」の供給過多の事例です。

② 同じ事例は、業種に関係なく、かなり多いのです。高い技術力で当初、隙間産業が隙間産業であるうちはいいが、いったん市場の拡大が見込めると、次々と新規参入が押し寄せてきます。このことは、隙間産業の市場に常に注視する必要があります。

③ 「コモディティ化」とは、高付加価値の製品の市場価値が低下し、一般的な商品になることを指します。事例として、当初、「液晶テレビ」を購入した時は32型で25万円~35万円ほどしたものが、それがいつしか3-4万円で購入できるようになってしまって、そして、その間に多くの企業淘汰が起きています。

④ 商品が持つ機能の以外の機能の価値観を付加することができない場合は、残念ながら、ほとんどの商品に関して、コモディティ化は避ける事ができず、高付加価値を打ち出し続けることは難しいことです。

⑤ 大きい企業や高価な商品ばかりではなく、「白いたい焼き」のように、一時、はやったものでも、新規参入が続き、技術力が伴わないブームは去っていくのです。

隙間産業の種類

1. 専門店は隙間産業

① 専門店は隙間産業
その意味で、「限られたユーザー」を対象に販売する専門店は、市場規模が大きくならない「隙間産業」になります。百貨店など「なんでも売ってる」が流通すると次に起きる問題が「探しづらいもの」や「どうしても見たい商品」にニーズが移ってくるのです。

その中の一つに特化し種類と質で勝負することにより、大量生産の大手には出来ない隙間産業となります。例えば、「メガネ専門店」「大サイズ洋服店」のように、それには完全にターゲットを絞ることが大事です。

② 業種そのものが、差別化されている「伝統品」「お葬式関係(お墓・線香・仏壇)」「茶道関係」「華道関係」などは、専門店化して一定の需要が続いています。

③ 芸能界でも、「安室奈美恵」や「沢田研二」などもPRなどの経費を使わず、コンサートで集客し続けています。卓越した商品と固定客を持った、「隙間産業」だと言えるのではないでしょうか。

④「ダイエット」「美容」「健康に関する業種」などの専門店は、卓越した技術があれば差別化され隙間産業になっていきます。

隙間産業への転職:起業の戦略

「隙間産業で起業」するためには、まず「将来1位をめざす重占目標」をはっきり定めることが求められます。

第1「差別化戦略」は「1位づくり」です。

何故「1位」を目指すのか?

あなたは日本で3番目に高い山、2番目に長い川、4番目に大きな湖の名前を知っているでしょうか。ほとんどの方が知らないでしょう。逆に 1位高い山〈富士山3776M〉・長い川(信濃川367km)・大きな湖〈琵琶湖〉を知らない人は稀です。ユーザーも同じです。

有数企業以外は覚えてもらえません。ですからビジネスでは1位を目指さなければなりません。1位と言っても、「総合1位」を狙うのは「今から起業しようとしている者」の論理ではありません。

「今から起業しようとしている者」は「総合1位」ではなく「部分1位」を狙えばよいのです。地域に根ざしたビジネスなら「地域1位」、「特定の分野・用途1位」「特定客層で1位」「特定の商品群で1位」「真心サービス1位」を目指せばよいのです。

第2「1位の可能性」の見極め

① 商品まず「特徴がある商品」「競争力がある商品」「強い競争相手がいない商品」の順で徹底的に他社と差別化できる商品の検討をします。

② 営業地域 どの地域で販売活動をするか検討します。自社が「すでに強い地域」「営業活動がしやすい地域」「強い競争相手がいない地域」の順に検討します。

③ 業界や客層 これはまず自社がすでに「強い業界や客層」「強い会社がいない業界や客層」という順に検討します。
 
この作業をするうちに有力な候補がいくつか見つかったら、その中で最も可能性が高いものを一つに絞ります。目標を少数に絞るには決断力が必要になります。重点目標がはっきりしていると、実行しやすくなります。

第3「思い切った革新」

世の中は少しずつですが毎年変化しているので、今までと同じやり方をしていると徐々に効率が低下していきます。商品の場合はライフサイクルが衰退期に入ると採算が取れなくなり、営業方法も以前と同じやり方をしていると徐々に採算が保てなくなります。
 
こうならないために革新は差別化にも通じますから、常に、競争条件が不利な会社ほど、より積極的な革新が必要になります。

第4 「投資」は慎重に、

無駄をなくした設備投資過剰でない「軽装備の原則」を守り、動きの速さを保つことが重要です。会社の社屋などに資金投与は控え、経営規模が小さいことで競争条件が不利になっている会社が、競争相手に負けないために、「軽装備の原則」を守るようにしなければなりません。

以上「隙間産業で起業する戦略」について説明しました。

隙間産業の成功者

隙間産業の成功者とは一攫千金のようなイメージがあります。しかし、実際に隙間産業で発展してきた企業は、アイディアを掘り起こしたあと、入念にリサーチして計画して段階を得て現実的な算段もしています。

また、一度のアイディアが形になってそのままビジネスとして成立しているという人は稀です。ほとんどの人が何度も試行錯誤を繰り返し、技術革新・サービスの進化を繰り返し、「隙間産業」から「メジャー」に成長していったのです。

「隙間産業」の必要性と挑戦

「成功できる隙間産業」とは「顧客の要望・ニーズにマッチしている」だけでなく、「顧客が未だ気づいていない価値の提供・シーズの技術開発」が挙げられます。その「ニーズ」に応え、「シーズ」を提供し、必要とする顧客にアピールできる企業が隙間産業として成功していくということになります。

戦後、豊かな「資源」を有したアメリカの「大量生産技術」と対抗していく為には、日本は、全体1位を取る戦略ではなく、「技術力」「商品力」「顧客対応力」等で勝負する「部分1位:隙間産業」への挑戦の道で、国づくりをしてきました。

この道は、日本という国と国民性と合致した今後の日本にとって、各企業にとって、各個人にとっても、繁栄への1本道だと思います。

「隙間産業」の成功は、決して、特別な能力が必要とされるわけではありません。ご自分の得意分野で、埋もれているアイディアを見つめ直して、他の人を私たちも先達が作り続けた「隙間産業」作りに挑戦しませんか!

初回公開日:2017年08月10日

記載されている内容は2017年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests