Search

検索したいワードを入力してください

自動車業界の市場規模や動向・今後の将来性

初回公開日:2017年09月20日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自動車業界は今、電気自動車や自動運転技術の搭載などで大きな転機を迎えているところです。現状の市場規模や販売台数のなどを通して、今後の自動車業界の動向、将来性などをご紹介します。また、自動車業界の年収や業界用語など関連事項もあわせて説明します。

自動車業界の現状と市場規模

自動車業界は今、激動の時代をむかえています。日本の自動車メーカーは輸出産業から現地生産へのシフトに切り替わり、資本・技術提携などによって新たな技術や市場に向けての集中が進んでいます。新興国市場への展開、化石燃料からの脱却という大きな時代の変革のなかでの、国内、海外の自動車業界の現状と市場規模などをみてみましょう。

国内自動車業界の現状

日本の自動車業界は今、トヨタ、日産、ホンダの三つのグループに集約されていると言えるでしょう。トヨタはもちろん単独でも日本で有数の販売台数、売上金額の巨大企業ですが、ダイハツを完全子会社化し日野自動車も傘下に納め、スバル、いすゞとは資本提携、マツダ、スズキとは業務提携を交わしています。また、海外のBMWとFCV(燃料電池自動車)で業務提携を交わし、プジョー・シトロエンとはチェコで合弁会社を設立しています。

日産はカルロス・ゴーン会長のもとで仏ルノーと資本提携、三菱を傘下に置いています。また、フォードとはFCV開発などでの協力関係を築いています。ホンダは国内で特に提携関係はなく独立路線ですが、米GMとはFCV開発などの業務提携を結んでいます。

国内自動車市場とその規模

2016年の国内自動車販売台数は軽自動車を含めて約497万台で、2015年比で1.5%減になっています。2014年の約556万台をピークに2年続けて減少しています(一般社団法人日本自動車販売協会連合会調べ)。

    販売台数    前年比
    2016   4,970,198    98.5
    2015   5,046,411    90.7
    2014   5,562,752    103.5
    2013   5,375,407    100.1

国内自動車販売台数は1990年代から2005年まで600~700万台で推移していましたが、その後、金融危機などによる不況で徐々に下降し、燃料費高騰や東日本大震災の影響などもあって、このところは年間500万台前後になっています。

自動車税などの税制やエコカーなどの優遇制度の変更、あるいは消費税の影響などもあって、年度によって自動車種別の販売台数には波があります。ただ、経費削減要求や節約志向あるいは少子化・核家族化などによる自動車利用人数の減少などの傾向が大きく変わることはないので、今後、販売台数が急激に伸びることはないでしょう。

国内自動車業界の主要10社の2015年の年間売上高は68兆1730億円で、123業界に分類されている全産業のなかで第三位にランクされています(出典:http://gyokai-search.com/3-car.htm|業界動向SEARCH.COM)。これは海外での販売、輸出も含まれている売上高です。国内の自動車業界では国内市場が飽和しているなか、海外市場での売上拡大、シェア獲得が至上命題になっています。

海外自動車業界の現状

日本の自動車メーカーも海外には多く進出していますが、海外各地域での自動車メーカーの現状をみてみましょう。

アメリカはキャデラック、シボレーなどを擁するゼネラルモーターズ、GMと、リンカーン、マーキュリーなどのフォードの2強。GMとフォードとともにビッグスリーと言われたクライスラーは独ダイムラー・ベンツとの合併を経て現在は伊フィアットと合併、傘下に入っています。

ヨーロッパではフォルクスワーゲンとBMW、プジョー・シトロエン、フィアット、ダイムラー、ルノーなど。フォルクスワーゲンはアウディ、ポルシェ、ベントレーなど、BMWはロールスロイス、プジョーはオペル、フィアットはアルファロメオ、クライスラー、ダイムラーはベンツなど有力な企業、ブランドをかかえています。

新興国では中国が第一汽車、東風汽車など、吉利汽車はスウェーデンのVOLVOを傘下に納めています。韓国では現代自動車、起亜自動車など、インドのタタ・モーターズはジャガーやランドローバーを傘下に納めています。

海外の自動車市場とその規模

世界の自動車販売台数は、世界的な統計ポータルサイトである「Statista」によると2016年で7731万台とされています。毎年数%程度増加していますが、1990年代、2000年代からは飛躍的に増加しています。

    全世界販売台数(万台)
       2016      7731
       2015      7261   
       2014      7118
    2000~2013の平均      5374
    1990~1999の平均      3920

また、「転職・就活のまどサラリーマン」というサイトが、「Statista」のこの前年のデータを次のように紹介しています。

◎新車・販売台数【2016年予測】:約7,439万台(2015年対比+2.8%)
◎新車・金額ベース【2016年予測】:約220兆円
◎地域ごとの販売台数【2016年予測】:
• アジア:3,360万台(中国2,460万台)
• 北米:2,113万台
• 西欧:1,373万台
• 南米:313万台
• 東欧:280万台
◎新車・販売台数【2022年予測】:1億台突破(2016年対比+34.4%)
【出典】Statista.comデータを参照、翻訳

出典: http://nomad-salaryman.com/auto-industry-future-prospects... |

世界の自動車販売台数は、今後、新興国の伸びに期待ができ、特にインド、東南アジア、アフリカなどでの需要が増えるでしょう。日本企業はもちろん、世界の自動車メーカーがこれらの地域への拡販をねらって戦略をたて競い合っているのです。

自動車業界の今後と将来性

自動車業界の今後の最も大きな動きは脱化石燃料への対応でしょう。各国でガソリン車販売禁止の年限を打ち出しています。もう一つが自動運転技術の進歩で、安全運転のためのユーザーサポート、交通事故の激減が期待されます。市場的には新興国市場への対応が自動車メーカーの生死を分けるとも言われています。2020年代前半には1億台を超えるという世界の自動車販売台数です。将来の自動車業界はどうなっていくのでしょう。

電気自動車に対する各国の政策は?

最近、世界の各国が、EV(電気自動車)の普及に向けての発表を相次いで行なっています。

■フランスは2040年をもってガソリン社の販売を禁止、発売する車はすべてEVとする。
■イギリスは2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売を全面的に禁止する。
■ドイツでは2030年までにガソリン車などの販売を禁止する決議が国会で採択された。
■オランダやノルウェーでは2025年以降のガソリン車やディーゼル車の販売禁止を検討。
■インドは2030年までに販売する車をすべてEVにする目標を表明。
■中国ではEVとPHV(プラグインハイブリッド)の販売比率が2020年には12%になり、インドと類似の政策を検討中。
■日本は2030年までにEVやPHVの新車販売比率を5~7割にする目標を掲げる。

日本経済新聞の2017年7月27日の報道では、国際エネルギー機関(IEA)の予測として、EVなどの累計台数が2016年に200万台を超え、2020年には2000万台、2025年には7000万台になるとしています。

自動車メーカーの対応は?

Latests