Search

検索したいワードを入力してください

自動車業界の市場規模や動向・今後の将来性

更新日:2020年08月20日

自動車業界は今、電気自動車や自動運転技術の搭載などで大きな転機を迎えているところです。現状の市場規模や販売台数のなどを通して、今後の自動車業界の動向、将来性などをご紹介します。また、自動車業界の年収や業界用語など関連事項もあわせて説明します。

電気自動車や自動運転が普及するのにはインフラの整備が重要です。エネルギー源を供給する充電ステーションや水素ステーションは、自動車業界というよりは石油・エネルギー業界や行政の力が不可欠です。

自動運転に至っては、交通システムや法令整備などの環境整備が欠かせません。これらのシステムによって世の中の利便性や安全性が向上することは間違いありません。自動車業界が他業界や行政などの先陣となって、未来の素晴らしい自動車世界を切り開いていくべきでしょう。

自動車業界の年収

自動車業界は産業123業界のなかで第三位の売上金額を誇る大産業です。業界に従事にする労働者数は20万6千人、平均年齢39.9歳でその平均年収は716万円で123業界のなかでは20位にランクされています。

平均年収の716万円を超えている自動車メーカーの有数5をみてみましょう。有数はトヨタの851万円で、10位スズキの625万円とは200万円以上の差があります。

    メーカー   年収(万円)
    1位    トヨタ   851
    2位    日産   795
    3位    ホンダ   772
    4位    いすゞ   760
    5位    三菱   719

給与面では他の業界よりは恵まれている自動車業界ですが、そのなかでも営業職や製造、設計・開発などで差がでてきます。就職や転職などを検討する場合は、職種による賃金差にも注意しましょう。

自動車業界の業界用語

自動車業界では、業界独特の用語があります。自動車に使われる特殊な部品やシステム、メカニズムの名前や、製造現場で使用される自動車業界発祥の管理用語など多岐にわたっています。そのような自動車業界用語のなかから、他の製造業など、一般的にも知られるようになっている用語をいくつか紹介しましょう。

■横展、横展開:ある部署で決まった内容を隣の部署や、直接の指揮系統に入っていない組織にも横方向に伝えていって、事実や手法など良いことの共有をはかって成果につなげ、同列、並列関係にある組織・部署・工場等が協力していく仕組みのこと。

■特採、特別採用:検査などで不合格判定される製品であっても、後工程で手直しする条件や、実用上問題のないものについて特別に採用、つまり合格品とすることを特採(とくさい)と呼んでいます。

■ポカヨケ:ポカミスやうっかりミスなどを撲滅するための手法で、作業者のミスを防止する仕組みや、そのミスを発見して警告する仕組み、不具合があればそれを検知して次工程を始めない仕組みなどのことを言います。

■ジャスト・イン・タイム:必要なものを、必要なときに、必要な分だけ使って製造する生産方式で、余剰な部品在庫を持ちません。ムダ、ムラ、ムリがなくなり、生産効率、コスト効率が高まるシステムで世界的に取り入れられています。

まだまだ多くの業界用語がありますが、トヨタを筆頭とする自動車業界の生産システムなどの用語は「カイゼン」が世界用語になったように、世界中の企業で重用されています。

将来の自動車業界が展開する車社会を楽しもう

自動車業界は今、かつてない激動の転換期にきています。電気自動車や自動運転、それらの伴なうインフラの整備などがこれからの大きな課題で、10年後、20年後の自動車業界や車社会は様変わりしていることでしょう。

電気自動車や自動運転は、環境・地球に優しい、人に優しい技術です。今では想像もつかないような運転環境が実現するでしょう。未来の自動車テクノロジーの進化を享受しつつも、人としての役割、社会や環境などへの貢献を果たすことを忘れないことが大切です。車と人との共存は、時代が変わっても変わることはないものです。

未来の車社会がどのようになっているのか、楽しみなことです。自動車業界などの今後の技術革新を信じて、来るべき素晴らしい将来の車社会を楽しもうではありませんか。

初回公開日:2017年09月20日

記載されている内容は2017年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests