Search

検索したいワードを入力してください

ホテル業界の売上高・課題や今後の動向・離職率や年収

更新日:2020年08月20日

ホテル業界は海外観光客の増加や少子高齢化に伴う国内需要の縮小によって今後構造変化を求められる業界です。また政治や経済、そして景気動向によって売上高が大きく左右されるため、常に社会の変化に気を配ることで、目先のニーズ+αの仕事力をホテルで発揮してみましょう。

憧れのホテル業界に就くための志望動機とは?

ピシッとした身なり、素早く親切な対応、流暢な語学力、そんなホテルマンに憧れを持ったことのある人は少なくないはずです。そんなホテル業界で働いてみたいと思った方のために、今回はホテル業界の状況や動向、そして志望動機の書き方など盛り沢山でお送りさせていただきます。

きっとこのホテル業界のことを知ったら、働いてみたいと思えるはずです。そして、この記事を参考にして頂ければ、きっと就職や転職もうまく行くことでしょう。それでは憧れのホテル業界への扉を開いてみましょう。きっと色々な発見と気づきがあるはずです。

ホテル業界の売上高有数10とは?

ホテル業界の売り上げは、あまりニュースで見ないものです。実際はどこが売り上げているのでしょうか。

ではまず、ホテル業界において売上高の高いホテルとはどこなのか?
トップ3をランキングにしました。
まず第3位は東京急行電鉄で1,029億円。
第2位はリゾートトラストで1,422億円。
そして、第1位は西武ホールディングスで1,801億円です。

出典: http://gyokai-search.com/4-hotel-uriage.html |

ホテル業界の現状とは?

ホテル業界は景気動向に左右されやすい業界であり、不景気になれば、真っ先に影響を被るのがこのホテル業界です。東日本大震災や原発事故、北朝鮮の政情不安などお客様の財布の紐がきつくなる要因は多数あります。とはいうものの、東京オリンピックに向けて外国人観光客が増加することが見込まれるため、しばらくホテル業界の売上高は堅調に推移するでしょう。

その意味では、増える海外観光客に対応するため、海外の文化や言語力を身につけることが必要となります。個人としても海外の歴史や文化、言語を習得しておくことは仕事をする上で大きな力となることでしょう。

ホテル業界の抱える課題とは?

先にも述べた通り、ホテル業界は景気に左右されやすいため、今後の景気動向次第で売上高が大きく変化しやすい業界です。特に東京オリンピック後は、不景気が見込まれるため国内外の需要は減る可能性があります。しかし、今後は海外観光客の増加が見込まれることから、諸外国の文化を理解したり、語学力を高める必要があります。

また、東京オリンピックにおいて、必要となるスタッフの人数が確保できるかどうかという点についても、一つの課題と言えるでしょう。直近で、考えられる不安定要素としては北朝鮮を巡る政情不安などが挙げられます。加えて、東日本大震災における原発事故も大きな影を落としているといっても過言ではありません。

超高齢化社会において、国内マーケットには限度が見えています。観光立国日本のイメージを背負って立つ位のマーケティング戦略が、ホテル業界にとっては課題と言えます。

今後のホテル業界の動向とは?

ホテル業界の今後の動向としては、大きくシェア率が変わったりすることはなく、2020年の東京オリンピックまでは、堅調に売上高が上がるものと考えられます。その要因としては先にも述べた通り、海外観光客の増加が見込まれるからです。需要が増えるに伴い、供給は落ちる可能性がありますので、スタッフの質を落とさずに供給を維持するためには、宿泊料の改定などでそのバランスを補うなどの手を打つことも考えられます。

しかし、婚礼においては逆であり、少子高齢化社会により、国内における結婚の割合も減っていることから、こちらに関してはいかに海外からの結婚式を取るかといった戦略も必要になってきます。

ホテル業界の離職率とは?

ホテル業界の離職率は高いことで有名です。挙げられる理由としては給与がそれほど高くない点に加えて、休日が少なく不規則になりがちである点です。やはり将来的なことを考えると、こうした待遇では先行きに不安を感じる人は少なくないので、こうした数値になっているものと考えられます。

転職回数が多くなるほど、生涯年収は一般的に減る傾向にありますので、最初から入社してからの転職を考えているならば、違う業界を志望した方が良いのではないでしょうか。一方で、サービス業におけるスキルを身に付けたい、語学力をつけ、国際感覚を養いたいなど目的があるならば、ホテルにおいて活躍できるものと考えられます。

ホテル業界の平均年収とは?

ホテル業界における平均年収は約300〜600万ほどです。様々な情報があり、役職や資格の有無などによっても変わってくることから、一概には言えませんが、ある程度役職がつけば安定した給与を得ることも可能です。初任給など公開している情報を元に給与を予測し、行きたいホテルを決めて行きましょう。

そして、気になる福利厚生ですが、他の業界や会社に比べると、しっかりしていると言えるでしょう。有給や産休取得のしやすさ、社会保険、雇用保険などは十分整っている業界だと言えます。業界柄安定はしており、社内結婚も多い業界です。将来的なことを考えると、一定の人生目標は、望んで努力をすれば達成できるのではないでしょうか。

ホテル業界への志望動機とは?

新卒の場合

次のページ:ホテル業界で役に立つ資格とは?

初回公開日:2017年09月26日

記載されている内容は2017年09月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests