Search

検索したいワードを入力してください

テストセンターのボーダーラインが高い企業・企業別の一覧

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活生にとってテストセンターにおける企業のボーダーラインは注目どの高い情報です。今回は企業のテストセンターのボーダーラインのや、あらゆる企業におけるテストセンターのボーダーラインについて、企業の特徴と一緒にご紹介します。

あなたが入社したい企業のボーダラインは?

テストセンターのボーダーラインが高い企業・企業別の一覧
※画像はイメージです

この春はすでに就職活動を進めている学生さんも多いのではないでしょうか。就職活動中で気になるのがテストセンターです。今回はテストセンターのボーダーラインが高い企業の3と、各企業におけるテストセンターのボーダーラインについて詳しくご紹介します。

テストセンターとは

テストセンターのボーダーラインが高い企業・企業別の一覧
※画像はイメージです

テストセンターとは企業が人材を採用するにあたり使っている適性検査のことで、「SPI」とも言います。リクルート社が行なっており、面接だけでは分かりづらい就活生の基本的な能力や資質を、テストセンターのデータを基にして知ることができるので、多くの企業が取り入れています。

テストセンターには合格するためのボーダーラインというのが存在し、企業によって異なります。今回はそのボーダーラインをご紹介しましょう。

テストセンターで高いボーダーラインの企業3

テストセンターのボーダーラインが高い企業・企業別の一覧
※画像はイメージです

それではテストセンターのボーダーラインが高い企業の3を見ていきましょう。企業はできるだけ優秀で能力の高い就活生を採用したいと考えているので、テストセンターのボーダーラインを高く設定しています。また、就活生も多く集まるので、ボーダーラインがどうしても高くなってしまいます。

しかし、各企業のボーダーラインははっきりと発表されていません。したがって、今回は2018年の就活生に選ばれている企業を高いボーダーラインのある企業だと想定してご紹介します。また、各企業の特徴やの上位に入る理由なども詳しくご紹介します。

テストセンターボーダー第3位はANA

全日本空輸(ANA)は、航空事業にとどまらず、セールスやマーケティングにも力を入れており、不動産や保険事業メンテナンス事業にも力を入れています。の理由は、世界を視野に入れた経済戦略による成長にあります。

就活においてはテストセンターのボーダーラインだけでなく、謙虚に努力し続ける姿勢が重要視されます。また、内定をもらうにはTOEICが600点以上でないといけません。

テストセンターボーダー第2位は三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行は、住宅ローンや投資信託 、インターネットバンキングや資産運用も行っています。銀行業界においても大企業であり、堅実さや福利厚生などの面からものある企業です。

テストセンターボーダー第1位はみずほFG

みずほフィナンシャルグループは日本国内第2位の金融グループです。銀行業務はもちろんのこと証券業務も行っています。

また、グループ傘下にはコンサルティング部門のある会社や世界中のネットワークを活かした政策提言業務を行う会社など、幅広い業務提携やサービスの提供を行っています。大企業らしいたくさんの人材の確保と高収入、福利厚生の充実はの理由です。

あなたが受ける企業のテストセンターのボーダーは?

テストセンターのボーダーラインが高い企業・企業別の一覧
※画像はイメージです

テストセンターは大企業に限らず、中小企業も取り入れている検査方法です。テストセンターの特徴は受験者のレベルや回答の内容に応じて問題が変わり、企業が採用する人材のボーダーラインを自由に決められることです。

テストセンターのボーダーラインというのは、テストの点数ではなく、偏差値で評価されます。受験した就活生は、偏差値に応じて7つの段階で分けられ、企業が示したボーダーラインで就職が決まります。最も高い7段階の偏差値は70以上です。総合商社や一流の企業を受けるのであれば、偏差値は60以上必要だと言われています。

ボーダーライン偏差値70以上の会社

テストセンターのボーダーラインが高い企業・企業別の一覧
※画像はイメージです

これからあらゆる企業におけるテストセンターのボーダーラインを一覧にしてご紹介します。

博報堂

博報堂とは日本で大手の広告代理店で、テレビや新聞、雑誌・ウェブサイトなどあらゆる広告のイメージアップやプロモーション、マーケティングサポートを行っており、就活生にとっての企業です。

日本郵政

Latests