Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月03日

やりがいある仕事の見つけ方|男女/主婦・やりがい仕事ランキング

仕事をするなら「やりがいのある仕事」をしたいと誰もが考えるのではないでしょうか。やりがいのある仕事とは?やりがいのある仕事を見つけるには?やりがいのある仕事に転職するには?について解説しています。この記事を参考にしてやりがいのある仕事をしてみませんか?

やりがいとは?

やりがいある仕事の見つけ方|男女/主婦・やりがい仕事ランキング

やりがいのある仕事に就きたい、やりがいのある仕事がしたいと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。しかし「やりがい」とはいったい何なのでしょう。「やりがい」とは、張り合いを感じられる、達成感を得られる、自分の価値を見出すことができる、楽しさを感じられるといったことができるということでしょう。

具体的には「人に感謝されることで喜びを感じられる」「誰かの役に立っていると実感できるものを作り出すことができる」「自分が習得した技術で誰かを楽しませることができる」「自分の考えた企画が採用された」など、やりがいを感じる内容はひとそれぞれです。こういった喜びや達成感などを仕事で感じられる=やりがいのある仕事ということです。

やりがいのある仕事の意味

何に対してやりがいを感じるかは人それぞれです。職種や仕事の内容だけでやりがいを感じる訳ではありません。例えば「今日はこれをできるようにする」と目標を立て、それが達成できたことでやりがいを感じるのであれば、どんな職種でもどんな仕事でもやりがいのある仕事にすることができます。

また、自分のやりたいことをするためお金を稼ぐことを目標にしている人は、やりたいことができる収入と時間があり、今の仕事をしていることでプライベートを充実させることができていると感じている人も仕事にもやりがいを感じることができるでしょう。

逆に、この職種に絶対就きたい、この仕事がやりたいというと強い願望がある人がその職種以外の仕事をしていたとしたら、自分のやりたいことをやれていないとい不満の思いが常に頭の中にあるので、やりがいのある仕事だと感じることはできません。

やりがいのある仕事とは、仕事の職種や仕事の内容ではなく、自分が仕事をすることで満足している、喜びを感じることができる、達成感を感じることができるという感情を満たすことができる仕事だということです。

ケース別やりがいのある仕事の見つけ方

やりがいのある仕事を見つけるためには、自分が何に対してやりがいを感じることができるかということを知る必要があります。自分が何に対してやりがいを感じるかわからない場合は、自分が得意なこと、好きなこと、楽しいこと、褒められたこと、感謝されたことなどを振り返ってみましょう。

自分で立てた目標を自分の努力で達成することでやりがいを感じられるのであれば、どんな仕事を選んでもやりがいのある仕事にすることができます。

誰かと話をして笑顔を見ることでやりがいを感じるのであれば、お客様と対面で話ができる職種を選ぶことが必要です。また、特定の資格を取ってそれを生かした仕事をしたいのであれば、その資格を必要とする仕事を探すことでやりがいのある仕事を見つけることができるでしょう。

男性の場合、自分のやりがいだけではなく将来的に家族を養うということを考える人も多いでしょう。そのため、自分の社会的地位の高さや高収入を得ることで満足感を感じる人もいます。この場合、そういったものを満たす職業に就くことでやりがいのある仕事に就いていると感じることができるでしょう。

また、男性には支配欲が強い人もいます。支配欲と聞くとあまり良い印象を持たない人もいるでしょう。しかし、誰かを思いどおりに動かしたいということではなく、上に立ちたい、自分が先頭に立って率先して仕事がしたいという欲望は決して悪いことばかりではありません。

上に立つということはその分責任も重くなるということです。家族を持てば男性は、家族に対しても自分が家族を守らなければと考える人も多いでしょう。それと同じように仕事に対しても責任を持って仕事をしたいと考えます。責任のある地位になることでやりがいのある仕事だと感じる人がいるということです。

女性の場合家族を守るという考え方は根底にないので、自分のやりたい仕事をやることでやりがいを感じる人が多いでしょう。そのため、比較的専門性が高い職業に対してやりがいを感じる人が多いです。

自分の力を試したい、キャリアアップしたいと考える人も多く、仕事に対する欲求を満たすことでやりがいを感じる人が多くいます。また、人のために役に立ちたいという願望を満たす仕事もやりがいのある仕事として選択する人が多いのも女性の特徴です。

主婦

主婦の場合、自分の仕事に対する欲求を満たすことも大切ですが、家庭や家族も大切にしたい人が多いです。家庭の中だけにいると社会から取り残されているような感覚に陥ることがあり、家庭や家族も大切にしながら、社会に出て働きたいと考えます。仕事をすることで、社会にも必要とされていると感じ仕事にやりがいを感じることができます。

主婦のやりがいのある仕事ランキング

主婦がやりがいを感じる仕事にはどのような仕事があるのでしょうか。

5位:医療事務

医療機関での事務は、13時頃で午前中の勤務がいったん終了し、15時頃から再開することが多いです。フルタイム勤務ではなく医療機関の休憩時間に合わせて勤務時間を組むことができることも、主婦が働きやすい職場の条件の1つになっています。

また、直接患者さんから感謝されることもある専門性の高い仕事に関わることができるなど、やりがいのある仕事だと考える人が多いです。

4位:軽作業スタッフ

単純作業が楽しい、お弁当を持参しやすくまた通勤着に気を使うことがないので、経済的にも助かります。また、スタッフが多いので休みが取りやすいといったことが人気の理由です。

主婦の場合、子どもが急に具合が悪くなることもありますし、4月、5月は学校の用事も多く頻繁に休みを取らなければいけないことがあります。このような時に休みを取りやすいのはありがたいと感じています。

3位:コンビニ・スーパーのスタッフ

自宅から近いので、通勤時間がかからない。昼間の子どもたちがいない時間だけを選んで仕事をすることができるといったことが人気の理由です。また、比較的採用率が高いことも人気の理由と言えるでしょう。

2位:飲食店のスタッフ

コンビニやスーパーと同様で自宅から近く、昼間の時間の勤務希望で働きやすいといった理由で人気があります。ただし、平日の昼間の時間帯のシフトは争奪戦になることもあります。

1位:一般事務

土日は確実に休みたい、また子どもの休み(GW、夏休みなど)の時に会社も長期で連休になることが多いのが人気の理由です。また、一般の会社で勤務することで社会復帰できたという満足感を満たすことができるのも理由の1つでしょう。

主婦が外に出て働く場合、家庭生活や子どもの世話になるべく支障がなく働けるということが大切になります。また、子どもが小さいうちはどうしても休みを取らなくてはいけないこともあるので、そういったときに休みを取りやすいというのも大切な条件です。このような条件を満たすことができる仕事が人気で、かつやりがいのある仕事になるということです。

やりがいのある仕事を見つけるコツ

やりがいある仕事の見つけ方|男女/主婦・やりがい仕事ランキング

やりがいのある仕事を見つけるコツは、まめに情報収集することです。ハローワーク、派遣会社、フリーの求人誌、インターネットなど求人に関する情報はさまざまな媒体で探すことができます。しかし、すべての情報が1つのところに集約されているわけではありません。自分の条件に合う仕事を見つけるためには、こまめに情報を収集することが必要です。

自分のやりたいことの幅を広げる

職務経験がない仕事をするのは勇気が必要です。しかし、経験がない=向いていないと決めつけてしまうのはやめましょう。今までやるチャンスがなかっただけで、やってみたら自分に合っていて楽しい仕事になる可能性もあります。

また、子育てや別の会社での経験をしたことで昔の自分には合わなかったけれど、今の自分だから合う仕事もあるでしょう。やりがいのある仕事に出会うためには、自分の可能性を信じることも大切な要素です。

やりがいのある仕事に転職するには

やりがいある仕事の見つけ方|男女/主婦・やりがい仕事ランキング

やりがいのある仕事に転職するためには、自分にとって一番大切な条件を把握しておくことです。ハードルを上げてしまうとなかなか採用されないからとハードルを下げて仕事を探してしまうと、結局不満を感じるようになって仕事がつらいものになっていまいます。「この条件だけは譲れない」というものは妥協してはいけません。

未経験の職種の応募や年齢が高くなってからの応募は、確かに採用されるためには厳しいことが多いです。その条件を少しでも突破しやすくするために自分の強みを身に付けましょう。強みという武器は、自分に自信も与えてくれます。少しでも大きな武器を用意してやりがいのある仕事を手に入れましょう。

自分で自分を過小評価しないことが大切

やりがいある仕事の見つけ方|男女/主婦・やりがい仕事ランキング

やりがいのある仕事に出会うためには、自分で自分を過小評価しないことが大切です。もし、不採用になったとしても、自分自身に何か落ち度があった訳ではなくて、相手の会社の求めているものと自分が持っているものがたまたま合わなかっただけです。

何度も不採用になってしまうと落ち込んでしまいますが、自分が否定されていると感じてしまうとよけいうまく行かなくなってしまいます。自分が否定されているのではなく、条件が合わなかっただけと理解しておくことは転職する上でとても重要なことです。

自分の本音と向き合いましょう

やりがいのある仕事に出会うコツは、自分の本音を知ることです。採用されることを最優先にしてしまうといつの間にか自分の本音に言い訳をして、「これがいい」が「これでいい」に変わってしまいます。「これでいい」で仕事を決めてしまうと必ずやりがいを感じなくなっていまいます。「これがいい」を見つけて「やりがいのある仕事」に向かっていきましょう。

Latests