Search

検索したいワードを入力してください

音楽好きの人に仕事・音楽に関する仕事の種類

初回公開日:2017年11月22日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年11月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

音楽に関わった仕事をしたいと思ったことはありませんか?音楽好きであれば誰しもが夢見る音楽に関わる仕事ですが、実際にはどんな選択肢があるのかを知らない人も多いです。今回は音楽に関わる仕事についてさまざまなものをご紹介します。

音楽好きの人に仕事は?

音楽好きであれば一度は夢見るのが音楽を仕事にすることです。演奏したり、歌うのが好きであれば楽器の演奏者や歌手などに憧れますし、音楽を聴くのが好きであればCDショップやレコードショップで働きたいと考える人もいます。

音楽好きな人にな仕事はさまざまありますが、最もなのは、やはり歌手や楽器演奏者です。歌手や楽器演奏者であれば全国さまざまな場所で活躍することができますし、四六時中好きな音楽のことを考えながら生活をすることができます。

プロの音楽家として活躍し、生活できるのはほんの一握りではありますが、それでも可能性が全くないわけではありません。少しでもやりたい気持ちがあるのであれば、まずは挑戦することが大切です。

音楽に関する仕事の種類は?

音楽好きなのであれば、歌手や演奏家などとして活躍することを夢見る人は多いですし、挑戦してみる価値はあります。しかし現実は厳しいものであり、夢を持ち続けていればいつか叶うとは限りません。

すべての音楽好きが歌手や演奏家として生計を立てることはできませんので、挑戦してみてダメだとわかれば、他の仕事を探さなくてはなりません。しかし他の仕事を探すからといって、次に見つける仕事が絶対に音楽に関係しないとは限りません。

歌手や演奏家以外でも音楽に関係できる仕事はさまざまあります。音楽に関わる仕事はどんなものがあるのかを知り、自身の仕事選びに役立てていきましょう。

映画

音楽に関わる仕事としては映画音楽を手がける仕事が挙げられます。音楽はアーティストが歌ったり、演奏したりするだけではなく、映画などのメディア作品でも広く使われています。近年では映画音楽が一般的に広く有名になる場合もありますし、映画音楽を手がけることで、一気に有名になれる場合もあります。

また音楽は映画だけではなく、テレビ番組、ドラマなどでも需要はあります。音楽はさまざまなメディアと連携することができますので、音楽に携わりたいのであれば、メディアの仕事を目指すのもです。

スタジオ

音楽に関する仕事としてはスタジオでの仕事も挙げられます。スタジオでの仕事としてはスタジオスタッフとしてさまざまな雑用をこなしたり、ミキサーとして音響の調整を行う、あるいはスタジオのオーナーとしてスタジオ経営を行うなどが考えられます。

どのように働く場合であってもスタジオに関わっている以上、音楽と関わりながら仕事を進めることができます。有名なスタジオであればアーティストと一緒に仕事をすることもありますし、音楽業界と深く関わりながら仕事ができる場合もあります。

マネジメント

マネジメントの仕事、つまりマネージャーとして働く場合にも音楽に関わりながら仕事をすることができます。マネージャーはさまざまな業界にいますが、音楽業界でバンドや歌手などのマネージャーとして働くことで、音楽業界に関わった仕事になります。

マネージャーが楽器を演奏したり、歌を歌うなどのことはありませんが、常に音楽の現場にいながら働くことができますし、担当の歌手を応援しながら働くことができます。マネージャーとしてだけではなく、一人のファンとしても歌手やアーティストに寄り添いながら仕事を進めていくことができます。

作る

音楽を作る仕事も音楽業界に関わった仕事の一つです。音楽を作るといってもさまざまな仕事があり、作詞や作曲などを手がけることもあれば、サウンドクリエイターとして映画やドラマ、ゲームなどの音楽を作る場合もあります。

またDJとして新しい音源を作る、既存の音源をミックスするなどもありますし、音楽を作る仕事は歌手や演奏家に限ったことではありません。自身が作った音楽が有名なアーティストの手に渡る場合もありますし、自身は歌手として活動していなくても、音楽プロデューサーとして活躍している人もたくさんいます。

音楽を作るためには才能が必要ですが、音楽を作る仕事の選択肢は広いことを覚えておきましょう。

教える

音楽は作るだけではなく、教える仕事もあります。音楽を教えるのはボイストレーナーとしてプロのアーティストや、教室の先生として働いたり、ピアノ教室などのように個人でレッスンを行う場合もあります。

また学校の音楽教師として働くなど、音楽を教える仕事でもさまざまな種類があります。音楽は上手ければ必ずプロとして活躍できるわけではありません。技術だけで言えばプロのアーティストよりも音楽のレッスンの先生の方が高い場合もあります。

人によって得手不得手は違いますので、ステージに立つよりも、高い技術で指導するほうが向いていると感じるのであれば、音楽を教える仕事がです。

エンジニア

エンジニアは音楽を作る仕事の一つでもありますが、音楽に関わってできる仕事の一つですので、です。音楽エンジニアもさまざまな領域で活躍していますので、一概に業務内容は決まっていませんが、ゲーム音楽を作ったり、ライブなどの音響を担当することが多いです。

音楽エンジニアの場合は作曲してメロディーを作るのではなく、音源を作る、あるいは音源を自在にコントロールする役割を担う方が多いです。より技術的に音楽を支えたい人には、音楽エンジニアの仕事がです。

ライターなど

音楽に関わる仕事としては音楽ライターなどもあげられます。音楽ライターは音楽アーティストに関係した記事を書く仕事であり、場合によってはアーティストに取材を行ったり、仕事の一環としてライブを観に行くなどもあります。

自身のファンのアーティストに必ずしも近づけるわけではありませんが、近づける可能性は充分にありますし、何より音楽業界に深く関わりながらできる仕事です。

未経験でもできる音楽関連の仕事は?

未経験でもできる音楽の仕事としては、CDショップや楽器店などの店員が挙げられます。これらの仕事でも音楽の経験がある人が優遇される傾向にありますが、必ずしも経験がなければならないわけではありません。

未経験であっても充分に挑戦できますし、楽器店であれば仕事をしながら楽器の練習ができる場合もあります。またアルバイトなどからでも始めることができますので、未経験の人にはです。

クラシックの音楽に関係する仕事は?

クラシック音楽に関係する仕事としては、楽団の運転手や経理、コンサートホールのスタッフなどが挙げられます。クラシック音楽は馴染みのない人も多く、それに関わった仕事を知らない人も多いですが、仕事が全くないわけではありません。

楽団では演奏家や楽器を運ぶ運転手が必要ですし、楽団運営を支える事務や経理の仕事を行う人も必要です。またコンサートホールがなければ演奏することもできませんので、それらを運営していくスタッフなど、クラシック音楽に関わって仕事をしている人は意外に多いです。

音楽関係の仕事に転職する方法は?

音楽関係の仕事に転職するためには、知人の紹介がです。求人情報サイトなどを利用することでも働くことができる場合もありますが、求人情報が掲載されていることは少ないです。知人の紹介など確かなつてを辿るのが無難だと言えます。

音楽関連の正社員で働ける仕事は?

Latests