Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月12日

マーケティングの仕事の種類・給料とやりがい|WEB/企画

近年インターネットの普及で人気が高くなっているメディアにおけるマーケティング職。メディアにおけるマーケティン職の他にどのような種類があるのか、マーケティングの仕事とは何なのか、やりがいとは何かなど、マーケティングの仕事に関することを紹介していきます。

マーケティングの仕事とは?

マーケティングの仕事の種類・給料とやりがい|WEB/企画

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動です。要は、自社と顧客の間にWin-Winの関係をながく築く仕組みを作るということです。

例えば、レストランが新しくオープンしました。広告を見て来店されたお客様は、店の雰囲気、接客態度、料理など自分の基準価値と比較します。支払う代金より、お客様の満足度が高ければ、必ずまた来たいと思うでしょう。レストラン側は、かかった経費を差し引いて、売り上げが高けれ、企業と顧客の間でWinWinな関係が成立します。

マーケティング戦略・戦術

マーケティングは、目標を達成するための方法を考える戦略と、目標を達成するための具体的な方法を考える戦術があります。

例えば、ある会社が10億円稼ぐ目標を立てたとして、テレビ、新聞、雑誌、インターネットなど具体的な方法で稼ぐ方法を考えることが戦術であり、最も効率的にマーケティング目標を達成できる手段や方法を選択していくプロセスが戦略といいます。

データを収集したり分析すること、政治、経済、流行などに興味があること、他人とのコミュニケーションが好き、得意である人がマーケティングの仕事に向いているとされています。

マーケティングの仕事の種類

マーケティングの仕事の種類・給料とやりがい|WEB/企画

WEB

WEBマーケティングの仕事とは、主にSEO対策、アフィリエイト広告、ネットワーク広告、リスティング広告、SNS広告などの総合的なWebマーケティングの戦略立案から運用を行ったり、実施したプロモーション分析結果からの次の打ち手の企画と立案と運用を行います。WEBマーケティングの仕事には種類があり、それによって仕事内容はもちろん収入も大きく変わってきます。

一般的なマーケティングの仕事

自社のサービスをSEM広告の施策展開によって、収益最大化を目指す仕事です。 チームメンバーと共に実績データの問題点を導き出し、改善案の提案、導入、展開を手掛る仕事です。年収は、約550万円からとなっています。WEB業界での経験や知識がなくとも始めることができます。

ディレクター候補のマーケティング担当

ディレクター候補のマーケティング担当は、自社サービスの予算計画、戦略立案、実施までを一貫して担当したり、社内外交渉も行う仕事です。また、Webプロモーションを統括することも仕事をこなしていくうちに、ゆくゆくはしていかなければいけないことが多いです。年収は、約750万円ほどとなっています。

マーケティングコンサルタント

WEBマーケティングコンサルタントは、WEBにおける視点から幅広くサポートする仕事です。コンセプト・戦略構築を中心にコミットし、制作を統括するディレクターとの連携を図りながらプロジェクトを進める役割を持っています。年収は、約1200万円からと高収入が狙えるでしょう。

企画

マーケティング、企画の仕事はマーケティング業界の中で最も人気があり、比較的募集も多い仕事です。仕事内容は、最も効率の良く売り上げを上げるためにはどうすればよいかを考えることです。

自社の商品のおける市場の状況を徹底的に調査し、それらの情報から都のような製品をどのような価格で、どのような流通チャネルを用い、どのように売り出していくのかを考えます。また、消費者にどのようなニーズがあるのか、何が流行しているのかを調査し、新製品を企画することも仕事の一つです。

リサーチ

マーケティングリサーチは、リサーチ、データ処理や解析を行う仕事です。検証ポイント、仮説整理、調査対象、調査エリア、サンプル数、調査項目を顧客と検討し、調査を行います。主に、3種類の調査方法を提案しています。訪問調査とは、調査エリアから選出した調査対象者の元に調査員が訪問し面接を行います。

会場調査においては調査内容を考慮し、テスト内容を作成することと会場の設営を行い、会場に来場し調査対象者からデータを取ります。回収したデータを処理し、分析、報告まで行います。

適正調査は、調査依頼の背景や解決すべき問題、仮説から調査の方法を考え提案します。提案したインタビューフローを使用し、モデレータにインタビューし、収集した情報から新たに得た情報の確認など行い結論と提言をします。

広告

広告におけるマーケティングの仕事は、商品やブランドの認知度の促進とイメージ形成です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオの他、近年ではブログやYouTube、Twitter、Facebook、Instagramといったソーシャルメディアでの商品やブランドのアプローチが求められています。

マーケティングの仕事の給料とは?

マーケティングの仕事の種類・給料とやりがい|WEB/企画

マーケティングの仕事の収入は、その仕事の種類によって大きく変わります。東京の日本の企業におけるマーケティング職の平均収入は、2016年10月の調査では約514万円となっています。

20代のマーケティング職の平均収入は399万円と少ないですが、30代になると530万円と大幅に上がります。また、40代、50代では700万円を超え、年功序列の大企業よりも年収が高いといえます。

外資の一般的なマーケティング職の平均年収は3年以上で500~800万円、5年以上で800~1,000万円、7年以上で1,000~1,200万円となっており、日本企業のマーケティング職に比べて年収は高くなっています。

マーケティングの仕事のやりがいとは?

マーケティングの仕事の種類・給料とやりがい|WEB/企画

マーケティングの仕事は大変

マーケティングの仕事は、商品企画や広告企画、営業戦略に反映させるために知識や調査における努力、自らが主張する戦略、戦術の説得力をつけることが大切であり、社会や政治、経済に常にアンテナを張り、膨大なデータを収集し仮説を立て、検証を繰り返していく根気が必要です。

ただ、それを乗り越えた先に自分が考えた商品企画や広告企画、戦略や戦術がうまくいき、会社にとって利益を生む結果が得ることができれば、それがやりがいとなるでしょう。

マーケティングの仕事に就くには

マーケティングの仕事の種類・給料とやりがい|WEB/企画

マーケティングの仕事に就くためには、マーケティング理論や統計学などを学んでおくと有利でしょう。ですが、特別な資格が必要なわけではなく、ビジネスにおける経験と知識を持った営業職や企画職からマーケティング職に転身する人も多いです。

マーケティングの仕事の種類は、一般企業のマーケティング部門の他、リサーチ会社、プランニングオフィス、広告代理店、シンクタンクなど幅広いため、企画・販促の経験を積みたいのか、リサーチやコンサルティングのスペシャリストになりたいのかを見極めて選ぶ必要があります。

また、マーケティングの仕事を選ぶ上でデータを収集したり分析するのが好き、政治、経済の動向や流行など幅広いことに興味がある、他人とのコミュニケーションが得意である人が、マーケティングの仕事に向いているとされています。

マーケティング専攻

マーケティングの仕事の種類・給料とやりがい|WEB/企画

傾向として、マーケティングの仕事に就くには経験と知識が必要でしょう。日本および海外には、マーケティングを専攻に持っている大学があります。

広告やメディアにおけるマーケティングやアパレル、スポーツビジネス、フードサービス、コンテンツビジネスなどの流通やサービスにおけるマーケティングに分かれていることが多く、どのような分野で活躍したいかによって選ぶことができ、その分野で豊富な知識と経験を持ったスペシャリストになれるでしょう。

マーケティング業界で活躍しよう

マーケティングの仕事の種類・給料とやりがい|WEB/企画

マーケティングの仕事は、時間のかかる根気と体力がいる仕事ではありますが、自分の考えた商品や自分がかかわったサービスなどが世にでて新しい価値を生み出すことができます。また、流行や同行を理解することで、自分が時代の流れを作っているかのような感覚を味わうことができるでしょう。

仕事にやりがいや魅力があることが、就職や転職でマーケティングの仕事が人気の秘密でしょう。

Latests