Search

検索したいワードを入力してください

【職種別】商社の仕事内容・本|食品/エネルギー

初回公開日:2018年02月22日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

商社という職業はどんな組織があるのかや、仕事内容はどんなことをしているのかがわかります。仕事内容でたいへんなことがあるのかないのかや、最近話題になっている商社のことがわかる本で、たくさんある中でできる本を紹介しています。

業界別商社の仕事内容

商社の人たちは電機など暮らしに欠かせないものを、管理してくれている大事な職種の人たちで、中には治安が悪い海外に行って契約を結ぶ人もいます。商社はエネルギーと食品などさまざまな種類があります。

食品

食品の商社の仕事内容は、主にメーカーへ商品の発注や物流センターの在庫管理です。しかし、商社で食品を発注しても、物流センターに入荷しないのがデメリットです。商社でしっかりした仕事内容でも、全てが順調に進まないことが多いです。そのために依頼書などを発行したり、商社がメーカーに連絡を入れたりして、仕事内容を工夫してします。

食品商社のメリットは、仕事内容によっては特定の分野に深く関わりたい人はです。しかし、仕事内容をよくみると、海外の取引は総合商社と比べ仕事内容が少ないです。なので、海外でバリバリ働きたい人にとっては物足りなさを感じる可能性があります。

エネルギー

商社のエネルギー業界は、商社が環境対応エネルギー関連のビジネスをしています。仕事内容は成長戦略のひとつと位置づけていて、仕事内容を「電力」「ガス」「石油」の3業種に分けています。しかし、エネルギー業界は不景気の中にあり、安定的な収益基盤を持つため仕事内容を工夫しています。ここは商社の中で、財務上で優良企業扱いを受ける仕事内容が多い業界です。

最近の日本は電気代がかかるからと、省エネが進んでいます。なので、日本国内の需要は徐々に減る傾向にあります。商社の作業員は、マスコミみたいなガツガツしたイメージとは真逆で、のんびりした方が多いです。なので、エネルギー商社は忙しくない仕事内容です。

総合職・事務職別商社の仕事内容

商社で総合職と言うのがあります。商社で総合職はどんな仕事内容なのかというと、いくつかの商社をに向かうことが仕事内容になっていますが、商社によって所属するところや出先場所が変わることになります。なので、一箇所にとどまることが少ない仕事内容ですので、商社ごとや仕事内容によっては給料がよくて、商社で功績を挙げやすい仕事内容です。

商社なので男性が圧倒的に多いですが、女性がいないというわけではありません。女性でも世界的に活躍している商社もいます。なので女性でも総合職はいます。問題となるのは、仕事内容が非常に過酷になることが多いということです。仕事内容がたいへんなので、あまり女性はいません。

職種別具体的な商社の仕事内容

営業

商社以外の営業も、売ることと買うことが仕事内容です。国内の業者に仕入れたものを売ることもするので、営業の仕事内容としてはそんなに珍しいことではありません。なので、大きい商社・小さい商社でも営業自体の仕事内容は同じです。特に営業の方がやるのは、「新規以外の方の営業」をしています。

営業しなくても既に顧客とも長い付き合いがある場合は、顧客側から声をかけられることもあります。商品も技術と仕様を詰めて工夫しています。なので、営業職は営業をしなくても既に自社からの調達が決まっています。よく外観部品はトラブルばかりといわれていますが、ほとんどの商社は完璧にするまで外観部品は3~4回も試しています。

海外営業

反日感情がない国で海外営業をします。たまに危険な国もありますが、そのときは給料がたくさんもらえるメリットがあります。特に海外出張にいく国が多いのは、人口の大半を10~20代の若者が多いベトナムがほとんどです。理由は、他国で若い労働力が世界中の注目を集めているからです。

中国への一極集中のリスクを避けるために、質の高い労働力を求めてベトナムへ交渉しにいく、海外営業が増加しています。海外営業には英語力が必要になりますので、面接では何カ国かの会話ができる方を採用しています。しかし、海外営業は商社ではあまりありません。理由は近年は治安問題がたくさんあるので、テロに巻き込まれる可能性があるからです。

海外ですること

海外営業は、商社の商品の輸出入に関わるのが海外営業の仕事内容です。他にも日本の顧客企業や海外にある、取引先企業との交渉や新商品の開発をしています。なので、海外営業の仕事内容は納入までの一連の業務をしています。

特に資材や製品を、両国の取引先企業に納品することは絶対契約させなければいけません。契約したら終わりではなくて、今よりも効率的な商品供給体制の構築や、新商品の企画・立案などにも携わなくてはいけません。

事務

商社で総合職と一般職の部署があっても、事務の募集もしています。事務の仕事は一般職の人がその仕事をしています。そのため事務がやるべき取引先とのやり取りや、工程は総合職がやりますが、細かい伝票処理などの仕事内容は事務職がやります。

商社の事務の仕事の役割は、どのような事業を立ち上げ、どの企業に投資をしていくか企画・立案する総合職を助けることです。他にも事業計画を立てたりするときには、取引先企業の経営方針立案などにも携わっています。また、経験があると企業の経営を支援することもあります。

貿易事務

貿易事務は商品の輸出・輸入に関する、必要な手続きや書類作成をするのが貿易事務の仕事内容です。他にも入力業務や打ち合わせ・確認など、事務処理に携わることもしています。その中で特に商品の受注・発注から、輸送手続きや倉庫の手配、通関手続き・船積み手続きなど代金の回収とクレーム処理もあります。経験豊富なのでたくさんの仕事を任されています。

商社の輸出入取引をスムーズに行うために、専門知識がある貿易事務者が必ず必要になりますので、貿易事務の仕事をするためには、海外の企業との取引を行わなければいけません。特に英語をはじめとする語学力が求められます。

高学歴

また、輸出入に関連する法律や通関、船積みと外国など専門知識があります。なので、高学歴を求められる場合もあります。そのため一般的な事務とは違って、貿易取引のさまざまな事務処理を行っています。貿易事務は大きく分けると「輸出業務」と「輸入業務」があります。

Latests