Search

検索したいワードを入力してください

新卒の離職率が高い5・理由・平均・計算方法

初回公開日:2018年02月16日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事は労働環境に関する記事です。主に新卒の離職率の高い仕事有数5までと離職率の多い企業の理由、そして新卒の離職率の計算方法や注意点、新卒の三年以内の離職率の平均と統計の出し方、さらには現実の仕事とやりたい仕事のミスマッチを防ぐ方法が明記されています。

新卒の離職率が高い5

5位 大塚商会

新卒の離職率が多い企業5位は大塚商会です。大塚商会はOA機器を扱う専門商社で中でも他のメールが有名です。ですが、大塚商社は、営業のノルマが厳しくほとんどの新卒社員が3年以内にりしょくしてしまいす。以前は自社のコピー機の飛び込み営業が当たり前で、残業も当たり前で、終電前にかえれれば良い方でした。

ですが、現在は、残業は9時までと時間が決められて、改善はされてきています。離職率が高いのは、営業のノルマが高く、数字に精神的に追い込まれてしまう事が原因です。さらには、営業会社なので、収入が営業の成績+インセンティブで決まります。成績の良い人には天国の会社ですが、ノルマに追い詰められる日々は、人間の人格さえも壊してしまう事があります。

体調を崩して仕事を辞める新入社員も多くありません。

4位 楽天

4位は楽天です。楽天は、日本で有数の通販サイトですが、楽天の会社の営業部は厳しいです。中でも、新卒社員には30人の楽天カードの新規加入が課されます。このノルマを達成しない事はありえません。1位の人は200件の契約を持ってきたりします。

中でも、楽天の会社の中で社長の権限は大きく、社長の意見に「イエス」を言わないと左遷になります。さらに、楽天の入社面接では、社長の本の感想文を書かされます。こういった事と、営業のノルマの厳しさが合い重なって、離職する社員が増えているのでしょう。

さらに、楽天は大学生が就職したくない企業にも選ばれています。

3位 HIS

3位はHISです。旅行会社で有名なHISですが、管理体制は酷いです。サービス残業は当たり前で、人間関係も複雑です。旅行会社に行ったらわかりますが、多くの社員が女性社員です。女性社員が多いという事は、女の社会が構成されているという事です。

残業が多い事さらに、休日であっても仕事の連絡が入ってくる事からストレスを感じる人もすくなくないです。さらに、旅行件数と売り上げを上げなきゃいけないので、ノルマは高いです。人間関係と売り上げに追い詰められ、辞めてしまう人が多いです。

2位 積水ハウス

2位は積水ハウスです。最低でも、月に一見は家の契約を決めなければなりません。家は、何個も買うものではないのにもかかわらず、営業のノルマはたかく、達成できないと、上司から攻められます。数字やノルマに追われる営業会社と言って間違いないでしょう。さらに、営業の成績によって給料やボーナスがきまります。毎日残業して働いて居るのに、十分な給料がもらえない。

さらに、無謀な営業をさせられる。例えば。沖縄にタワーマンションを作るから一か月以内に部屋を埋めろなどの営業ノルマを課されます。同期のほとんどは離職してしまい、3年後には50人いた動機が5人しか残って居ないなんて事も珍しくありません。

やはり、営業職でノルマや数字に追われ体を壊してしまい辞めてしまう人も多くいます。

1位 モンテローサ

1位は大手居酒屋チェーン(白木屋・魚民・笑笑)の運営会社である、モンテローサです。なぜ、新卒の離職率が高いかと言うと、休日は週に1日が当たり前で、サービス残業は当たり前で残業代はいくら残業してもでません。居酒屋のチェーン店なので、夕方から夜中が仕事時間になります。昼夜逆転で体を壊し離職する人も多くいます。

なによりも、飲食業界は常に新しい物が出てきています。その中で利益を出し生活していくためには大変な苦労が必要です。飲食業界の未来に希望をもてなくなり、独立するひとや転職する人が多いです。さらに、過酷労働な割に給料が見合ってないという声が多く上がって居ます。

見合った給料が得られない事は体力的にも精神的にも厳しくなりす。そんな事から転職してしまう人も多くいます。

新卒の離職率が高い企業の理由

新卒の離職率が高い5・理由・平均・計算方法
※画像はイメージです

新卒の離職率の高い業界は主にB to Cの企業が多いです。つまりお客さんに対して何かサービスをしている業種が、新卒の離職率が多いです。では、なぜサービス業が新卒の離職率が多いのでしょうか。一番の理由は、休みと給料が見合わない。昇給するのが難しく、昇給する前に体や精神的にダメになり離職するしかないところまで追い込まれる方が多いです。

さらに、サービス業は一般的に土日が書き入れ時になるので、土日出勤は当たり前になります。従って、土日休みの仕事をしている人とは休みが合いません。

加えて、サービス業の多くはアルバイトなどで賄われていますが、ドタキャンされる場合も多く、そういった場合は社員が代わりに穴埋め出勤しなければなりません。そういった残業はあるにしろ、残業代が出ず結果ただ働きになることも多いです。さらに、ノルマが課されているが、達成できず自己負担しなければならないなども理由に上がっています

新卒三年以内の離職率の平均・統計

新卒の離職率が高い5・理由・平均・計算方法
※画像はイメージです

毎年3割近くの新卒社員が3年以内に辞めています。2年以内に辞める新卒は2割、1年以内に辞める新卒は1割であるということもわかるでしょう。「新卒者は年数と同じ数字の割合で辞めている」と考えると、覚えやすいです。

新卒の会社を辞める理由は、自分の希望する職業でなかった。満足した給与がもらえない。人間関係につかれた。労働条件が合わないなどの理由で新卒社員が年々辞めて行って居ます。

厚生労働省

新卒の離職率が高い5・理由・平均・計算方法
※画像はイメージです

厚生労働省が新規学卒者の離職状況を発表しました。中卒、高卒、短大等卒、大学卒とカテゴリ別に発表されていますが、一般的に報道されるのは大卒の3年で3割という離職率です。今年の3年以内離職率は31.9%で昨年よりも0.4ポイント減。2年連続の減少です。

大卒の3割が辞めているというと「最近の若い奴は根性がない」と仰る方もいますが、この水準は30年前からあまり変わっていません。バブルの前後で多少の変動がありましたが、少なくとも直近20年間はほぼ30%~35%で推移しています。

新卒の離職率の計算方法

新卒の離職率の計算方法は、3年以上前に入社した新卒社員の数を年度ごとに何人いるか調べます。その年の新入社員が3年後までに何人退社したかを知り、 退社した人数÷入社当初の人数=が離職率になります。これが会社の離職率の計算方法になります。

最新の情報を知りたいからと昨年度の入社人数を調べても、今年度はまだ終わっていないため、年度を通じた離職率の計算ができません。 少なくとも2年前、できれば3年前の入社人数と、その人たちの1年後・2年後・3年後の在籍人数を、比べてみると比較的適切な離職率を計算できます。

新卒の離職率が高い業界

Latests