Search

検索したいワードを入力してください

建設業界の動向と今後・建設業界企業

更新日:2020年08月20日

就職や転職を目指す方とって、建設業界がどのような職種があるのか、不明点や知りたい事が多くあると思います。日本は自然災害が危惧される国です。建設業界は施設構築と災害予防研究を担っています。建設業界の研究課題や建設業界の動向と今後について詳しい解説をします。

建設業界の企業

建設業界業績第3位:大林組

建設業界企業の業績3位にランクインした大林組の売上高は、1兆7000憶円です。大林組は、関西を拠点にしている大手建設業界企業。利益率の高さに関しては、業界でも有数クラスです。

建設業界業績2位:積水ハウス

業績に2位となっているのは、テレビCMなどでお馴染みの積水ハウスです。
業界研究をしている方にとっても、社名をよく耳にする企業でないでしょうか?売上高は、約1兆8000憶円。積水ハウスは、プレハブ鉄筋軽量住宅に強みがある、建設業界大手企業です。用途別に、さまざまなブランドを展開しています。

建設業界業績1位:大和ハウス工業

数ある建設業界の企業の中でも、売上高が最も高かったのは、大和ハウス工業。業績は、2兆8000憶円です。大和ハウス工業は、戸建て鉄筋プレハブ住宅に特に強い建設業界企業。「ジーヴォ」という外張り断熱住宅を展開しています。

建設業界には誇れる結果と使命感がある!

建設業界とは、日本全土を掘り返す土木工事や、あらゆる構造物を建築する重要な施設と建設の研究を担っている業界です。公共工事など大型のプロジェクト工事は、全国津々浦々にまたがり、仕事場は鉄橋、高速道路、鉄道と点々と移り替わります。

構築した仕事は、何十年、何百年に渡り存続し、地図上にも記載されます。建設業界の仕事は、大小の違いはありますが、そこは、大きなやりがいがあり、大きな達成感が満たされる職業です。建設業界に携わっている方々は、国造りの使命感を持って、研究、開発に取り組まれており、誇りを抱いておられます。

建設業界に従事されている多くの方々は、秘めたる使命感で従事されておられます。そのような方々で日本は支えられています。

地域の建設業の方で私たちの生活は守られています!

地域の建設業の方々の仕事は、私たちの生活に密着した2つの要素を担っています。1つは、暮らしに密接であり、欠くことができない公共の学校、公民館、高齢者施設の対処です。老朽化施設の更新、保守点検、自然災害予防の巡回点検など肌理の細かい仕事に従事されています。昼夜を問わず支えられています。

2つ目は、車社会に合って市街地の道路の消耗は激しく傷みます。道路の陥没や区分通行の線引きなど安全面のメンテナンスなど大変な作業も担っています。万一、自然災害発生など緊急時の場合、施設と道路関係に身を挺し、救済措置に取り組まれます。地域の工事専門の方々に私たちの生活が安心安全を研究されて、守られています。

建設業界へ就職や転職を目指す方々は、先輩の心意気を胸に刻み、就職・転職にチャレンジし、活躍しましょう。

建設業の企業

日本の産業は、123業界と言われています。その中で建設業界は、20位に位置しています。建設業界の過去の業績を顧みて、全体の現状や動向、傾向をご紹介します。日本の主要な建設業界は63社で構成されています。全業界123の中で建設業界の売り上げは、16兆7,924億円、建設業界の伸び率は伸び率+6.9%で41位です。

建設業界の収益性は+4.0%で54位、平均年収は692万円で31位です。建設業界を志す動機は、個々には多くの思いがあるでしょうが、その中で最も共通している3つの貴重な志あり、多くの先輩が活躍しています。この秘めたる志を託せるのが建設業界です。

志とは、
・社会に役立ち、子どもに誇れる形にできる。
・満足できる収入があり、安定した生活ができる。
・建設業界で楽しく仕事ができ、やりがいがある。
です。

建設業界の今後の研究

今後の建設業界の研究ですが、大きく見て2つあります。一つ目は、建設業に限定した事ではありませんが、少子化と高齢化の課題です。二つ目は、建設業界全体に仕組みと構造的な不合理性がみられます。そのため供給過剰によるダンピングが起こります。この点の合理的な仕組みの是正が研究の課題です。

建設業界の今後を短期、中長期に分けて見てみます。短期的には2020年のオリンピック関連の施設、中長期的には、新幹線、高速道路、自然災害の復興があります。特に、全国的な課題は、耐震の予防保全整備と方法の研究にあります。最近、話題としては、低下した傾向があります。ですが、環境エネルギー施設と技術的研究の大枠的な課題が挙げられます。

建設業界の将来性・動向

初回公開日:2018年05月18日

記載されている内容は2018年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests