Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月18日

建設業界の動向と今後・建設業界企業ランキング

就職や転職を目指す方とって、建設業界がどのような職種があるのか、不明点や知りたい事が多くあると思います。日本は自然災害が危惧される国です。建設業界は施設構築と災害予防研究を担っています。建設業界の研究課題や建設業界の動向と今後について詳しい解説をします。

建設業界の企業ランキング

建設業界業績ランキング第3位:大林組

建設業界企業の業績ランキング3位にランクインした大林組の売上高は、1兆7000憶円です。大林組は、関西を拠点にしている大手建設業界企業。利益率の高さに関しては、業界でもトップクラスです。

建設業界業績ランキング2位:積水ハウス

業績ランキングに2位となっているのは、テレビCMなどでお馴染みの積水ハウスです。
業界研究をしている方にとっても、社名をよく耳にする企業でないでしょうか?売上高は、約1兆8000憶円。積水ハウスは、プレハブ鉄筋軽量住宅に強みがある、建設業界大手企業です。用途別に、さまざまなブランドを展開しています。

建設業界業績ランキング1位:大和ハウス工業

数ある建設業界の企業の中でも、売上高が最も高かったのは、大和ハウス工業。業績は、2兆8000憶円です。大和ハウス工業は、戸建て鉄筋プレハブ住宅に特に強い建設業界企業。「ジーヴォ」という外張り断熱住宅を展開しています。

建設業界には誇れる結果と使命感がある!

建設業界の動向と今後・建設業界企業ランキング

建設業界とは、日本全土を掘り返す土木工事や、あらゆる構造物を建築する重要な施設と建設の研究を担っている業界です。公共工事など大型のプロジェクト工事は、全国津々浦々にまたがり、仕事場は鉄橋、高速道路、鉄道と点々と移り替わります。

構築した仕事は、何十年、何百年に渡り存続し、地図上にも記載されます。建設業界の仕事は、大小の違いはありますが、そこは、大きなやりがいがあり、大きな達成感が満たされる職業です。建設業界に携わっている方々は、国造りの使命感を持って、研究、開発に取り組まれており、誇りを抱いておられます。

建設業界に従事されている多くの方々は、秘めたる使命感で従事されておられます。そのような方々で日本は支えられています。

地域の建設業の方で私たちの生活は守られています!

地域の建設業の方々の仕事は、私たちの生活に密着した2つの要素を担っています。1つは、暮らしに密接であり、欠くことができない公共の学校、公民館、高齢者施設の対処です。老朽化施設の更新、保守点検、自然災害予防の巡回点検など肌理の細かい仕事に従事されています。昼夜を問わず支えられています。

2つ目は、車社会に合って市街地の道路の消耗は激しく傷みます。道路の陥没や区分通行の線引きなど安全面のメンテナンスなど大変な作業も担っています。万一、自然災害発生など緊急時の場合、施設と道路関係に身を挺し、救済措置に取り組まれます。地域の工事専門の方々に私たちの生活が安心安全を研究されて、守られています。

建設業界へ就職や転職を目指す方々は、先輩の心意気を胸に刻み、就職・転職にチャレンジし、活躍しましょう。

建設業の企業ランキング

建設業界の動向と今後・建設業界企業ランキング

日本の産業は、123業界と言われています。その中で建設業界は、20位に位置しています。建設業界の過去の業績を顧みて、全体の現状や動向、傾向をご紹介します。日本の主要な建設業界は63社で構成されています。全業界123の中で建設業界の売り上げは、16兆7,924億円、建設業界の伸び率は伸び率+6.9%で41位です。

建設業界の収益性は+4.0%で54位、平均年収は692万円で31位です。建設業界を志す動機は、個々には多くの思いがあるでしょうが、その中で最も共通している3つの貴重な志あり、多くの先輩が活躍しています。この秘めたる志を託せるのが建設業界です。

志とは、
・社会に役立ち、子どもに誇れる形にできる。
・満足できる収入があり、安定した生活ができる。
・建設業界で楽しく仕事ができ、やりがいがある。
です。

建設業界の今後の研究

今後の建設業界の研究ですが、大きく見て2つあります。一つ目は、建設業に限定した事ではありませんが、少子化と高齢化の課題です。二つ目は、建設業界全体に仕組みと構造的な不合理性がみられます。そのため供給過剰によるダンピングが起こります。この点の合理的な仕組みの是正が研究の課題です。

建設業界の今後を短期、中長期に分けて見てみます。短期的には2020年のオリンピック関連の施設、中長期的には、新幹線、高速道路、自然災害の復興があります。特に、全国的な課題は、耐震の予防保全整備と方法の研究にあります。最近、話題としては、低下した傾向があります。ですが、環境エネルギー施設と技術的研究の大枠的な課題が挙げられます。

建設業界の将来性・動向

建設業界の将来の動向は、国のトップをリーダーにした施策構築委員会が2つあり、研究されています。一つは「働き方改革(働き方改革実現会議)」、二つ目は「未来投資会議(建設現場の生産性革命)」会議です。

メンバーは、 総理を議長とし、前者が15名、後者が14名の有識者により構成されています。検討されているテーマの趣旨は、「人に関する改善と制度」と「建設業界の合理化」です。どちらも、働く人に密接に関係する未来志向の研究内容です。

この「改善・制度・合理化」が末端の現場で働く方々を含め、人の辛苦を根こそぎ救い揚げ、働きやすくなるように期待されます。建設業界は、安定した仕事場なり、幸せな生活ができるようになる方向にあります。ぜひ、建設業界へ就職・転職を図りましょう。

国道交通省の制度研究「働き方改革」とは

制度面の研究取り組み「働き方改革」として9項目をご紹介します。
・非正規方々への処遇の改善として、同一労働同一賃金化の研究です。
・現場の生産性を合理化し、賃金引き上げに繋ぐ取り組みです。
・時間外や休日出勤に所定外の働く時間の上限を規制し、長時間労働の短縮。

・教育の充実を図り、人材促進や格差の是正。
・副業や兼業に柔軟に対応する働き方促進。
・社会保障制度・税制など女性や若者が活躍し易い環境整備の研究。
・高齢者の就業をやり易くする。

・病気治療や子育て・介護など両立
・外国からの就労者の受け入れ方の研究
などです。

建設作業現場は、四季を問わず屋外の作業です。現場の一隅で、一輪車で土石作業の方も過酷な作業環境にあり、他の産業と同じの賃金と作業時間および休暇が保証されなけらばなりません。それには、現場作業の応援には、女性や外国の方の応援が不可欠です。

国土交通省の「働き方改革」最近の研究取り組みは

適正な賃金
・公共工事設計労務単価の適切な設定。
・ 4度目となる引上げをH28.2に実施。
・ 建設業者の適正利潤確保、歩切り の根絶やダンピング対策の強化を実施。

・ 施工時期の平準化 - 国債活用 - 地方公共団体の研究事例集公表。
・一次下請企業を社会保険加入業者に限定する。全ての直轄工事に実施。
・社会保険の加入促進
・H27.8か ら、全ての直轄工事に拡大するの実施。

平成29年度運用開始予定
・技能者の資格、就業履歴を業界統一のルールで蓄積するシステムの構築化研究。
・ 資格、就業履歴を適切に評価できる処遇改善、就業機会の増加につながる。

安倍総理を筆頭に国土交通省が主管となり、建設業界の人材不足、高齢化対策などの深刻な課題に対し国を挙げての施策が立てられ、「人を大事に」の環境造りがされれいます。

国土交通省の労働時間・休暇改善の研究は

・週休2日モデル工事の拡大。
・ H26年度からの週休2日モデル工事を H27年度は56件実施。
・H28年度は、倍増以上の件数を拡大。
・ 都道府県発注工事でも同様の取組へ働きかけ実施。

・ 測量・施工・検査の全プロセスでICTを活用する。
・測 量・施工の作業を効率化、検査書類・日数を大幅に削減 。
・長時間労働の抑制や休暇の拡大の実現を目指す方向の研究。

建設作業の従来は、作業現場が作業要素は大きい意味で層別できます。デジタル時代は人工頭脳の飛躍的な発展とロボットの進化が挙げられます。自動車のように完全なるドアtoドアになるまでにはかなり時間が掛かるでしょう。現場のドローンで建設場の施工AI設計、土や山の掘削、基礎工事、など、生産性向上は目の前に山のようにあります。

「人を大切に」を基本にすれば、他の産業以上に魅力ある建設業界が想定されます。

国土交通省の職場環境・人材育成の研究

・ 女性の活躍に地域ぐるみで取り組む活動への支援や、経営者向 けの研修を通じて、女性も働きやすい職場環境を整備
(例) 女性同士の交流会を通じ、経営者などへ職場環境の改善を提言 メーカーと連携し、女性目線から負担軽減につながる保護具を開発する。

・ 建設現場の仮設トイレについて、直轄工事では10月より快適トイレ(女性も活用)の設置を原則化し、職場環境を改善
・ 建設現場の生産性向上(i-Construction)。
・富士教育センターをH29年度からリニューアルオープン。

・教育 訓練プログラムの質を充実 。
・地域の建設業者による「職人育成塾」を支援。


建設作業に従事する全員に対して国民背番号をいい意味で制度化することで、一人一人が納得いく収益が確保できるようになると想定されます。でなければ、365日、24時間作業が継続される、自然相手の職場からは人が遠ざかるのが目に見えています。

建設業界に影響を与えたニュース

建設業界に影響を与えた最近のニュース3つを挙げています。

1つ目は、東京オリンピック競技施設全般、築地市場関係のインフラ整備のニュースです。

2つ目は、オリンピック特需と関連もありますが、建設業界は、深刻な若者の人手不足の問題です。高齢者による若者への技能・技術の伝承が薄くなる問題があります。

統計的に2016年時点で、ピーク時の30%減少の傾向です。関東を中心に就職関係の若手求人は売り手にあります。開催までに4年とあまり時間がありませんが、今が建設業への就職・転職のチャンスです。

3つ目は、東京地検と公取委は昨年末、大手ゼネコン4社を一斉に捜索し、談合疑惑の解明に乗り出したニュースです。談合のニュースは、いけない事で、旧態依然の制度にあれば是正のチャンスです。大袈裟ですが、末端の職場から古い体質改善の意気込みを持って就職や転職を前向きに考えましょう。

データに基ずく建設業界が抱える課題

建設業界の動向と今後・建設業界企業ランキング

データに基づく建設業界が抱える課題の現状は、公共投資も民間投資もピーク時(1992年)から減少の傾向にあり、84兆円が現在52兆円と言われています。それに対し、建設業許可業者数は、ピーク時の78%と投資額に見合った減少になっていないません。端的に言えば、小さくなった市場に対して求める側の業者は少なくならず、現状は過当競争な状態というのが課題です。

この課題の克服は困難であり、難問です。単に、景気情勢に座視するのではなく、建設業界のあるべき姿を求めて研究する事が大切です。

人手不足など

深刻な人手不足の内容を国土交通省のデータに説明されています。

人手不足の内容は、全就労者500万人(H27)に対する、若者(10~30代以下)の就労者が11%です。それに対し、高齢者(55歳)以上が34%で、高齢化傾向にあり、先行きの不安が深刻です。29歳以下の若手の就労が1割、55歳以上の高齢者が3割です。

問題は、建設業界全体に若手の不足と高齢者の増加が深刻化している現状が一つ、さらに、若手の方に技能、技術の伝承が途絶える危険性があります。建設業の現場はワンツーマン指導が欠かせませんし、どのように踏襲するかの研究が大切です。

平成9年度平成22年度平成27年度
建設業全就業者数685万人498万人500万人
技術者41万人31万人32万人
技能労働者455万人331万人331万人

建設業界の市場規模

建設業界職種は幅が広く多くの業種があります。ハード的系統では、地下工事、上下水道掘削、地面の基盤、基礎工事、建築物の骨踏み、組み立て、建屋の建築と内装です。複雑多岐の多くの職種です。ソフト面では、施主の意図の具現化のデザイン、建築物全体の設計、積算、施工技術、研究や工程表の設定などがあります。

難解なデザイン、施工美術的なセンスや技術開発研究などはコンサルタントの協力が必要です。就職するに当たり、建設業に絞った場合の職種の概要です。その他、一般的な経理、人事、総務なども大事な職種です。建設業界の市場規模の国土交通省によれば、過去のピークに比較し、業者数は22%減少し、就業者数は27%減少です。

それに対し、建設投資額は、38%減少にあります。供給過剰状態にあり、過当競争でダンピングが慢性化しています。

建設業界の仕組み・構造

建設業界のしくみと構成を知ってくことは、就職するに当たって大切な事です。公共、民間に関わらず施設の建設は、建設会社が請け負います。建設会社は、2つに分類できる事業種で構成されています。一つは、建設本体を請け負う総合建設会社です。二つ目は、建設に付随する設備専門工事会社です。

別格的に、建設の技術的展開から建設会社の依頼で、活動や技術開発研究する建設コンサルタントです。総合建設は、上場されている大手の会社(約90社)を筆頭に、中堅会社を含めたグループです。設備関連の電気、配管、内装資格を必要とする専門の工事会社も含まれます。合計すれば約47万の業者数です。

建設コンサルタントは、高度な技術、研究、デザインなど担っている分野の職種です。建設業界の業務の構造は、ピラミット形になっています。発注者が設計事務所やゼネコン(設計部)に設計を依頼し、ゼネコン(大手建設社)が施工を手配します。

建設業界の平均収入

建設業界の動向と今後・建設業界企業ランキング

建設業界の若手の人手不足が問題として深刻化しています。原因は、年収の低さと就業時間が長い事にあります。建設業全体では540万の年収、建設生産労働者は、440万円です。建設業以外の製造業で、460万円で、全産業では550万円がおおよその年収です。就業時間は、所定内の年で1981時間、残業、休日出勤所定外が160時間です。

全産業では、1607時間の所定内時間、所定外は132時間です。運輸・郵便の所定内は1777時間、所定内は306時間です。製造業は1768時間の所定内で、190時間が所定外です。それは、労働時間に対し、年間収入が製造業に比較し低くなっています。就職や転職を志してもこの現状では気持ちが引きます。

ですが、即刻な改善は、無理でしょうが、国として改善の取り組みがされており、大いにこの是正、研究結果が期待されます。

建設業界の職種一覧

建設業界の職種を分類します。大分類は、建設、土木の2業種です。大枠的に、中分類と小分類にした職務内容を表に添付しています。建設現場全体は、30職務数以上があります。表の分類ごとに、現場では細分化された作業となります。作業には多くのノウハウがあります。

中分類小分類
建設基礎工事関係型枠大工職、とび職、鉄筋作業食
建設本体職大工、ブロック積・タイル張り、屋根ふき関連職、左官職、板金金物、塗装職、配管工事作業職、その他。
電気工事専門職送電線架線、敷設、配電線架線・敷き設、電気通信設備工事、その他、電気工事1式
土木工事専門職土木作業職、鉄道線路工事作業職、ダム・トンネル工事作業職。
採掘全般工事職掘削、石切作業職、砂利・粘土土木作業職、浚渫工事作業職。

建設業界に関する本の紹介

建設業界に関する本をいくつかご紹介します。

よくわかる建設業界

これから、建設業界に就職や転職の方へのガイドブックです。建設業界とは、こういう感じの仕事だと理解ができる本です。家族や子どもにも説明ができる内容です。建設業経験者には物足りない内容でしょう。建設業界の事情を理解してもらい、家族からの協力を得るためにはいい本です。

建設業界の基本と取引のポイント

建設業界の基本と取引のポイントは、建設業に知識に通じた方のための本です。特に、会計や営業など面の方にお勧めです。建設業界の特徴や現状、課題と対応策、さらに、建設業独特の財務諸表などポイントの内容です。幅広いテーマとを豊富な図表・データで解説されています。幅広く、建設業界の骨組みなど広い意味の理解ができ、お役に立つ本です。

建設業界の動向とカラクリがよ~くわかる本

推奨の理由は、これから就職される方に知っておいてもらえていれば建設業の現実とからくり、今後の改善に役立つ内容の本です。建設業界で身を立てようと決心される方に役立つ本ではないでしょうが、建設業界を第三者の目と冷静に自分の立ち位置を忘れないための参考に役立ちます。

国土交通省の研究施策とは

建設業界は、大なり、小なり全国に展開する施設の構築です。施設には公共建設と民間建築による投資で行われています。その投資額は総計で52兆円(平成28年)の莫大な金額です。この投資額の内容は、公共施設が約22兆円で国家予算で組まれています。民間の方は、30兆円の投資です。

民間の場合は、景気の状況で左右されます。特に、大小の企業の設備投資と住宅建設が主体です。公共的な建設は、直近ではオリンピック施設関連設備があります。それに関係した高速道路、新幹線です。民間では、外国訪問者を迎えるホテル、高層マンション、分譲住宅などの建築が中心です。

それと同時に、自然災害の復興と地震、台風の予防保全、過去の建設施設の老朽化の更新があります。

建設業界の明日への思いとは

建設業界の景気情勢は地震災害の復興、オリンピック、新幹線鉄道、高速道路などの事業で当分は平行的に推移して行くと思われる。ですが、真の未来志向の建設業界のあり方として、現行の施策や研究で十分なのか、施策が就労者への想定効果が実現度合いに不安さが感じられます。

極端な言い方ですが、国土の平地部分の大半は田んぼであり、畑です。デジタルの発展とAI技術の進化は凄いです。すでに研究中でしょうが、狭い田んぼを区分けした稲作や野菜栽培でではなく、農業、建設、土木、工業を総合的に合体した合理化の研究が必要ではないでしょうか。

少子化による国の衰退、自給自足率促進化、貧困格差社会の是正を目的とした研究が望まれます。抽象的で具体性に乏しいですが、全員の幸せ社会の維持向上を目指した方向の第3の提案をします。

Latests