Search

検索したいワードを入力してください

自動車業界の今後の動向・課題一覧・就職3

更新日:2020年08月20日

自動車業界は、ITの台頭による自動運転技術や地球温暖化防止による電気自動車の参入などを受けて大きな変革を迎えています。自動車メーカー各社は、その変革に備えて独自の策を練っています。そんな自動車業界の特徴や魅力、今後の動向についてご紹介しましょう。

モビリティー革命2030 自動車産業の破壊と創造

本書では、2030年に自動車業界は大きな変化を受けると言います。パワートレーン化・車の知能化・シェアリングサービスの台頭の要因が、現在の自動車産業をどのように変化させるのか分析しています。

また、上記3つの要因から乗用車メーカーの利益が半減・部品メーカーの危機・ディーラー数の激減といった予測も展開しています。

自動車業界の今後の動向について知りたい人に一冊です。

データに裏付けられた未来予測は、確度のほどは未知数だが、考えるべきテーマの在り処を的確に示してくれて非常に有益だ。

出典: http://amzn.asia/0b4lvbZ |

自動運転で伸びる業界 消える業界

自動運転の普及により、自動車業界も変化を強いられています。自動運転による既存産業への影響と新規ビジネスの誕生について述べています。自動車業界の今後だけではなく、自動運転による影響を受ける他企業や「自動運転」のビジネス・マーケットについて概要を理解することができます。

自動運転の各社開発方針と進捗がよく纏められていました。
序盤の配車やサービスの話は最初は関係ない内容と思っていましたが、終盤は繋がりました。

出典: http://amzn.asia/fQjlzKT |

自動車業界の特徴

他のものづくり業界と比較した場合、自動車業界の特徴は部品メーカーや販売、サービス、金融などと幅広い分野に関連し、グローバルに展開する業界と言えるでしょう。この章では、「トヨタ」「ホンダ」「日産」の3社に絞って、それぞれの特徴を見ていきましょう。

トヨタ自動車

販売台数が世界の自動車メーカーです。自動車事業が82%、金融事業が18%と自動車事業一本に注力しています。世界初のハイブリッド車である「プリウス」を生み出し、現在のトヨタの代表車種となっています。

世界30か国に50以上の拠点と、自動車メーカーの中でも一番の海外拠点数を持っているため、グローバルに活躍したい人には海外事業に携わる可能性や海外出張・駐在の可能性が高い企業と言えるでしょう。

本田技研工業

二輪自動車事業が世界有数シェアを占めています。特にアジアやアフリカ、中南米で名の知れた企業です。

元々はバイクメーカーだったホンダは、そのエンジン技術を応用して四輪自動車の生産を開始し、ロボットや航空機の生産開発にも着手しています。自動車だけではなく、多様な技術を持った企業と言えるでしょう。技術に対するこだわりが強く、夢追う社風から、作りたい車を純粋に追い求める技術屋集団と言える企業です。

日産自動車

フランスのルノーと提携した日産は、外資系企業の素質も含んだ企業です。ルノー出身社員も多く、社内共通語が英語となっている部署もあります。入社コースによっては、入社する社員にも高い英語力が求められます。

自動車事業では、世界初の「自動運転」をミニバンタイプの車に導入し、同一車線自動運転技術の開発に成功しました。その技術によって、高速道路の走行を自動で行う車の販売を行っています。自動運転技術は将来の自動車業界の動向と密接な関係があり、自動運転を自動車に導入した、他社よりも一歩先をリードした企業と言えるでしょう。

自動車業界の魅力は?

自動車業界の魅力をご紹介します。

最先端の技術と関われる

自動車業界の魅力の一つは、その最先端技術です。近年では、ハイブリッド車や電気自動車、自動運転システムなどが導入され、自動車のあり方が大きく変化を受けています。特に、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)は次世代の開発が期待されている分野です。

日本の自動車メーカーは、世界でも有数クラスの売り上げを誇っており、最先端技術の研究にも力を入れているメーカーも多いため、最先端技術の開発と関われる可能性が高いです。

グローバルな仕事環境

自動車業界においても「グローバル化」が重要となっています。海外での販売だけではなく、海外との技術者との合同開発や工場生産の海外委託など、日本国外と仕事で関わる機会が多くあるでしょう。営業や開発・調達・経理など、部署によっては海外駐在や海外出張に行く可能性もあります。

プロジェクト規模の大きさ

自動車業界は、ものづくりの中でも、特にプロジェクトの規模が大きく、最先端の技術に携わることができます。多くの異なる部署との連携によって、長期間をかけて考えられ、世の中に販売されるまでのプロジェクトの大きさは、プロジェクトが達成した際に大きなやりがいがあります。

ITによって自動車業界は大改革を迎える

初回公開日:2018年06月01日

記載されている内容は2018年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests