Search

検索したいワードを入力してください

やりがいのある仕事5・一覧|男女別/バイト

更新日:2020年08月20日

やりがいのある仕事5をご紹介しますので、これから就職される方や転職を希望されている方もご参考にしてください。やりがいのある仕事をできると人生が何倍も楽しくなります。仕事は1日の中で多くの時間をしめるのでやりがいは肝心です。

現場監督という仕事は新たな建物を建設する上でとても重要な役割があります。一言で現場といっても状況はさまざまですが、建設関係者に非常に多い職種です。現場監督は建設における全ての責任を任されており、安全面やクオリティーや納期などを統括しています。

現場監督のやりがいの1つとして、自分が携わった建設物が実際に使われるようになることで喜びを感じることが多いと言います。

例えば道路や家、ビルなどを作り実際にそこで住まわれている人や、道路の場合であれば通行される方がより便利になったという声を聞くと嬉しく感じます。

パイロット

パイロットは子どもにとっても憧れが強い職種であり、パイロットの多くは男性です。

最近では海外旅行に出かける方も多くなったことと、飛行機の利用者や路線が多くなったことが影響して航空料金もとても安くなりました。そのため、便数もとても多くなりパイロットの数も増えているなか女性のパイロットも活躍してきています。

しかし、まだまだパイロットは男性に多くいです。パイロットのやりがいは操縦席から見られるパノラマでの美しい空の景色をみられることです。この景色を見られることはパイロットの特権です。

営業職

男性に最も多い職種は営業職です。営業とは自社の商品を販売する役割であり、営業成績がアップすれば必然的にやりがいを感じられます。

また、インセンティブなど売り上げに対して支給される給料制度はさらにやる気をそそられます。ノルマを持つことで達成するためにあらゆる方法や営業をかけなくてはいけないこともやりがいを感じられるポイントの1つです。

女性のやりがいのある仕事

女性のやりがいを感じられる職種は男性と違って、女性ならではの分野の職種があります。

女性は会社としての大きな組織よりも、個人的な満足を望むことが多く、その1つとしてはファッション関係のことが目立ちます。女性は自分をきれいに見せるために努力をおしまず、男性と違ったケアが必要です。

女性ならではのやりがいを感じられる職種をご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。

ネイリスト

女性が活躍する職場といえば、ネイルサロンです。

ネイルサロンで働くネイリストのほとんどは女性であり、男性が立ち入ることが少ない領域です。そんなネイリストのやりがいといえば、ネイルの新たなデザインを考えたり、満足そうにされるお客様の声をきいたときです。

女性がおしゃれをして自分に自信を持って帰っていかれる姿は何よりも嬉しさを感じられます。

ツアーコンダクター

女性の多い職種の1つとして旅行関係のツアーコンダクターがあります。ツアーコンダクターは略してツアコンなどといわれていますが、行き先、行き方、ツアー内容などあらゆる旅行に関するアレンジをこなす職業です。

ツアコンをする上でのやりがいは顧客満足を得ることです。お客様の要望は、予算、行き先、日数、日程、人数などケースバイケースです。より要望にあったプランをアレンジして喜んでいただけることは何よりのやりがいを感じられます。

事務職

女性の代表的な職種といえば事務職です。事務職は一見、地味に感じられることもありますが、正確によりスピーディーに無駄なくこなすことが要求されます。必要に応じた知識を取得したりと日々、努力と勉強が必要となります。

事務職のやりがいとしては、営業や他部署のサポートをすることで自分自身の必要性を感じることです。事務職は簡単におもわれがちですが、気の効いたサポートが要求される仕事です。

雇用形態別やりがいのある仕事一覧

仕事は全てにおいてやりがいと責任などが付随します。しかし、雇用形態が異なるとそのやりがいなどの特徴は異なります。一般的に雇用形態とは、正社員、契約社員、派遣社員、バイト、自営業などがあります。雇用形態別でのやりがいをご紹介しますのでご参考にしてください。

バイト

次のページ:派遣でのやりがいのある仕事

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests