Search

検索したいワードを入力してください

Web業界の7つの詳細を知ろう|平均年収・市場規模・職種などを紹介

更新日:2022年01月25日

Web業界にはどのような特徴があるのでしょうか。この記事では、Web業界で働くメリットやWeb業界の詳細情報、Web業界に向いている人の特徴、未経験者がWeb業界を目指すためのステップなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

IT業界とWeb業界の違いとは

近年、多様かつ魅力的あるWebサービスが生まれているため、Web関連の仕事をしたいと考えている方は多いでしょう。しかし、IT業界とWeb業界の具体的な違いについて理解しているという方は少ないのではないでしょうか。

ITは「Information Technology(情報技術)」の略です。そのため、IT業界は情報技術を目的とした技術を扱う業界、Web業界は文字や画像などのデータをやり取りするシステムを扱う業界という違いがあります。

Web業界で働くメリット3つ

さまざまな業界がある中でも、Web業界には華やかで魅力的なイメージを抱いているという方もいるのではないでしょうか。Web業界で働くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここではWeb業界で働くメリット3つを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1:最新情報が入りやすい

IT業界は情報の入れ替わりが激しく、日々新しい技術が生まれているため、トレンドがすぐに変わっていきます。その中でも特にWebは情報の新陳代謝が激しい分野だと言えるため、Web業界で働くことでITやWebに関連した最新情報が入ってきやすくなるでしょう。

そのため、新しいものが好きで常に最新のトレンドを追っていきたい人にはWeb業界がおすすめでしょう。

2:柔軟な働き方ができる

Web業界はあらゆる業界の中でも自由な空気感のある業界です。Web関連の企業の中には、服装は自由なところが多く、フレックス制を取り入れているケースも多いです。

また、決まっている仕事が早く終われば、後は好きなことをしていても問題ないというような企業もあります。そのため、柔軟な働き方がしたいという方にはWeb業界がおすすめだと言えるでしょう。

3:自動化されづらいためAIに沙汰されることはない

今後、AI技術がさらに発展していけば、いくつかの職業はAIに代替され淘汰されていくと言われています。

しかし、AIに取って代わられるような職業は定型的な業務を主とする職業なので、クリエイティブなWeb業界はAIでは仕事を代替することは難しいとされています。

目指す人は知っておこう!Web業界の詳細7つ

Web業界は他の多くの業界と比較しても、異なる雰囲気や空気感がある業界だと言えるでしょう。そのため、Web業界を目指している方は、Web業界全体がどのような特徴を持っているのか知っておくことが大切です。

ここでは、Web業界の詳細な内容について7つ紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1:Web業界全体の平均年収

Web業界全体での平均年収は460万円程度だと言えるでしょう。職種によって平均年収は異なりますが、Webデザイナーの場合は約460万円、Webプログラマーなら約450万円、Webディレクターなら約500万円を目安にしておくとよいでしょう。

2:市場規模はどれくらい?

インターネットやWeb業界の市場規模は、今後も拡大すると言われています。2010年代と現在を比較しても、およそ4.5倍程度まで市場規模が拡大しているため、Web業界は勢いがある業界だと言えるでしょう。

3:働いている人の平均年齢

次のページ:Web業界に向いている人の特徴3つ

初回公開日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests