Search

検索したいワードを入力してください

Web業界の7つの詳細を知ろう|平均年収・市場規模・職種などを紹介

更新日:2022年01月25日

Web業界にはどのような特徴があるのでしょうか。この記事では、Web業界で働くメリットやWeb業界の詳細情報、Web業界に向いている人の特徴、未経験者がWeb業界を目指すためのステップなどを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

未経験者がWeb業界を目指すためのステップ5つ

Web業界を目指している方の中には、Web業界未経験という方も多いでしょう。Web業界未経験の場合、どのようにして就職や転職を行えばよいのでしょうか。

ここでは、最後に未経験者がWeb業界を目指すためのステップ5つを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1:Web業界で自分のスキルが応用できる職種を探す

Web業界にはWebデザイナーなどのクリエイティブな職種だけでなく、営業職やマーケティング職などのさまざまな職種があります。そのため、自分が持っているスキルが役立つ職種をまずは探してみましょう。

2:資格の勉強をする

関連したスキルを持っていたとしても、証明できなければ未経験からの就職や転職はある程度のハードルがあります。そのため、Web業界で役立つ資格取得を目指すのがおすすめです。

資格勉強を行うことでWeb業界に関連した知識も身につくため、勉強も兼ねられるというメリットがあります。

3:独学かスクールか自分に合う勉強スタイルを選ぶ

未経験の場合は、必要なスキルを自分で習得する必要があります。勉強方法には独学やスクールなどがありますが、人によって適した勉強方法が異なるため、自分に合ったスタイルで学習を進めましょう。

4:ポートフォリオをまとめる

ポートフォリオは、Webデザイナーなどのクリエイターが自分自身をPRするために作成する作品集です。クリエイターにとっての職務経歴書とも言えるもので、これまでどのようなコンテンツを作成してきたのか、アピールしたい作品を中心にまとめます。

ポートフォリオがあれば、未経験でも自主的に作成したWebコンテンツをアピールできます。

5:就職・転職への準備

ここまでの準備を終えたら、実際にWeb業界への就職活動や転職活動をスタートします。未経験からWeb業界を目指す場合は、事前の情報収集を怠らないようにしましょう。

転職イベントで情報収集しよう

事前に情報収集をする場合、周りにWeb業界で働く人いれば、直接話を聞くのがおすすめです。いない場合は転職イベントなどに参加しましょう。

直接話を聞くことで疑問や不安などを解消し、実際のWeb業界の雰囲気なども感じることができます。

希望企業の離職率をリサーチしよう

よく求人を出している企業の中には、労働条件が悪い、いわゆる「ブラック企業」が含まれている可能性があります。

そのため、事前にインターネットで口コミを調べたり、イベントに参加した際に話を聞いてみたりして、希望企業の離職率がどのくらいなのか調べておくとよいでしょう。

Web業界を目指そう

Web業界は平均年齢が低めで、自由な雰囲気があるなど、他の業界と比べてさまざまな異なる特徴を持つ業界です。

この記事で紹介したWeb業界で働くメリットやWeb業界の詳細情報、Web業界に向いている人の特徴などを参考に、十分な準備を整え、Web業界への就職や転職を目指してみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2021年06月30日

記載されている内容は2021年06月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests