Search

検索したいワードを入力してください

介護業界の人材不足は深刻?介護業界にITを導入することでできる取り組み4つを紹介

更新日:2022年01月25日

介護業界では人材不足が進んでいます。その人材不足を解消するために介護業界ではITの導入も進んでいます。また、ITの導入以外にもいろいろな取り組みがされています。介護業界の人材不足を解消するためにも、どのような取り組みがされているのか知っておきましょう。

介護業界の離職率が高い理由の1つに、激務ということがあります。そのため、介護業界が人材を確保するためには労働環境を改善し、業務効率を上げることが重要です。

近年では、介護業界の業務効率を上げるための取り組みとして、ITを導入することが増えています。介護業界にITを導入することで、様々な効果が期待できるでしょう。

1:安心した運営

現在、様々な介護業界向けのIT製品やサービスがあり、スタッフや利用者の記録を簡単にしたり、そのデータをスタッフで共有できたりなど、業務のサポートをしてくれます。

それらの活用により、これまで手作業で行っていた業務が軽減し、スタッフの負担を減らすことに繋がります。スタッフが心身に疲労を溜めずに働くことができ、介護サービスに力を入れられるようになることから、施設の運営を安定させられるでしょう。

2:患者・利用者の利便性向上

介護業界向けのIT製品やサービスには、利用者の状況を見守ってくれるものもあります。それらを活用することによって、利用者のバイタルサインを別室から確認できたり、夜間の見守り、センサーによってベッドで寝る利用者の状態を確認できたりなどが可能になります。

施設の夜間巡回の効率化や、見えない場所にいる利用者の状況把握などができるため、スタッフの業務負担を減らせるようになるでしょう。

3:職員の業務サポート

介護の仕事では介護サービス以外にも仕事があります。その中にはスタッフの勤怠管理やスタッフ情報の管理など、手間や時間のかかってしまうものもあります。

介護業界向けのIT製品やサービスには、それらのようなスタッフの業務をサポートしてくれるものもあり、業務効率を上げることができるようになるでしょう。

4:経営基盤構築のサポート

介護の仕事では、スタッフの勤怠管理だけでなく、財務関係の事務仕事を行う場合もあります。その内容は複雑で時間も手間もかかってしまうことが多く、介護業務を圧迫しています。

しかし、これらの業務も介護業界向けのIT製品やサービスの活用によって、業務効率を上げられるでしょう。

業務効率を上げることで時間の確保ができ、介護業界の本来の仕事である介護サービスに力を入れられるようになります。

介護業界におけるIT活用例

前述したように、介護業界では労働環境の改善のために、ITが活用されることが多くなってきています。

そのため、ITの活用や導入に悩んでいるという場合には、どのようなITが介護業界で活用されているのか、その具体例を参考にしてみましょう。

1:介護支援ロボット

介護向けのロボットとは、スタッフが利用者の移動や排泄処理、入浴などをサポートする際に、その手助けとなってくれる機械のことです。

電動歩行アシストカートや、排泄物を感知して自動で吸引や洗浄をしてくれたり、利用者が浴槽に入る際、動きのサポートをしたりするものなどがあり、スタッフの業務負担と利用者の動きの負担を減らすことができます。

2:人事給与管理

介護業界には、介護施設だけでなく訪問介護などもあるため勤怠管理が複雑です。勤怠管理がしっかりとできていないと、給与の管理も正確に行うことができず、担当者がいつも困っているという現場もあるでしょう。

しかし、雇用や勤務、賃金の形態をまとめて管理できる勤怠管理システムなどを導入すれば、複雑な管理を簡単に行えるようになります。

3:情報連携

介護の現場では利用者の情報や医療機関とのやりとりなど、重要な情報をスタッフ間で共有しなければなりません。

しかし、ITを導入すると、いつでもどこでも、スタッフであれば利用者の情報が確認でき、自治体や病院などと利用者の情報をデータとして共有できます。

そのため、情報を伝えるために病院に足を運んだり、タイミングが合わずになかなか情報を伝えられないことがなくなり、業務をスムーズに進められるようになります。

4:利用者見守り

介護業界の仕事では、利用者の健康状態や安全を確認することも重要な仕事です。しかし、利用者が多いと、夜間巡回が業務負担となり、人材不足の介護業界では夜勤の人材を確保することが難しい場合もあります。

しかし、ITを導入してバイタルサインを確認できるようにしたり、ベッドで寝ている動きをセンサーで感知したりすることで、離れた場所からでもリアルタイムで利用者の状態を確認できるようになります。

介護業界の人材不足を解消するためにできることを考えよう!

次のページ

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests