Search

検索したいワードを入力してください

おすすめのPRエージェンシー10選|外注するメリットもあわせて紹介

更新日:2022年01月25日

この記事では、PRエージェンシーに依頼するメリットと、おすすめのPRエージェンシー10社を紹介しています。PRの重要性から企業を選ぶ時のポイントなど、自社での広報・宣伝に悩みがある企業や、PRの外注を検討されている方はぜひ読んでみてください。

そもそもPRエージェンシーとは?

クライアントの代わりに、商品やサービスなどの企業の広報・宣伝をより効果的に、かつ、専門的におこなう企業のことをPRエージェンシーと言います。

新商品の発売から企業の知名度向上、SEO施策など、クライアント企業が宣伝したい案件や求める宣伝効果を叶えるためのPRプランを考えて実行します。

PRエージェンシーは多種多様な実績により、企業の様々な要望に応えたPRに対応できるでしょう。自社に広報部がありPR活動をおこなえる企業も、より専門的にPRをしたい場合はエージェンシーに外注をします。PRエージェンシーは広報のプロフェッショナルと言えます。

PR活動と広告の違いとは?

同じように宣伝をおこなう広告とPR活動は別物になります。よって広告代理店とPRエージェンシーも別物です。大まかな違いは、広告は企業が作成した広告物の掲載をすることで、PRは発信するメディアに内容を任せて宣伝をしてもらう点です。

広告代理店では、クライアントの宣伝したいポイントを中心に広告物の制作をおこない、掲載までの手続きを代理でおこないます。広告掲載料が発生する場合がほとんどです。メリットとしてはクライアントが宣伝したいポイントを明確にアピールできるところです。

PRでは商品の情報をメディアに取り上げてもらうこと、テレビやマスコミから商品の情報を発信してもらうことが目的です。

広告とPRの大きな違いは、広告は企業が発信イメージを作成し、PRではメディアが発信情報を作成します。そのためPRでは良い部分だけではなく、メディアによっては商品の悪い部分も発信される可能性もあるでしょう。

PRのメリットは、メディアからの発信料が発生しない場合があります。また、宣伝力が高いメディアに取り上げられれば、多くのユーザーに発信できることも強みです。

PRエージェンシーに外注するメリット3つ

自社に広報担当者がいれば、わざわざ外注する必要がないと考える場合もあるでしょう。ここでは、PRエージェンシーに依頼をするメリットを3つ紹介します。

多種多様な実績、様々なメディアとの繋がり、外部企業として客観的な目線でのPR活動がメリットです。

エージェンシーはPRの専門職として、自社では思い付かない視点の提案や、多様なメディアを通しての広報などがおこなえます。そのため、社内に広報部がある企業でもPRエージェンシーに依頼をする時があります。

1:実績を生かしたアドバイスがもらえる

エージェンシーでは多様な企業からの様々なPR依頼を受け、多くの経験値と実績を所有しています。経験と実績を生かして、クライアントの要望にそったPR方法を提案してくれます。

新商品の発売や企業の認知度アップ、予算内でのPR活動など、その時々の要望に合う適切なアドバイスを提案してくれるでしょう。

過去の実績から信頼してPRをお願いできます。また不安な場合は、依頼前にエージェンシーの実績を確認し、依頼したい要望とマッチングするかの検討をおすすめします。

2:客観的な目線からPRを考えられる

自社では思い付くことができない、客観的な視点でPRを検討してくれることもメリットです。PRのプロとしてエージェンシーでは、どんな話題性だと喜ばれるか、どうすればメディアに掲載してもらえるかなどを検討する場合、客観的な視点で企画の立案をします。

自社だけでは客観的になることが難しく、外部のエージェンシーならではの客観的な視点によるアイデアは新たな強みになります。PR活動はユーザーや外部に発信する行為のため、より効果的に宣伝するためにも客観的な視点は大事なポイントです。

3:メディアと繋がりがある

エージェンシーはメディアとの繋がりも多く所有しています。メディアとの繋がりはPR活動をする上で大きなメリットです。

実績あるエージェンシーではメディアからも情報の信頼を得ており、様々なメディアに発信ができる関係性を構築しています。

一般的な依頼からは掲載を断ることが多いメディアの場合も、繋がりがあれば掲載してもらえる可能性があります。メディアへのアプローチが幅多くできることは宣伝力に繋がるでしょう。

次のページ:おすすめのPRエージェンシー10選

初回公開日:2021年08月23日

記載されている内容は2021年08月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests