Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

適当に生きる人の特徴7つと方法10つ

適当に生きるようにしている人は周囲から面倒な人と思われることも多いです。ですが、その自由な生き方はストレスを受けにくく、現代社会に適した生き方でもあります。なので、ストレスを避けるために、あえて適当な生き方をしている人もいます。

適当に生きる人の特徴7つ

後先のことを考えずに適当に生きる人がいます。このような人と一緒に行動をすると、その人の言動に振り回されてしまうことがあります。

このとき、振り回される方は迷惑に感じたり、ストレスを感じたりなどすることがありますが、適当に生きるようにしている方の人は自分の自由にしているため、何も感じていないことが多いです。

そのため、適当に生きるようにしている人は周囲から面倒な人と思われることも多いです。ですが、その自由な生き方はストレスを受けにくく、現代社会に適した生き方でもあります。なので、中には、あえて適当に生きるようにしているようにしている人もいます。

特徴1.相手に左右されない

適当に生きる人は周囲からの印象を気にしません。そのため、誰が相手であっても、接する態度を変えたり、相手の立場などによって意見が流されたりすることがありません。

そのため、適当に生きているように見える人でも、実は芯がしっかりしていて、自分の意見を誰にでも臆せず言うことができたりします。

いつでも自分の言いたいことを言えるため、適当に生きる人はいざというときに頼りになったり、立場が上の人にも意見が言えるため、後輩などから信頼されることが多いです。

特徴2.気分で物事を決める

人と一緒に行動をしていると、周囲の人の意見や行動に合わせることが必要な場面も出てきます。しかし、他人に意見や行動を合わせるときに、自分にとって嫌なことをしなければいけないようなことになってしまうこともあります。

このような場合、多くの人が周囲の人との関係に波風を立てないように、我慢をします。しかし、適当に生きる人は周囲からの印象を気にしないため、自分が嫌なことは嫌とハッキリ言うことができます。

また、嫌なことや好きなことは気分によって変わることもあります。適当に生きる人はその気分にも従うため、前回は喜んでやったことも、今回は断るということもあります。

特徴3.半分の力で効率よく働いている

適当に生きる人は周囲からの印象を気にしません。そのため、仕事などでも無理に良い結果を出そうとはしません。適当に生きる人は良い結果を出すよりも、常にそれなりの結果を出し続けることを求めます。

それなりの結果を出していれば誰からも文句を言われることがなく、良い結果を出しすぎないことで、大きくて面倒な仕事が回ってこないようにしています。

しかし、これは半分ほどの力で効率良く仕事をこなしているということでもあります。なので、実は適当に生きる人の中には、高い能力を持った人が多くいます。

特徴4.適当に生きる人ほど芯がぶれない

先に述べたとおり、適当に生きる人は周囲からの印象を気にしなかったり、他人に左右されない性格をしているため、自分の芯がぶれることがありません。

ただし、気分で行動や意見が変わることがあるため、言動に一貫性がないように勘違いされてしまうことは多いです。しかし、適当に生きる人は言葉や行動などのような表面的な部分はふらふらとしていますが、その芯は動くことはありません。

特徴5.好きなことは100%で打ち込む

上記で述べたとおり、適当に生きる人は芯がぶれることがありません。そのため、1度好きになったことに対しても、その芯がいつまでもぶれません。なので、適当に生きる人には趣味や恋愛などが長く続くということ特徴があります。

また、芯がぶれることなく、長くそのことに打ち込むため、趣味であればかなり高いレベルにまで至るということも珍しくありません。

特徴6.リスクをチャンスだと思って行動する

適当に生きる人は周囲からの印象を気にしません。そのため、仕事でもそれなりの結果を出し続けることを望むことが多いです。

しかし、誰もが嫌がるようなリスクのあることに対しては、喜んで手を出してしまうことがあります。リスクがあるということは、失敗などをしてしまうと周囲の評価を落としてしまう可能性があります。

ですが、適当に生きる人は印象を気にしないため、失敗を恐ることがありません。むしろ、リスクを背負って、成功した場合には周囲からの評価が高まります。

なので、成功したときの喜びを味わいたいという気分に乗れば、誰もが嫌がることでも自ら進んで行ってくれることもあります。

特徴7.思考がシンプル

先に述べたとおり、適当に生きる人は気分で言動が変わったりします。そのため、言動に一貫性が内容に思われることも多いです。

しかし、適当に生きる人は気分で言動が変わるため、その気分を読むことができれば、その言動を簡単に予測することができます。

また、適当に生きる人は言動に一貫性がなくても、芯はぶれないため、その人の性格を良く知っている人であれば、思考を読むことも簡単となります。

適当に生きる方法10つ

適当に生きる人は自分の意見をいつでも主張できたり、自分の嫌なことはハッキリと断ることができたり、日常生活でストレスを感じにくい生き方をしています。そのため、現代社会に適した生き方でもあります。

しかし、適当に生きるには、いくつか意識すべき点があり、それらは日常生活で実行することが意外と難しいこともあります。

適当に生きる方法1.適当は悪いことではない

適当に生きることと、半端なことをすることは似ているようで違います。適当に生きる人は、物事の最低限のノルマは確実にこなしています。なので、仕事を半端な仕上げにしたり、途中で諦めたりすることはありません。

むしろ、スタンダードに結果を出し続けるため、どちらかというと能力は高い方になります。また、自分の意見が家たり、人によって態度を変えたりすることなどもありません。

なので、ストレスなどを避けるために、適当な生き方をしたいのであれば、まずは適当な生き方は能力が高い人がすることであることと、適当であることは必ずしも悪いことではないということを把握しておくようにしましょう。

適当に生きる方法2.100点を取ろうと思っていない

先に述べたとおり、適当に生きる人は常に良い結果を出そうとせずに、それなりの結果を出し続けることを重視します。

常に良い結果を出そうと努力することが良いことのように思われていますが、常に良い結果を出し続けるためには、自分の許容量を超えた努力をし続けないといけない場合があります。

また、努力をすれば常に良い結果が出るとも限りません。そのため、体力と精神力の両方を削られてしまうことになります。なので、常に100点を目指すのではなく、常に70点を出し続けることを意識するようにしましょう。

適当に生きる方法3.時間内に終わらせる習慣をつける

適当に生きている人は、必要以上の努力をしません。これはサボっているわけではなく、最低限必要な努力のラインを見極めることができるということです。

そのため、すぐにやるべきことと、後回しで良いことの線引きが的確で、効率良く作業を進めることができます。このラインの見極めをいきなり身につけることは難しいです。なので、まずは仕事や作業を時間内で切り上げる習慣をつけましょう。

必ず時間内に終わらせないといけないという意識を持つことで、何を後回しにしても良いか判断できるようになり、時間が超えてもやっておいた方が良いと思って無駄に作業時間を延ばしてしまうことを防げるようにもなります。

適当に生きる方法4.優先順位をつける

適当に生きている人は効率良く仕事や作業を進めることができます。それは何をすぐにやるべきで、何を後回しにしても問題にならないかを正確に判断することができます。これは物事に対して優先順位が正しくつけられているということです。

優先順位が正しくつけられるようになると、余分な作業をすることが減ります。なので、普段から仕事をしながら優先順位をつけることを癖にしておくと良いでしょう。

適当に生きる方法5.短気のゴールを決めとく

仕事などをしていると、ついついこれもあれも先にやっておいた方が良いと思って、自ら作業量を増やしてしまうことは良くあります。

これは自分の設定しているゴールが長期的なものにしてしまっていることが原因の場合があります。1ヶ月や2ヶ月、また数日であっても、ある程度の期間を設けてゴールを設定すると、どのくらいのペースで作業を進めれば良いのかが見えにくくなってしまうことがあります。

そのため、今日のうちに最低限しなければいけないことを把握して、短期のゴールを設定すれば、そのゴールを達成した時点で余計なことをしなくて済むようになります。

適当に生きる方法6.予定を詰め過ぎない

効率良く作業をするためには、必要以上に作業をしないことが大切です。そのためには、物事の優先順位を正しくつけられるようになる必要があります。

優先順位が正しくつけられるようになると、余分な予定を詰めなくなるため、結果的に作業効率を上げることにもつながります。

適当に生きる方法7.言い聞かせる

今まで適当な生き方をしてこなかった人が、適当な生き方に切り替えようといしても、周囲の印象が気になってしまうということが多いです。

そのため、周囲の印象を気にして、余分な仕事をしてしまったり、他人を手伝いすぎてしまったりなどします。

適当な生き方になるためには、まず周囲からの印象と戦うことになるので、自分の行動が正しいと自分に言い聞かせて芯がぶれないようにする必要があります。

適当に生きる方法8.今あることに満足する

新しいことや新しいものを手に入れようとすると、それを手に入れるために必要最低限以上の努力が必要となります。そのため、新しいことや新しいものを求めることは適当な生き方には適していません。

なので、まずは今持っているものに満足するようにしましょう。多くのことを望まないことで、余分な努力をすることを避けられます。

適当に生きる方法9.基準を決める

適当な生き方をしている人は必要最低限の努力しかしません。しかし、常に必要最低限の努力しかしなければ、成長がないため、いつかそれなりの結果すら出せなくなってしまいます。

なので、適度に成長のための努力が必要となります。その成長の努力をするためには、いつ、どのようなことが必要となったときに行うという基準を持っておく必要があります。基準を明確にしておくことで、必要最低限以上の努力をする頻度と効率を上げることができます。

適当に生きる方法10.結果より今を生きる

常に全力で努力していることが良いことと思われることは多いです。しかし、常に全力で努力を続けることは体力的にも精神的にも大きな負担となります。

そのため、これから先に出す大きな結果よりも、目先で出すべき結果で失敗だけしないことを意識しましょう。目の前のことだけに取り組むことで、余計なことを考えずに済み
シンプルな思考と行動ができるようになります。

適当に生きることは身を守ること

日常生活ではストレスと戦う場面が非常に多いです。そのストレスのすべてと向き合っていては体が壊れてしまいます。なので、ストレスは避けることも重要です。そのストレスを避ける生き方の1つとして、適当に生きる方法があります。

自分の身をストレスから守るためにも、適当な生き方をしてみることも検討してみましょう。

Latests