Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月01日

理解力がない人にしっかり理解してもらう10個の方法

理解力がない人と接していると、こちらが意図していなかったような内容で物事が伝わっていることがあります。こちらの意図を理解できないと、仕事などではミスに繋がってしまう危険性もあるため、正しい対処の仕方を把握しておく必要があります。

理解力がない人とは

学校や職場などで、周囲を見渡すと1人くらいは理解力がない人がいます。理解力がない人と接していると、こちらが意図していなかったような内容で物事が伝わっていることがあります。

そのため、理解力がない人が思わぬ行動を取ってしまい、周りの人を驚かせたり、困惑させてしまったりすることなどがあります。

理解力がない人と接するときには、その特徴を把握して、こちらの意図を理解してもらう工夫が必要となります。

理解力がない人の3つの特徴

理解力がない人に物事を伝えようとしても、こちらが意図しない内容で伝わっていることがあります。話しをしているときには、理解しているような素振りをすることもあります。

理解力がない人と接する際には、相手が理解力がない人であると事前に把握しておかないと、こちらの意図が伝わらないということもあります。そのため、理解力がない人の特徴を把握して、相手が理解力がない人かどうかを見極める必要があります。

1.せっかち

せっかちな人は人の話しを最後まで聞こうとしないことがあります。これは話しの一部分を聞くことで話しの全体がわかることもあるためです。

しかし、その一部分に重要な内容が含まれていないこともあります。せっかちな人は一部分だけの情報から内容を理解したと勘違いして、重要な情報を逃してしまい、相手の意図を正しく読み取れないことがあります。

2.先入観が強い

先入観が強いと、物事の考え方に偏りができてしまいます。物事の考え方に偏りがあると、導き出す答えにも偏りができてしまいます。

また、先入観が強いことで、先に正しいと思い込んでいる答えに向かって物事を考えるようになってしまうことがあります。間違った答えに向かって思考が働いているため、相手から受けた説明などがあまり意味のないものとなってしまうこともあります。

3.好奇心がない

一部分の説明を受けるだけで全体の内容が把握できることもあります。これは不足している情報を自分で補うことができるためです。自分で不足している情報を補うためには、普段から蓄えている知識や経験が材料となります。

しかし、好奇心がない人は自ら知識や経験を得ることをしないため、不足している情報を補うための材料が少ない状態になります。少ない情報で無理に補おうとすると、間違った答えを出してしまいます。

理解力がない人にしっかり理解してもらう10個の方法

理解力がない人はこちらが意図しない内容で物事が伝わってしまい、思わぬ行動を取ってしまうことがあります。

もし、仕事でうまくこちらの意図が伝わらない場合には、ミスに繋がってしまう危険性があります。そのため、理解力がない人に物事を伝える際には、相手が理解力がない人であることを把握して、相手に理解してもらうための工夫をしながら物事を伝える必要があります。

1.メモを取ってもらう

理解力がない人はいろいろな情報が頭に入ると、それぞれの情報が混ざってしまい、整理できなくなってしまうことがあります。情報が整理できていないため、正しい行動が取れなくなってしまいます。

なので、頭の中をの情報を整理するために、理解力がない人には必ずメモを取ってもらうようにしましょう。情報を箇条書きなどでシンプルにまとめることで、いろいろな情報が混ざってしまうことを防ぐことができます。

2.具体的に伝える

物事はすべて伝えなくても、一部分を伝えることで、不足している情報は伝えられた側の知識や経験などによって補うことができます。

しかし、理解力がない人は自分で不足している情報を正しく補うことができません。そのため、間違った情報を不足分として補ってしまうので、たどり着く結果が全く違ったものになってしまいます。

なので、理解力がない人が自分で不足情報を補わなくても良いように、具体的に伝えるようにしましょう。

3.復唱してもらう

上記で述べた通り、理解力がない人は不足情報を自分で正しく補うことができないため、間違った情報を補ってしまいます。

なので、理解力がない人に何かを伝えた場合には、どのようなことが伝えられて、その伝えられたことから自分が何をするべきかを復唱してもらって、こちらが意図した内容で伝わっているかを確認しましょう。

もし、間違った答えが出てきた場合は、再度内容を伝え直して、もう一度復唱してもらいましょう。

4.内容を可視化する

理解力がない人はいろいろな情報が頭に入ると、それぞれの情報が混ざってしまい、正しい行動ができなくなってしまいます。

そのため、頭の中で考えるだけでなく、メモを取ることで、自分がするべきことを目で確認できる状態にすることができます。目で確認できるようにすることで、情報が正しく整理しやすくなります。

また、作業などを頼む際には、実際に少し作業の工程を見てもらうなどして、目で確認してもらうと良いでしょう。

5.箇条書きをしてもらう

先に述べた通り、理解力がない人にメモを取ってもらう場合には箇条書きにしてもらうことが有効です。理解力がない人が意図しない行動をしてしまうのは、情報を正しく整理できていないためです。

なので、理解力がない人に物事を伝える際には、できるだけ余計な情報を与えずに、シンプルに伝える方が良いでしょう。また、伝えられたことを箇条書きにすることで、情報をさらにシンプルにして、可視化することが効果的です。

6.理解力がない人に声掛けをする

理解力がない人はこちらが意図しない行動を取ってしまうことがあります。なので、作業などを頼んだ際には、その途中で声を掛けて状況を確認するようにしましょう。途中で内容を確認することで、もし間違ったことをしていた場合には軌道修正をすることができます。

すべての作業が終わってからこちらが意図しないことをしてしまっていた場合には、修正が難しくなってしまうこともあるため、途中の確認は重要となります。

7.少しずつ確実に覚えさせる

理解力がない人はいろいろな情報が頭に入ってしまうと、それぞれの情報が混ざってしまい正しい情報が出せなくなってしまいます。

なので、理解力がない人に説明をしたり、仕事を覚えてもらったりなどする場合には、多くの情報を一気に与えずに、少しずつ情報を与えて、確実に理解してもらうようにしましょう。

8.読書をさせる

理解力は子供のうちに身に付けてしまわないと、大人になってからではなかなか身に付かない人もいます。

なので、大人になってから困らないように、子供には絵本を読んであげたり、読書をさせるようにしましょう。文字から登場人物の感情や考えを読み取ったり、作者の意図を読み取ったりなどすることで、理解力を高めることができます。

9.目標を持たせる

理解力がない人の中には、単に目標がなく、やる気がないという場合もあります。やる気がないため、人の話しをしっかりと聞かなかったり、適当に行動をしてしまうことなどがあります。

このような人は理解力がないと思われているだけなので、目標を持たせるなどして、モチベーションを上げてあげることで、しっかりとした行動が取れるようになることがあります。

10.褒める

理解力がない人は相手の意図を理解できないため、仕事などでよくミスをしてしまいます。このとき、怒られてばかりいると、やる気をなくしてしまい、さらに人の話しを聞かなくなってしまったり、適当な行動をするようになってしまう危険性があります。

なので、まずはモチベーションを下げないためにも、理解力がない人には声かけをして、その際にできるだけ褒めるようにしましょう。

理解力がない人に合わせよう

理解力がない人はこちらの意図しないことをしてしまうことがあります。これは相手の意図を理解するための情報がうまく整理できていなかったり、不足している情報を補うことができないためです。

情報の扱い方はすぐにできるようになるものではありません。なので、トラブルを避けるためにも、理解力がない人に合わせた対処をするようにしましょう。

Latests