Search

検索したいワードを入力してください

縦書き/横書きでの追伸の書き方・メールやビジネスでの書き方

更新日:2020年08月20日

追伸は手紙の本文に添える内容として最後に書かれるものということは知っている人も多いとされますが、書く内容によっては追伸を使用してはいけない場合もあります。また、目上の人宛やビジネスシーンではあまり用いません。追伸の書き方について説明しました。

手紙を出す時の追伸の書き方!縦書き編

国語で作成する作文のように書いていく縦書きを手紙で用いる場合、文はいくつかの属性に分けられます。手紙における縦書きには「前文」「主文」「末文」「後付け」「副文」といった属性があり、各属性に内容の種類が分類されています。

前文

前文には「頭語」「時候の挨拶」「安否を尋ねる挨拶」「自分の方の安否や現況を知らせる挨拶」「感謝やお礼の挨拶またはお詫びの挨拶」があり、書き方としては、頭語から感謝などの挨拶までの順番で手紙には書いていきます。

前文:頭語

頭語とは、手紙の一番初めにくる挨拶のことです。拝啓と敬具のように文末の締めとなる言葉(結語)とセットで用います。

前文:時候の挨拶

時候の挨拶は、頭語の次にくる部分です。季節や天候に応じた心情など、季節感を表すための言葉を書きます。書き方は、頭語から1文字空けた部分から書きます。

前文:安否を尋ねる挨拶

安否を尋ねる挨拶は、時候の挨拶の次に書きます。何の安否を尋ねるのかと言うと、相手の健康についての安否です。手紙を送る相手の健康の安否、または健康への気遣いの言葉を記します。

前文:自分の方の安否や現況を知らせる挨拶

自分の方の安否や現況を知らせる挨拶は、安否を尋ねる挨拶の後にくる部分です。1つ前では相手側の安否を尋ねましたが、この部分では自分側の健康や現状についての様子を伝えます。

前文:感謝やお礼の挨拶またはお詫びの挨拶

感謝やお礼の挨拶またはお詫びの挨拶は、自分の方の安否や現況を知らせる挨拶の次に書きます。手紙の相手にお世話になっている時には感謝の言葉、久しぶりの手紙であればご無沙汰に対するお詫びなどを記します。

主文(起語・本文)

主文には、起語と本文があります。起語は、主文を始まりを告げる冒頭となる部分で、本文に入る前のつなぎとして用います。本文は言葉どおりの内容で、書き方は簡潔にすることが基本です。手紙の中で最も主となる部分ですが、目的(伝えたいこと)を簡潔そして明確に示します。伝えたいことを記す大事な部分なので、誤字・脱字・言葉遣い・改行位置に気を付けます。

末文(結びの挨拶・結語)

末文には、結びの挨拶と結語があります。結びの挨拶は、手紙を送った要件をまとめる部分です。書き方としては、今後の繁栄や健康への祈りや願いを示す言葉を時候を含めて書きます。結語の書き方は頭語で触れましたが、手紙の一番始めにくる頭語とセットで使います。拝啓と敬具で言えば、敬具が結語になります。

後付け(日付・署名・宛名)

後付けには、日付・署名・宛名があります。日付はそのままの内容で、手紙を作成した年月日を記します。縦書きで手紙を書く時の書き方ルールとしては、漢数字(数字を漢字で書く)を用います。

署名では差出人(手紙を書いた人)の名前を書き、宛名では手紙を受け取る側の名前を書きます。宛名の書き方は、フルネームで必ず敬称を付けます。連名(宛名が1人ではなく複数人)の場合の書き方は、1人1人に敬称を付けます。

宛名の書き方にはルールがあり、文字の大きさは本文よりも大きめで書きます。今となってはあまり使われる機会がありませんが、宛名の左下に敬称を添える書き方をすると、手紙の相手に一層の敬意を示すことができます。

副文(追加文)

副文には、追加文があります。追加文は追伸のことで、追伸の他に二伸と記すこともあります。追伸は、親しい人への手紙でのみ用いることができるため、目上の人に対しては追伸を加えません。また、追伸には重なる(繰り返す)といったイメージがされるため、繰り返さない方が良いとされる結婚・お見舞い・弔辞の手紙には追伸は不適切となります。

手紙を出す時の追伸の書き方!横書き編

横書きの書き方は、ノートのように文字を記していきます。縦書きよりも畏まった書き方ではなく、親しい人への手紙に向く書き方です。文構成としては縦書きと同様に属性があり、前文・主文・後付け・副文と分けられています。

前文(頭語・時候の挨拶・安否を尋ねる挨拶)

初回公開日:2017年10月24日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests