Search

検索したいワードを入力してください

【ケース別】ビジネスメールの結びと締めの言葉・季節ごとの文例

更新日:2020年08月20日

ビジネスメールを書いていて、「締め」の言葉に悩んだことはありませんか?メールにも、手紙の「結び」にあたる定型表現がいくつかあります。この記事では、ビジネスメールにおける締めの文例と使用上の注意点をケース別にご紹介します。

【ケース別】ビジネスメールの「締め」の言葉

「締め」の言葉の役割・重要性

「締め」とは、メールの結びの挨拶のことです。締めの言葉があることで文章の終わりが明確になり、メール全体が引き締まります。逆に締めの言葉がないと、そっけない印象のメールになってしまう恐れがあります。相手や状況に合わせた上手な締めくくりは、相手に好印象を与えるだけでなく、あなたの望む次のアクションへと導く効果も期待できます。

まずは基本の「締め」をマスターしましょう

<相手に依頼する場合>

依頼のメールで最も一般的に使われる締めの言葉が「よろしくお願いします。」ですが、「よろしくお願いいたします。」「よろしくお願い申し上げます。」などいくつかのバリエーションがあります。

「お願いいたします」が、謙譲語の「致す(する)」+丁寧語の「ます」で構成されるのに対して、「お願い申し上げます」は謙譲語の「申す(言う)」+補助動詞の「上げる」+丁寧語の「ます」で構成されており、さらにへりくだった表現と考えられています。相手との親密度に応じて以下のように使い分けるのが良いでしょう。


※丸かっこ( )内の使用対象の例は、社風や相手との距離感にもよるので、あくまでも参考としてご覧ください。

・よろしくお願いします。(社内/同僚など)
・よろしくお願いいたします。(社外/パートナー・外注先など)
・よろしくお願い申し上げます。(社外/顧客)

文頭に「どうぞ」や「何卒」などをつければ、よりフォーマルな印象になります。締めの言葉の丁寧さの度合いは、前文の挨拶のトーンと合わせるようにします。

・お疲れ様です。→よろしくお願いします。(社内/同僚など)

・いつもお世話になっています。→よろしくお願いいたします。(社外/パートナー・外注先など)

・平素は大変お世話になっております。→何卒よろしくお願い申し上げます。(社外/顧客)

具体的な依頼内容を添えたいときは「〜してくださいますよう」「〜のほど」といった締めの言葉を使います。

・ご確認のほど、よろしくお願いいたします。
・ご理解くださいますよう、何卒お願い申し上げます。

<相手の返信を求める場合>

・それでは、お返事をお待ちしております。
・ご回答いただければ幸いです。
・ご検討のうえご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

<後日こちらからメールする場合>

・それでは、またご連絡いたします。
・決定し次第、ご連絡させていただきます。
・至急確認してご連絡いたしますので、今しばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします。

この基本の締めの言葉を覚えれば、さまざまな用途に応用できます。とはいえ、いつも「よろしくお願いします。」のワンパターンでは物足りなく感じることもあるでしょう。以下では、ケース別に適切な締めの言葉をいくつかご紹介します。

挨拶メールで好印象を与える締めは?

はじめてメールを送る相手に好印象を与えるには、単なる儀礼的な挨拶で締めるのではなく、あなたの積極的な姿勢を表現することが重要です。

<入社・異動の挨拶>

新入社員の挨拶や新しい配属先での挨拶では、自分の決意を述べるとともに、上司や先輩方の指導を請う締めの言葉がよく使われます。

・これから一所懸命精進してまいりますので、どうぞご指導のほど、よろしくお願いいたします。

・不慣れゆえ何かとご面倒をおかけするかと存じますが、何卒ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

<着任の挨拶>

顧客へ新任の挨拶メールを書く場合は、先方が担当替えによる不安を抱くことのないよう、しっかりと引継いでいくことをアピールし、前任者同様のお付き合いをお願いする言葉で締めくくりましょう。

・至らないこともあるかと存じますが、一日も早くお役に立てるよう努めてまいります。
・心機一転、ますます仕事に邁進してまいる所存です。
・前任の⚫⚫(前任者の名前)同様、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
・今後とも、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
・これからも変わらぬご高誼を賜りますようお願い申し上げます。

<新規顧客への挨拶>

新規顧客へ初めて送るメールの締めくくりとしては、少し堅すぎるくらいの表現のほうが良いでしょう。会社を代表する立場として、まずは信頼していただくことを最優先に、折り目正しい締めの言葉を心がけます。

・社員一同、お客様のご期待にお応えすべく最善を尽くしていく所存ですので、末永いおつき合いをよろしくお願い申し上げます。

・今後とも、末永いお付き合いを賜りますようお願い申し上げます。

・これを機に、末永いお取引をいただきますよう、謹んでお願い申し上げます。

相手側の健康・繁栄などを祈る締めの言葉を添えれば、好印象を残すことができます。本文の趣旨とずれるようであれば「末筆ながら」「最後に」などを加えて、本題と締めの言葉の間で一呼吸おくと良いでしょう。

・貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。
・末筆ながら、●●様の今後一層のご活躍をお祈りいたしております。
・最後に、皆さまのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

以下のように、相手に具体的なアクションを求める締めの言葉を添えることも効果的です。特に初めてメールを送る場合は、気軽にコンタクトを取っていただけるような気遣いの一言があると、相手も安心して返信することができます。

・ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。
・まずは資料のご請求だけでもご遠慮なくお申しつけください。
・少しでもご興味をお持ちいただけましたら、ご連絡いただければ幸いです。

また、失礼でなければ、相手の都合を伺ってアポイントを取るために、以下のような締めの言葉を使ってみましょう。

・よろしければ、お伺いしてご挨拶させていただければとおもっております。
・ご都合のよろしい日をお知らせいただければ幸いです。
・ぜひ一度、お目にかかってご挨拶させていただきたく存じますが、ご都合いかがでしょうか。

直に会って挨拶をするのが難しい場合は、以下のような断りを締めの言葉に入れるとスマートです。

・略儀ではございますが、メールにてご挨拶とさせていただきます。
・本来であればお目にかかってご挨拶すべきところ、取り急ぎメールでのご挨拶にて失礼いたします。
・改めてお目にかかりご挨拶申し上げますが、まずはメールにてご挨拶申し上げます。
・まずは略儀ながら御礼かたがたご挨拶申し上げます。

クレーム対応メールで適切な締めは?

初回公開日:2017年10月30日

記載されている内容は2017年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests