Search

検索したいワードを入力してください

【シーン別】ビジネスメールでのお礼の例文|返信/社内/件名

更新日:2020年08月20日

メールをビジネスに使う場合、普段使いのメールと違い、気をつけなければいけないことが多く、考えながら作成しなければなりません。特にお礼のメールは相手に好印象を持ってもらわないといけません。ここではビジネスにおけるメールからお礼のメールについて考えてみます。

ビジネスメールでのお礼の返信の例文

ビジネスメールを使用していると、お礼のメールを送る時があります。その際に不適切な内容で送ると、失礼にあたるだけではなく、仕事の取引ができなくなる場合があります。ここではビジネスメールでのお礼メールについて考えてみます。

件名

ビジネスでのお礼をメールでする場合がありますが、その場合の件名は、相手が見ただけで内容がわかるようにします。件名も立派なビジネスシーンのひとつですので、内容も注意が必要です。

例をあげると次のとおりです。
1,「○○に対してのお礼を申し上げます」
2,「先般の○○、ありがとうございました」
3,「○○へのお気づかいありがとうございました」
4,「○○へのご協力感謝いたします」

件名で内容がわかると、相手も「ああ、あのことか」と思い起こすことができます。普通のメールとは違い、ビジネスメールでのお礼は相手への感謝の気持ちが伝わらないといけませんので、内容だけではなく、件名にも気配りをして、次のビジネスシーンにつながっていかなければなりません。

結び

ビジネスメールの結びの言葉は、メールの文章を締めくくる大事な部分です。いくら件名や内容に良い文章を書いても、結びの言葉がきちんとしていなければ、そのメールは台なしになります。

例をあげると次のとおりです。
1,「今後ともよろしくお願いいたします」
2,「今後ともご指導をよろしくお願いいたします」
3,「今後とも当社をよろしくお願いいたします」
4,「今後とも一層のお引き立てをお願いいたします」

ビジネスメールにおいて、結びの言葉は感謝の言葉です。今後も取引などをおこなっていかなければなりませんので、相手方に感謝の言葉を述べることが大事です。お礼のメールは件名から結びの言葉までが、すべてビジネスでつながっていることを忘れないようにします。

社内・社外でのビジネスメールでのお礼の例文と違い

ビジネスでメールを送る場合社内と社外ではお礼に対する内容が違います。社内では同じ社員として上司や同僚とメールを交わしますが、社外は「お客様」としてのメールを交わさなければなりません。

社内と社外での違いは次のとおりです。
社内「この間はありがとうございました」⇒社外「先般はありがとうございました」
社内「色々とお世話になりました」⇒社外「色々とご足労をおかけしました」
社内「今後ともよろしくおねがいします」⇒社外「今後もご指導お願いいたします」

このように社内、社外のメールでは言葉の使い分けをして、メールを送らなければなりませんが、あまり敬語づくしの文章では、相手の方も気を使いますので、大事な部分を注意すれば好感の持てるメールになります。

シーン別ビジネスメールでのお礼の例文

ビジネスメールを使う際には、色々なシーンで使い分けることで、メールの内容が生きてきます。ここではシーン別のお礼メールについて考えてみます。

訪問後

ビジネスで相手の会社などに訪問した後などにお礼のメールを送る際には、どのような内容が好ましいのでしょうか。例として次のようなポイントがあります。

1,訪問についてのお礼⇒「本日はお忙しいなか、お伺いいたしましてありがとうございました」
2,訪問して時間を割いたお礼⇒「本日はお時間を割いていただき、ありがとうございました」
3,訪問を再度行うことについて⇒「またお伺いさせていただいますので、よろしくお願いいたします」

このように相手の立場を考えた内容のメールだと好感の持てるメールになります。ここで注意しなければならないのは、あくまでも「お礼」としてのメールであるということです。ビジネスメールは、とかく仰々しい内容になりがちですが、一言「お体に気を付けてお過ごしください」という言葉を付け加えるだけで、好感の持てる内容になります。

食事後

ビジネスで相手の会社の担当などと食事をしたことにお礼メールを送る場合は、どのような内容が好ましいのでしょうか。例として次のようなポイントがあります。

1,食事についてのお礼⇒「本日はお食事にお付き合いいただき、ありがとうございました」

2,食事をごちそうされた場合のお礼⇒「本日は食事をごちそうになり、ありがとうございました」

3,食事を再度おこなう場合⇒「また食事にお付き合いくださいますようお願いいたします」

このように食事をした場合には、相手に対しての対応に応じた内容でメールを送ると好感の持てるメールになります。食事はお互いの会話も弾んでくるので、ビジネスでも有効になります。お礼にこだわらずに、「また一緒に行きましょう」的な感じでも良いです。

資料送付

ビジネスでは資料送付をすることがあります。送られた時にはお礼のメールを送る時がありますが、どのような内容が好ましいのでしょうか。例として次のようなポイントがあります。

1,資料を送ってもらった場合⇒「このたびは○○の資料を送っていただき、誠にありがとうございました」

2,忙しい中資料を送ってもらった場合⇒「このたびはお忙しい中、○○の資料を送っていただき、誠にありがとうございました」

3,無理を言って資料を送ってもらった場合⇒「このたびは○○の資料を送っていただいた際、無理を言いまして申し訳ありませんでした」

このように資料を送ってもらった際には、相手の手を煩わさせた場合が多いので、その点を踏まえてメールの内容を考えなければなりません。

早い対応

ビジネスでは早い対応をしてもらう時があり、お礼のメールを送る時がありますが、どのような対応が好ましいのでしょうか。例として次のようなポイントがあります。

1,早い対応に対してのお礼の場合⇒「このたびは早い対応をしてくださり、誠にありがとうございました」

2,早い対応に対してのねぎらいの場合⇒「このたびはお忙しいところ、早い対応をしてくださり、誠にありがとうございました」

3,早い対応で会社が助かった場合⇒「このたびは早い対応をしてくださり、会社全体が助かりました。誠にありがとうございます」

このように早い対応をしてもらったお礼の言葉を相手に伝えるメールの内容を考えなければなりませんし、相手が時間を割いて早い対応をした事に対する労いの言葉も必要です。

打ち合わせ後

初回公開日:2017年12月27日

記載されている内容は2017年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests